« 30回四国岡山大会(その6) | トップページ | 夏休み横断ウルトラクイズ(その4) »

2010年9月10日 (金)

イケメンくん

 私が見に行った「みんなでニホンGO!」が放送されたので(近畿だけ橋下徹と平松邦夫の討論のため放送されず)書きますけど、イギリスでは秋田犬が警察犬として使われているそうです。ところが今年の高校生クイズでも出ていたように、日本では秋田犬は警察犬になれないというのはどういうことだ。
 前半のコーナー、1時間半ぐらいしゃべっていたのに放送では20分ほどです。VTR部分はそのままなので、スタジオトークがほとんどカットされていることになります。1コーナー使って数独の話など長々としていましたが、丸ごとなくなっていました。

 話は変わって、週刊新潮の車内広告を見ていたら、青木愛の不倫ではなく非常に小さい文字に目が吸い寄せられました。「高校生クイズ」と書いてあります。週刊新潮が高校生クイズ! 「『高校生クイズ』で人気沸騰『開成高校』のイケメンくん」という見出しです。
 早速読みました。「30回目を迎えた今大会、新たなスターが誕生した」とあります。テレビ画面を映した写真が載っています。ネットでも話題沸騰とあって、「昨年もベスト4だったので、9月の文化祭では、女子高生がクイズ研究部に殺到しました」(開成高校生)。
 番組は08年から「難問をメインに、専門知識や計算能力に収斂した」と書いてあって、準決勝と決勝の問題が並んでいますが、これらをこの人が全部解いたというのです。解いたのは他のメンバーかもしれないだろ。
 「男兄弟が1人とも、2人とも。父親は医師? 『いやいや、サラリーマンではないようですが……しっかりしたご家庭ですよ』とは、開成クイズ研究部顧問の教師」。つまり本人には取材していなくて家族構成もわからないということね。

 それにしても週刊新潮が高校生クイズを取り上げるなんていつ以来でしょう。オリラジの墜落のときはどうだったかわかりません。でも私は高校生クイズ関係で週刊新潮に載ったことがあります。3年前ではありません。関東大会が熱中症続出で中止になったとき、私に取材の電話がかかってきました。ちなみにその翌年、東大寺学園の東大合格者が激増したときも私に電話がかかってきました。取材の謝礼として和菓子が送られてきました。

|

« 30回四国岡山大会(その6) | トップページ | 夏休み横断ウルトラクイズ(その4) »

コメント

 開成田村君の興味深い記事読ませていただきました。
 私も全国大会決勝における田村君のコメントで未だに引っかかっている事がありまして、正解発行後、実況アナが、
「この問題は3人ともわかったのかな。」と質問したのに対し、
「多分わかったと思います。」
多分とはどういうこと?一人で勝手に書いたの?いやみんなで考えたんでしょう。何そのニホンGO?

投稿: ストーカーさんのストーカー | 2010年9月10日 (金) 06時51分

第30回高校生クイズ全国大会準々決勝早押し。より白熱したバトルにするため女リーダー対決を仕組んだり、それよりも何よりも状況に応じて問題を選んでませんでしたか?その理由として
①一問ごとにどう読んだなどいちいち解説が入る。
(解説は時間稼ぎでこの間に次の問題を選んでいると思われる。)
②ラルフが読まない。
(天の声を取り入れることで、追いかける展開になってしまったチームや、そろそろ勝負を決めてもらいたいチームの、より正解しそうな問題を選んでいると思われる。
ただし思惑がはずれる場合もある。オリオン座の問題を楽々答えていたのを受け、水星のクレーターの問題を出して勝負を決めさせようとしたところ、相手チームが答えてしまった。
天体問題がこんな短い間隔で出てくるのも不自然。)
③ラルフを読み手にした場合、順番通りに読まざるを得ないので、対戦が劇的にならなかったり、番組的に勝ち残ってほしい方の高校が敗れる危険性がある。
(「問題。」とラルフの顔が映るたびアンタ何してるの?とイラッときました。)
④片方あるいは両方が王手になった時、ラルフが「問題。」と言ってからの間が異様に長い。
(より慎重に問題を選んでいたと思われる。開成vs附設の最終問題は開成のメガネ君が得意そうな経済の問題が出た。)以上の理由からギリギリまで勝負を盛り上げつつ特定校を有利に導くヤラセスレスレの番組作りが見てとれました。
真相を知っている関係者の方で疑問を抱いている方は是非内部告発してほしいです。中からぶっ壊さないと。高校生が集まらなくなってからでは遅いです。
今年は開成の優勝ありきで作ったと言われても仕方ないでしょう。来年は司会者が目の前で問題を読んでほしいと思いました。

投稿: 早押し問題の順番はきちんと決まっているの? | 2010年9月10日 (金) 09時32分

 東大生正解率1%の問題、これって危険ですよねえ。
 この問題を訊かれた大学生の中には、全国大会出場の決まった後輩にこっそり教えてやろうという人がいるかもしれません。
過去に高校生クイズで悔しい思いをした人や、この悲願は後輩達に託しますなどと言う人ほど危ないと思います。
 逆に全国行きの決まった高校生の方から先輩に訊ねる場合も考えられます。
となると東大生をより多く輩出している高校ほど優勝の可能性も高くなるわけです。
 東大生に限らず大学生正解率○%という表現を前面に出すのは良くないと思います。どこにどんな繋がりがあるかわかりませんから。
 でも一番怖いのはこうなることを作り手が見越していた場合です。まさに東大生が次の東大生を呼び込む無限の循環図。だとしたら相当な確信犯ですよね、ゾッとします。
 追伸:先のコメントで、正解発表の所を正解発行と書いてしまいました。クイズだったらエラいことになります。
はらたいらみたいにカタカナで書いたら正解!

投稿: ストーカーさんのストーカー | 2010年9月10日 (金) 11時38分

田村君、今年の元東大寺メンバーみたいに、来年の「世界一受けたい授業」の特番に呼ばれるのだろうか。おそらくほぼ100%呼ばれるな。

投稿: | 2010年9月10日 (金) 17時41分

早押し問題の順番はきちんと決まっているの?さんは、素人のクイズ大会ばかり見ている方でしょうか?

ウルトラクイズ、高校生クイズ地方大会でも問題は1枚1枚カードに書かれていて、状況で問題を選んでいますし。ヘキサゴンは紳助さん、アタックでもスタッフが問題を選んでいますよ。

投稿: 匿名希望1 | 2010年9月11日 (土) 14時16分

匿名希望1さん、状況で問題が選ばれているかどうか、そんなもん実際に出たり見たりした人からでも聞かなければわかるわけないでしょう。それを素人のクイズ大会ばかり見ているとは失礼な!何だよ、その表現!
そんなことも知らないくせに偉そうに批評するなということでしょうか?でも逆に素人だからこそクイズ業界で当たり前になっていることでおかしく映ることだってあるんです。それが今回の早押し問題の順番のことです。
その司会者なりスタッフの判断は絶対的なものでしょうか?さじ加減を間違えてシーソーゲームどころかワンサイドゲームになったり、勝者が敗者になることだってあると思います。
(その点はラルフには任せられないから天の声にしたということはよくわかりました。)
私は何の干渉も入れずに、むしろ目の前でそのカードをシャッフルして、上から順番に出していくくらいした方が、公正で誰が見ても納得いくと思います。(これならラルフでもできます。)
ヘキサゴンとかはどうでもいいんですが高校生クイズは年に一度の真剣勝負ですから、「特定校(今年は開成)勝ってくれ」、というスタッフの邪念が感じ取れるうちはいくらでも抗議を続けます。

投稿: 匿名希望2 | 2010年9月13日 (月) 14時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/49403321

この記事へのトラックバック一覧です: イケメンくん:

« 30回四国岡山大会(その6) | トップページ | 夏休み横断ウルトラクイズ(その4) »