« 30回山梨大会(その5) | トップページ | 30回長野大会(その1) »

2010年10月31日 (日)

30回山梨大会(その6)

 東京では「世界一受けたい授業」の番組対抗スペシャルを再放送して、開成が出ていましたが、本放送のときはあれだけあった、この後開成のイケメンが出るというあおりは全部カットされていました。

 それでは山梨大会です。決勝の6問目、言葉の問題で甲府西のマイナスのチームが正解します。鈴木「甲府西がポイントを、ゼ~ロ~、に戻しました」。笑いが起きます。
 7問目、俳句の問題で甲府南の昨年代表が正解。続いて8問目の唱歌の問題も取って、一気に王手になります。
 9問目、「スエズ運河はどこの国」。ゼロに戻した甲府西が解答権を取って答えを絶叫します。さらに次の漢字の問題も正解。
 11問目、「2+3×4の+と×を入れ替えると」で昨年代表が押します。これで決定、と思ったら「12」と誤答します。しかし12問目、伊坂幸太郎を正解して再び王手。
 13問目、言葉の問題を昨年代表が正解して決定しました。インタビューでは、甲府南の勝っていない方がしゃべりすぎです。
 16時半ごろ終了しました。この規模の大会だと13時に初めてこんなものか。鈴木アナがサイン会を始めました。そしてスタッフは滑走路の映像を撮っています。スタッフは5日間、トレーラーとともにキャラバンを組んで移動するらしいです。

|

« 30回山梨大会(その5) | トップページ | 30回長野大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/49895259

この記事へのトラックバック一覧です: 30回山梨大会(その6):

« 30回山梨大会(その5) | トップページ | 30回長野大会(その1) »