« 30回山梨大会(その2) | トップページ | 30回山梨大会(その4) »

2010年10月28日 (木)

30回山梨大会(その3)

 高校生クイズのDVDですけど、まだ手にしていません。発売日に秋葉原に寄る用事があるので、売っているところを探しましたが、秋葉原ってそういうものを売る場所ではなくなっているんですね。アニメとAVしかないではないか。
 ところで、アマゾンでこのDVDを見ると、これを買った人はこのようなものも買っていますとして、

 やはり高校生クイズは、開成に息子を入れたい親が見る番組なのか。

 それでは山梨大会です。三択の7問目、地名の語源で7チームぐらい抜けます。この時点で全問不正解は2チームです。まだ続行です。8問目、「走れメロス」の書き出しで、全チーム正解です。20チームぐらい抜けます。この時点で勝っていないのは十数チームです。ここで終了。

 鈴木アナが敗者を後方に向かって歩かせます。すると「ちょっと待てーい」。鈴木アナが高木に「ジョイマンですよね」。池谷に「ジョイマンじゃない方の人ですよね」。さらに「『美丘』を見て感動して泣いたんですって」。鈴木アナが「ジョイマンさんは感謝感激久米宏」。高木「それ、昨日のブログのタイトルじゃないですか」。
 敗者復活をやるための条件に失敗したら高木が胸毛をそると言います。そのゲームとは、レッグスルードリブルです。バスケットボールを、ボールをまたぎながらドリブルするというのを5秒続けられるごとに1チーム復活します。最大30秒です。当然、30秒できます。

 14時すぎから敗者復活戦です。1チームずつ抽選器を回して、金の玉が出たチームが勝ち抜けです。5チーム目ぐらいで最初の当たりが出ます。ちゃんと、当たったときの鐘も用意してあります。結構立て続けに当たりが出ます。
 この後、初めて舞台裏を見る。

|

« 30回山梨大会(その2) | トップページ | 30回山梨大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/49868872

この記事へのトラックバック一覧です: 30回山梨大会(その3):

« 30回山梨大会(その2) | トップページ | 30回山梨大会(その4) »