« 夏休み横断ウルトラクイズ(その2) | トップページ | 難しい問題 »

2010年9月 7日 (火)

夏休み横断ウルトラクイズ(その3)

 11回ウルトラの準決勝のルールについてコメントがありましたが、通過クイズを松尾氏がやるというのが実現できなかったのは時間がなかったからではなく、放送を見ると「『まずは』松尾さんと1対1の対戦」と言っています。おそらく、この対戦で挑戦者は誰も勝てなくて、改めて準決勝として3ポイント取ると松尾氏と対戦というルールでやるつもりが、予想外に3人が勝ってしまったのでこれで終わりになったということでしょう。

 それではウルトラクイズです。早くも1人目が決勝進出を決めました。しかしここからが長い。真ん中の太った人が3ポイントになりますが、ことごとく通過クイズで負けます。このあたり、長戸氏も空気を読みません。
 一方で、向かって左のもう一人は全然答えません。真ん中の人が誤答して解答権が自分にしかないときにかなり簡単な問題が出ても答えられず、会場がざわつきます。Answer×Answerで全国300位に入っている人がどうしてこんなにできが悪いのか。An×Anは本当はクイズができなくても回数を重ねるだけで上位になってしまうのか?
 真ん中の人が5回、通過問題で阻止された時点でようやく、左の人が3ポイントになりました。もちろん勝ち抜けられません。ツイッターのリツイートを長戸氏を含め誰も知らないとか、意外なところに知識の穴があります。解答者が答えられない問題は、観客に答えさせます。青木アナが、問題が足りなくなるのを本気で心配し始めました。というか、通過問題用に作った問題はすでになくなっています。7回目の挑戦でついに真ん中の人が勝ち抜けました。

 セットチェンジの最中に、青木アナと長戸氏のトークコーナーになります。つい1週間前にも街中で握手してくれと言われたそうで、ウルトラクイズ優勝の影響はまだ続いているそうです。もしウルトラクイズが復活したらまた出たいかという質問に対しては「前説をやりたい」。そしてウルトラハットボールペン&キーチェーンの宣伝になります。スタッフが「買うのは強制ではない」としつこく繰り返して、強制的に買わせようとします。黙っていても買う人しかこの会場には来ないと思うのですが。
 この後、予想外のイベントが。

|

« 夏休み横断ウルトラクイズ(その2) | トップページ | 難しい問題 »

コメント

「昨年、一昨年のベスト8チームのうち、まだ卒業していなくて今年の地区大会で負けたチームは2つだけ」
というのは間違いですよ。もう1チームあります。

投稿: | 2010年9月 7日 (火) 17時00分

AnAn枠を勝ち抜いた人たちは、AnAnの「イベント大会」という期間限定のモード(QMAでいうと「全国大会」モード)での対戦で勝ち抜いた人なのですが、そのルールが、やはり「積み重ねた者勝ち」といいますか、期間中にどれだけスコアを伸ばせるかというものなのです。
おまけに今回のイベント大会は、既存の8ジャンル(QMAだと7種類あるやつ)に加えて、スペシャルジャンルとしてウルトラクイズの過去問も出題されました(早押し問題と3択問題)。
ウルトラクイズで出され、且つ今回配信された問題はAnAnの既存問題よりも遥かに少ないので、回収というワザが普段以上に物を言うわけです。

投稿: | 2010年9月 7日 (火) 17時54分

後、多くの人に見られて、緊張した、というのもあるでしょう。大前さん、あなたがあの場所にいてはたして勝つことができましたかな?

気楽に野次馬するのと、実際にするのとは大違いだと思うんですが?

それとあなたはAnswer×Answerをあまり知らないようですが、、、全国で300位にはいるのって簡単じゃないですよ。

投稿: | 2010年9月12日 (日) 15時00分

さらに言うならば、「耳で問題を聞き答えるクイズ」と、「画面で文字を見て答えるクイズ」(Answer×Answer)ではだいぶ違います。

それを証明するいい例が「ヘキサゴンⅡ」。苦戦する一般参加高校生に対し司会者はこんな事を言ってました。

「テレビで見るのと違って難しいやろ?テレビは字幕出てるからな。スタジオは声だけやし」

AnAnの人は恐らくそれと似た理由で、いつもと勝手が違い、とまどったのではないかと推測します。

だから「An×Anは本当はクイズができなくても回数を重ねるだけで上位になってしまうのか?」なんてのは少し言葉が過ぎるのでは?と思います。


だから長戸氏にはAnAnでも対戦してほしかったですね。こっちでは意外とぼろ負けしたりして。

なんせ以前、ありえへん世界、という番組で当時AnAn全国一位の人と道蔦さん(ご存知ですよね?)がAnAnで対戦する企画があった時、全国一位の人はスタッフから言われたそうです。

「道蔦さんのプライドあるから、気を使ってね」と。

放送ではいい勝負に見えたのは全国王者さんの手加減のおかげだったんですな。全力を出したら現役のクイズゲーマーには勝てんという事。

同じ場所でAnAnでも戦ってほしかった。そうすればAnAnで300以内に入ることがそう簡単ではないことが誰の目にもわかっただろうに。


投稿: | 2010年9月13日 (月) 14時47分

>全国で300位にはいるのって簡単じゃないですよ


そりゃ大変でしょうなあ。普通の大人じゃそんなヒマ無いもんw

投稿: w | 2010年9月13日 (月) 21時32分

ばらまきには耐えられそうにない体型の方が優勝したね。もう本家のような「ドキュメンタリー要素」は望むべくもないから、来年またイベントあっても行かないけど。

投稿: | 2010年10月10日 (日) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/49376070

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み横断ウルトラクイズ(その3):

« 夏休み横断ウルトラクイズ(その2) | トップページ | 難しい問題 »