« 30回福井大会(その3) | トップページ | 30回福井大会(その5) »

2010年11月30日 (火)

30回福井大会(その4)

 先日、このようなことを書きました。

----(ここから)----

 それにしても、高専ロボコン全国大会の放送日時が年を追って見にくいところに回されていきます。今年は12月はじめの夜11時からです。もうやりたくないのかな。

----(ここまで)----

 視聴率が取れないからであることを、NHK側がツイッターであっさり認めていました。

----(ここから)----

nhk_robocon お察しの通りです。大会が今年ぐらい盛り上がることがわかっていれば・・・ 来年度のために、今年の放送を盛り上げないと! RT @rokabocoin: 褒められているのでは? でも最初から早い時間に放送できなかったのはやっぱり視聴率取れないからですかね・・・・・・?

----(ここまで)----

 大会が盛り上がることがわかっていればって、ここ数年、現場でいくら盛り上がっても一切放送せず単なるスタジオトークにしてきたのではないか。

 それでは福井大会です。14時半前から準決勝です。この地区だけが、タレントのライブの方がペーパークイズより前でした。暑いので、スタッフが使っていたテントの下や福井放送の局舎のひさしのところで解いてもいいと言います。
 採点の間に抽選会です。ライオン製品やスタッフTシャツを出して、以上で終了と言ったところで鈴木アナが乱入します。久しぶりのラルフじゃんけんです。

 結果発表です。武生は10チームぐらい残っています。その中で、最前列にいるチームが決勝進出です。ここまでの予選はいずれも最後尾でしたが、変えてきました。
 ブーブーゲートです。1チーム目の女子も2チーム目の女子もブー。3チーム目の三国を「さんごく」と読みます。ここもブー。ずっとブーで、9チーム目の藤島がピンポン。
 ここから延々とブーが続きます。21チーム目の女子はブーですごく叫びます。33チーム目の福井高専がピンポン。またずっとブーで、47チーム目の藤島がピンポン。そして49チーム目まで終わったところで残り2チームです。後ろの福井高専は昨年代表だそうです。50チーム目がブーで、残った福井高専が決定しました。
 この後、企画に気づいていない。

|

« 30回福井大会(その3) | トップページ | 30回福井大会(その5) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50169386

この記事へのトラックバック一覧です: 30回福井大会(その4):

« 30回福井大会(その3) | トップページ | 30回福井大会(その5) »