« 第5回エコ甲関東大会(後編) | トップページ | 30回富山大会(その1) »

2010年11月16日 (火)

30回石川大会(その6)

 土曜日にフジテレビで「教えてMr.ニュース」の再放送をしていました。私はこの回を見逃したので、当時テレビ欄にあった、池上彰の新聞活用法公開というような記述が気になっていました。しかし見てみたら、毎日小学生新聞などの内容を紹介するだけでした。そして池上が書店でいかに本を選ぶかというのも、読書感想文の課題図書みたいなものばかり取り上げていて、池上の独自性は感じられませんでした。普通の人じゃないか。本をそれだけ大量に読めるというのは、単にそれ自体を職業にしているからだし。

 それでは石川大会です。決勝の13問目。世界地理で、金大附属の先ほど得点がゼ~ロ~に戻ったチームが正解します。14問目は日本文学で、金沢泉丘のまともな方が正解して王手になります。
 15問目、「英語ではブラウンベアー。あみがしらに」で、金沢泉丘の変なキャラがいる方が押します。しかしこの答えは英単語ではありません。すると「ヒグマ!」と大声で叫びます。鈴木「日本語は普通に言ってくれてもいいんですが」。このチームも王手です。

 16問目、「電子メールで複数の人に」で、ゼ~ロ~から1ポイントになった金大附属が押します。そして「CC」と答えて不正解。問題は「CCは何の略」でした。すると鈴木アナが、金沢泉丘のリーダーに「carbon copy」とわざわざ言わせます。
 17問目の正解は高瀬舟です。ヒグマが押します。そして「たっかせっぶね~」と叫んで決定しました。

 このメンバーについてチームメイトは「ちょっと周りから浮いている人気者」。そして当人は「キャラを押していこうと思っていた」。この人がボタンを押す手をわざわざアップで収録しています。16時半ごろ終わって、ここでは鈴木アナのサイン会があります。
 熊本の変なコスプレに続いて、すごいキャラの人物が全国大会進出です。しかし今の全国大会では一切取り上げてもらえないでしょう。

|

« 第5回エコ甲関東大会(後編) | トップページ | 30回富山大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/50041286

この記事へのトラックバック一覧です: 30回石川大会(その6):

« 第5回エコ甲関東大会(後編) | トップページ | 30回富山大会(その1) »