« 30回富山大会(その6) | トップページ | 30回福井大会(その1) »

2010年11月23日 (火)

30回富山大会(その7)

 プレッシャーSTUDY高校生大会のビデオを見ました。高校クイズ界を代表するラ・サールのメンバーが何度もクイズ大会に優勝しているというところで、またエコノミクス甲子園の写真が。エコ甲はコストをかけずに他メディアに露出しています。

 それでは富山大会です。決勝の25問目、ツイッターに書ける文字数で、スルーです。これがまだ知られていないのか。26問目、数学の問題で、高岡の昨年代表のいる男子チームが答えるのが遅くて不正解になります。
 27問目、天文です。高岡のここまで1回しか答えていないチームが不正解。28問目はスポーツで、昨年代表のいる混成チームが正解します。
 29問目、「ウラン、窒素、酸素の順」で、昨年全国の男子チームが押します。そして「1」と答えてブー。問題は「ゲームの名前は」でした。30問目、先ほど0ポイントに戻ったチームが正解します。これで高岡の1チームだけ4ポイントで、他はすべて1ポイントです。

 31問目、昨年代表のいる混成チームが勝負をかけて不正解。32問目は30問目を答えたチームが正解します。33問目の正解はBerryz工房です。また芸能が出ました。こんなに長引くということはできが悪いという判断か。昨年代表のいる混成チームがまた不正解でマイナス1ポイントになります。
 34問目、王手になってからずっと黙っていたチームがようやく正解して決定しました。
 昨年代表のいる2チームは全然だめで、「全国大会の期間の予定をガラガラにしていたので、どうしようかと思っている」。

 鈴木アナは急いでどこかに消えます。どうやら、後でローカルの生番組に出る予定があるようです。そして戻ってきて北日本放送のスポットを収録して、17時過ぎに終わります。

|

« 30回富山大会(その6) | トップページ | 30回福井大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50106466

この記事へのトラックバック一覧です: 30回富山大会(その7):

« 30回富山大会(その6) | トップページ | 30回福井大会(その1) »