« 30回中国大会(その1) | トップページ | 30回中国大会(その3) »

2010年9月24日 (金)

30回中国大会(その2)

 昨日の「ミリオンダイス」のイモトのたらい舟で、夏休み横断ウルトラクイズの青木アナがテレビに出て動いているのを初めて見ました。

 それでは中国大会です。この地区で表彰されるのは広島学院です。27チーム来ています。表彰状の「1Q入魂」で松村邦洋が「QはクイズのQ」と付け加えます。前の四国ではタレントが高校生クイズを理解していなくて「アイキュー入魂」と読んだのに。読み上げが達川光男のものまねになります。

 松下優也が出ますが高校生の反応がありません。松村「JUNONでブレークしそうなって、僕とか出川さんとか、(そういうランキングに載るときは)抱かれたくないタレントですよ」。そして出川哲朗のものまねをします。「この前なんか、砂に埋めたいタレントに選ばれてました」。
 松下は甲子園の近くに住んでいたそうで、松村とタイガース話で盛り上がります。ここで掛布のものまねです。松下は今回は普通に公園の真ん中を歩いて路面電車で帰るので、一般のファンが接触できていました。これは広島だけのことです。

 ビートたけしのものまねをした後、「松村邦洋のマニフェスト宣言」。ここで松村が「柏村武昭さんのテレビ宣言ってありましたけどね」。広島テレビのそんな番組を知ってるのか。札幌テレビのどさんこワイドと並んで、ローカル局が夕方のニュース番組を長時間にする最初です。さらに「テレビ宣言にゅ~というのもありました」。これは柏村が国会議員になって降板した後のタイトルです。でも今の高校生は柏村を見たことがないのではないか。ましてや「お笑いマンガ道場」は知らないでしょう。
 で、マニフェストの内容ですけど、麻生太郎のまねをしながら「ものまねをいっぱいやります」「みんなと記念撮影」。そして「敗者復活戦をさせます」。野村克也のまねで「敗れた人を再生工場です。楽天時代のメールアドレスは、スランプスランプドットおちコムだ。まだ治ってないのにサッチーに働かされてますよ。講演、講演、テレビ、ラジオで、金本より働いてる」。

 この後、叫び声が意外なことに。

|

« 30回中国大会(その1) | トップページ | 30回中国大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/49545779

この記事へのトラックバック一覧です: 30回中国大会(その2):

« 30回中国大会(その1) | トップページ | 30回中国大会(その3) »