« 東大の価値 | トップページ | 夏休み横断ウルトラクイズ(その2) »

2010年9月 5日 (日)

夏休み横断ウルトラクイズ(その1)

 今年の高校生クイズで書いておかなければならないのは、インターネット特別大会の全国大会リベンジ枠。2チームが全国大会に行けるようになっていましたが、昨年、一昨年のベスト8チームのうち、まだ卒業していなくて今年の地区大会で負けたチームは2つだけ。つまり、優勝したチームは関東大会で負けたにもかかわらず無条件で全国大会に出られるようなルールになっていたということです。視聴率を取るためにイケメンが全国大会にいる映像が欲しかったんでしょうね(ただ、クイズ的にはイケメンよりも新たに加えた1年生がかなり実績があるらしい)。これと池上彰の解説で、どこまで視聴率は伸びるでしょうか。

 さて、Answer×Answerがウルトラクイズとコラボした大会「夏休み横断!ウルトラクイズ」が開かれることは書きましたが、その最終決戦が日本テレビのところで行われるらしい。決勝大会で上位300人に入った人から抽選で2人が出られます。
 4日の13時前に日本テレビの下の広場に行きましたが、何もやっていません。探したところ、上の方の階にある屋内でやっていました。ここはかつて「シオドメ横断ウルトラクイズ」をやった場所かな。私が参加したとき、司会は炭谷アナでした。
 入るとほぼいっぱいです。もう少し遅いと入れないところでした。観客は床に直接座っています。舞台上には解答席が並んでいます。あの傷み具合から見て、実際にウルトラクイズで使われたものでしょう。

 ウルトラハットボールペン&キーチェーンを売り込むスタッフが、「ウルトラクイズといえばあの方です。そう、留さん! でも連絡がつきません」。で、司会は入社5年目の青木アナだそうです。知りません。実際「私がテレビで動いているのを見たことがある人」と言ってもほとんど手を上げませんでした。
 「ニューヨークへ行きたいかーっ」と叫びます。「これ、この人数でもこんなに気持ちいいのに、福留さんは5万人の前でやってたんでしょ。なんで日本テレビを辞めたんでしょうかね」。

 全部で2万1000人が参加したそうです。今回、解答者は3人います。An×Anの2人以外にも、日本テレビの携帯サイトのクイズでも1人を選んでいたそうです。An×Anの2人はともに、これまでに100万円はつぎ込んでいるそうです。やはり上位にいくにはそのくらいやらないといけないのか。そして携帯サイトの人は広島から自腹で来ました。今世紀最後ウルトラクイズに出て1問目で落ちたそうで、青木「ウルトラクイズでの被害額は10万円」。
 この後、自分で理解できないギャグを言う。

|

« 東大の価値 | トップページ | 夏休み横断ウルトラクイズ(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/49352227

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み横断ウルトラクイズ(その1):

« 東大の価値 | トップページ | 夏休み横断ウルトラクイズ(その2) »