« 30回四国岡山大会(その10) | トップページ | 30回四国岡山大会(その11) »

2010年9月20日 (月)

また文化祭

 Qさま!!の漢字王で桂小枝と松尾依里佳が並んでいて「探偵!ナイトスクープメンバーで参戦」って、自分の局では放送しないのによく書けるな。まあ、ほとんどのネット局では放送されてますけど。

 さて、開成の文化祭に行ってきましたよ。情報が全然ないので、本日の昼過ぎに適当に行ってみました。先週行った文化祭に比べて圧倒的に規模が大きいし客も多い。生徒が多くて立地がいいからですね。開成グッズがあんなに存在して、OBが買うことで学校運営に寄与しているのか。

 パンフレットを見ると、クイズ研がグラウンドで○×クイズなどをやっていたのか。それは見られませんでしたが、小講堂でのクイズに向かいます。開成の他に宇都宮、浦和、慶応、県立船橋、水戸一、早稲田を迎えて行うもので、先週見たのと同じパターンですね。しかし長蛇の列ができています。私はギリギリ最後に入ることができましたが、私より後に入れなかった人が100人ぐらいはいたと思います。
 高校生クイズで全国大会に出たチームだらけです。ルールは高校生クイズ地区大会の決勝と同じです。しかし筆記が5問で10ポイント先取です。舞台で1時間の枠があって、1つのクイズしかやらないというのはなかなか英断です。
 問題は難しい。高校生クイズと違って、このレベルで正解者がいるかを検証しにくいので、もっと難しい出題になっています。それでも開成が最初に9ポイントになって、主催者側から「ホスト校が王手になるのは空気を読まない」と言われます。東大寺学園はそれでも優勝しましたけど、ここは最終的に早稲田が逆転しました。

 クイズ研の部屋に行ったら、最終日の15時でもちゃんとパンフレットが残っていました。優勝チームが全国大会の体験記を書いて、別のチームが関東大会の体験記を書いて、後は問題が載っているというのは、東大寺学園のパンフレットとそっくりな構成です。これでわかったのは、全国大会の早押しは5問不正解で失格というルールだったことです。先週の文化祭での「マイナスポイント&3×失格」というルールはここからとったのか。
 あと、関東大会の東京の決勝は、他の県とは圧倒的に違う難しい問題が出ていたということです。ただ、筆記の3問目は、第6回高校生クイズの近畿大会の決勝で出た問題です。やはり今の高クイで優勝を目指すには、第6回近畿の問題は押さえておかないと。

|

« 30回四国岡山大会(その10) | トップページ | 30回四国岡山大会(その11) »

コメント

>全国大会は5×失格
1vs1でm○n×形式なんて珍しいですね。

投稿: | 2010年9月21日 (火) 20時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 30回四国岡山大会(その10) | トップページ | 30回四国岡山大会(その11) »