« 30回富山大会(その7) | トップページ | 役に立つ本立たない本 »

2010年11月24日 (水)

30回福井大会(その1)

 「逃走中」に福澤朗が出るというようなうわさを耳にしていたのですが、逃走者のリストにはありません。まさか福澤諭吉の役で出演するとは。それにしても、福澤があの場所に行ったのは、12回高校生クイズ中部大会以来でしょうか。

 さて、8月5日は富山大会で6日は福井大会ですが、5日の夜は反対方向の直江津で泊まりました。「ロケみつ」を見るためです。ちなみに、南九州大会と北九州大会の間にも、わざわざロケみつを放送している大分に行って泊まりました。

 ここまで4日間の大会が13時スタートだったのに対し、福井だけが12時半からです。会場は福井放送の本社です。私は福井駅前で別の用事をしていたらバスに乗り遅れて、何とか福井放送まで歩いて行けそうな場所を通るバスを探して、12時40分ごろに着きました。
 響がもう出ています。「今日は暑いんで、どうもすいません」などとギャグをはさみます。この地区で表彰されるのは武生です。マニフェストは、光子のセーラー服をプレゼント、ライブで大爆笑をとる、そして「敗者復活戦を実行します」。

 鈴木アナが登場します。パワーと叫んだときにドライアイスが吹き上がって「毛が寒い寒い寒い寒い」。そして「本来なら新潟まで行ってもらっていたんですが、30回記念大会ということで福井での単独開催に成功しました」。確かに参加者が多い。60チームぐらいいるのではないでしょうか。おそらく新潟より多いでしょう。福井にはこれだけ潜在的な参加者がいたのに、北陸大会を毎年新潟市でやるというめちゃくちゃな企画のために、誰も出てくれなかったのです。
 この後、問題がややこしくて何度も説明。

|

« 30回富山大会(その7) | トップページ | 役に立つ本立たない本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50116780

この記事へのトラックバック一覧です: 30回福井大会(その1):

« 30回富山大会(その7) | トップページ | 役に立つ本立たない本 »