« 30回中部大会(その7) | トップページ | 30回中部大会(その9) »

2010年10月13日 (水)

30回中部大会(その8)

 J-CASTの横澤彪の連載ですが、なぜか文体がですます調に変わりました。それも1カ月くらいかけて少しずつ文体を変えている感じです。私のブログに影響されたわけでもあるまいに。しかし10月に入ってから1回も更新されていないので、9月で終了なのかもしれません。

 それでは中部大会です。岐阜の決勝の4問目、クイズ研の部長がチームリーダーで模試の全国1位が2人いるチームが正解。5問目の天文の問題もかなり早い段階で押して取ります。
 6問目は二十四節気を全部覚えたチームが不正解。7問目、外国文学の問題を深見チームが正解します。8問目は「木が3つで森」で深見チームが押して「とどろき」で不正解。正解は「ひしめく」です。9問目も深見チームが誤答。10問目の世界地理は深見チームが非常に早く押して正解。しかし11問目は深見チームが誤答。ここで鈴木アナが「深く見る。構成さんに怒られるよ」。
 12問目、また深見チームが押します。正解です。13問目、初めて口を開くチームが正解。14問目「本州で最も北にある岬は」で深見チームが潮岬を正解。15問目の正解は一ノ谷の戦いですが、正解したクイ研部長が解説にも書いてない説明をします。16問目も日本史の問題で、クイ研部長が非常に早く押して正解。
 17問目は深見が早く押しすぎて答えられません。18問目でさっき初めて答えたチームが不正解の後、19問目はまた日本史です。クイ研部長が聞いたことのない人名を答えて決定しました。なんか振り返ると、全国模試1位のチームを勝たせるために日本史ばかり出したようにも見えます。

 次は三重です。川越の3チームはいずれも混成で残りは三重と高田。川越のクイ研はクイズ研究所というらしい。中央のチームが髪の毛をQの形にしています。
 1問目、みんなの党の代表のフルネームです。三重だけ「渡辺直美」と書きます。2問目は1000に最も近い素数で、三重と川越の1チームが正解。ここでまた雨が降ってきました。3問目は漢字で全チーム正解です。
 この後、そんなチーム編成をするか。

|

« 30回中部大会(その7) | トップページ | 30回中部大会(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/49730641

この記事へのトラックバック一覧です: 30回中部大会(その8):

« 30回中部大会(その7) | トップページ | 30回中部大会(その9) »