« 30回中国大会(その11) | トップページ | 30回中国大会(その13) »

2010年10月 4日 (月)

30回中国大会(その12)

 全国大会の放送日のときに書きましたが、週刊現代の「東大までの人 東大からの人」が今週また復活しましたね。内容としては、東大を出た人で何かで表彰された人を探してくるのと、東大に入っているだけで頭のおかしい人が就職できない実例を延々と書いているだけです。その中で、かなりの分量を使って、開成の人間はいかにダメかということを書いています。これって、どこかのテレビが、特定の偏った学力を異常にもてはやす番組をつくって、しかもその番組が開成のためにあるかのような内容だったことへの反感だろうか。ところで、先週は週刊現代で3ページにわたって取り上げられていた小島慶子は、今週は週刊プレイボーイで袋とじ水着グラビアです。

 それでは中国大会です。広島の決勝。広大附属福山が2チームいます。うち1チームは犬のかぶりものをしています。クイズ中ははずすそうです。広島学院は、最も参加チーム数の多い学校の枠で選ばれたわけですが、実はペーパークイズの成績が全チームでトップだったそうです。つまり特別枠はまったく意味がありませんでした。近大附属東広島は昨年の決勝で負けました。桝アナが「そのときはマツダスタジアムは完成していませんでした」と言いましたが間違いです。広大附属は昨年代表です。一昨年も決勝で負けています。

 1問目、英語の問題で全チーム正解。2問目、国旗の問題で全チーム正解。3問目はつるかめ算です。広大福山の犬と広島学院が正解です。
 4問目、「広島名物のカキはオイスター。では果物の」で東広島が押します。しかし答えるのがブーの後。5問目「プロ野球のチームで正式名称に東西南北がつくのはいくつ」。福山の犬でない方が押して不正解。6問目は犬でない方が正解します。7問目は東広島が不正解で0ポイントになります。
 8問目は犬の方が正解。9問目はやや難しい言葉の問題で東広島が答えます。10問目は犬でない方が正解して、4ポイントでトップです。

 ここまでまったく答えていない広大附属が、11問目が出る前にボタンを押してしまいます。12問目、「浄土宗の開祖は法然」で犬の方が押して親鸞を正解。13問目、「オバマ大統領が生まれたのは」で広島学院が押して「イリノイ州」で不正解。正解はハワイです。
 この後、肝心なところで邪魔が。

|

« 30回中国大会(その11) | トップページ | 30回中国大会(その13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/49645714

この記事へのトラックバック一覧です: 30回中国大会(その12):

« 30回中国大会(その11) | トップページ | 30回中国大会(その13) »