« 30回中国大会(その9) | トップページ | 30回中国大会(その11) »

2010年10月 2日 (土)

30回中国大会(その10)

 今さらですけど、今年の全国大会で決勝だけ鈴木アナが問題を読んだのは、10年目で今年が最後の司会だからでしょうか。私は、次はいろいろなことを総合的に考えて、藤田アナになると予想しています。

 それでは中国大会です。鳥取の決勝。米子東が4チームと八頭です。米子東は3チームが混成。1チーム目は鬼太郎の格好をしていて、男子が天津の向みたいです。そしてあと2チームはチームリーダーの名字が同じです。リーダーが姉妹同士なのです。姉妹で同じチームになるのではなく別々にリーダーになるのか。八頭はコンバットの格好をしています。

 1問目、漢字の問題です。答えを書く5人のうち3人が左利き。米子東の妹のみ不正解。2問目は「1リットルの立方体の一辺は何センチ」。全チーム正解ですが、立方体の絵を描いている鬼太郎チームに桝アナが「一反木綿ですか」。3問目、フランス語の問題です。米子東の姉のみ正解。これで姉のみ3ポイントです。

 4問目、漢字の問題で米子東の姉が押して答えられず。5問目、また立方体の問題で、姉が正解。6問目も姉が正解。7問目は八頭が不正解で、8問目の科学をまた姉が正解。
 9問目、日本地理で妹が正解。10問目を読む前に鬼太郎が押してしまいます。桝「妖怪なのでわかったのか」。言葉の問題で、妹がまた正解。
 11問目は文学でスルー。12問目がまた文学で、姉が王手になります。13問目は八頭が正解しますが14問目を姉が正解して決定します。このチームはどうやら2年連続代表らしい。

 この後、最下位から逆転。

|

« 30回中国大会(その9) | トップページ | 30回中国大会(その11) »

コメント

個人的には藤田アナは『知力・体力・時の運』の時の司会に向いていたような気がします。
今のスタイルなら東大OBの枡アナが選ばれる可能性のほうが高いような気がします。

投稿: どんき~ | 2010年10月 4日 (月) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/49630120

この記事へのトラックバック一覧です: 30回中国大会(その10):

« 30回中国大会(その9) | トップページ | 30回中国大会(その11) »