« 難しい問題 | トップページ | イケメンくん »

2010年9月 9日 (木)

30回四国岡山大会(その6)

 昨日の「小島慶子キラ☆キラ」のメールのテーマは「これをオカズに何杯でも泣けます」。そこに来たメールを原文のまま紹介しますと、「私は『アメリカ横断ウルトラクイズ』を見ると涙が出てきます。あの壮大な世界観とクイズのシステムと音楽。勝者と敗者が決まる瞬間とかたまんないです。昔の高校生クイズなんかも同じ理由で泣けます」。つまり、今の高校生クイズでは泣けないという意味か。これについて小島は「クイズに限らず、当人たちは泣かせようとしていないけど一生懸命やっているから泣けるのに、ある日相手がそれに気づいて、泣かせる方に寄ってきた瞬間、あ~あと思うことが」。これって視聴率を取りに行くために全国模試1位とかIQなでしことか東大東大とあおりまくることを意味するのだろうか。

 それでは四国です。前回は敗者復活が12チームに決まったところまででした。敗者復活戦のルールはジャンケンです。舞台上のタレントとジャンケンして勝てば残ります。ここで高知のチームを分けているようです。結局、敗者復活戦をやるのは岡山と香川だけで、残りは無条件で次に進めるようです。ジャンケンに参加するのは25チームぐらいです。1回目で勝ったのは13チームで、全部決定しました。

 13時半過ぎからペーパークイズです。終わると集合がかかって、まずは浅越ゴエのライブです。ニュースのネタをやります。続いてシャカの漫才。抽選会は場所を移ります。何の台もない場所で、浅越が拡声器を使ってやります。シャカが自分の電子手帳とゲーム機と扇子を提供します。途中でタレントが去って、後はアナウンサーだけでやります。

 15時過ぎからペーパークイズの結果発表。香川の1列目はファンファーレ。1チーム目の高松の女子チームがピンポン。2チーム目、3チーム目、4チーム目がブーで、坂出の混成チームがピンポン。
 2列目はブーで3列目がファンファーレ。しかし4チーム連続ブーで、残った高松が決定します。4列目はブー。5列目はファンファーレ。3チームブーで、4チーム目の英明がピンポン。そして5チーム目の三本松もピンポンで、5チーム埋まりました。6列目は敗退です。
 この後、イモトが。

|

« 難しい問題 | トップページ | イケメンくん »

コメント

問題が読まれすぎてるし、ストレートに聞きすぎ。
ひっかけがないからどんどん押してます。視聴者は全然おもしろくない。
例えばドヴォルザークの新世界はアメリカですが、大阪の新世界に建っているタワーは何というでしょうとか
ドミニカ国の首都はロゾーですがサントドミンゴを首都に置く共和国はどこでしょうとか日本の首都はどこでしょうでもいいから
多少いじわるな問題も交えておかないとやつらは最後まで問題聞きません。

投稿: 問題が読まれすぎ | 2010年9月 9日 (木) 17時48分

香川で決勝進出した女子チームは高松桜井高校です。

投稿: | 2010年9月10日 (金) 13時57分

「ある日相手がそれに気づいて、泣かせる方に寄ってきた瞬間、あ~あと思うことが」は、
最近の高校生クイズは「泣き」の方向には向いていませんし。

今世紀最後のウルトラ、こそがすり寄ってきていませんでしたか?

投稿: 匿名希望1 | 2010年9月11日 (土) 14時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/49395394

この記事へのトラックバック一覧です: 30回四国岡山大会(その6):

» 佐藤健ファンの部屋 [佐藤健ファンの部屋]
こちらは佐藤健についての情報サイトです。よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2010年9月 9日 (木) 13時19分

« 難しい問題 | トップページ | イケメンくん »