« 30回中国大会(その10) | トップページ | 30回中国大会(その12) »

2010年10月 3日 (日)

30回中国大会(その11)

 「オールスター感謝祭」でアシスタントの着ていた衣装は横浜ベイスターズのユニフォームを意識していましたが、この身売り話が出ているときに。

 それでは中国大会です。山口の決勝。ここは5チームとも学校が違います。1問目は漢字で、慶進と大津と宇部フロンティア大附属が正解。宇部と山口は同じ間違いをしています。2問目は略称で、慶進と宇部が正解。3問目「1から100まで足すといくつ」という、今さら超ベタな問題。全チーム正解です。

 4問目は生活の問題で山口が正解。5問目は世界地理で慶進が正解。ベタ問題が続きます。小学生ミラクルクイズで出そうな感じ。6問目も簡単な言葉の問題で山口が正解します。
 7問目、「徳川15代将軍で名前に家がつくのは」で慶進が押して不正解。ちなみに山口は答えられました。8問目は漢字でフロンティアが正解。9問目の正解は「フラッシュ暗算」。これは新しい切り口です。フロンティアが正解。
 10問目、日本地理で慶進が押してまた答えられません。11問目、植物の問題で山口が正解。12問目は「4500首が収められている」で大津が押して万葉集を正解します。13問目は「2006年のサッカーワールドカップ開催国は」で山口が正解。これで5ポイントです。
 14問目は大津が取って、15問目は慶進です。基本的な問題が続きます。16問目「主人公の名字は小川」だけで山口が三四郎を正解。そして17問目も取って、山口が決定しました。筆記の時点では最下位だったのに、早押しで逆転しました。
 この後、実は意味がなかった。

|

« 30回中国大会(その10) | トップページ | 30回中国大会(その12) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/49642250

この記事へのトラックバック一覧です: 30回中国大会(その11):

« 30回中国大会(その10) | トップページ | 30回中国大会(その12) »