« 30回北九州大会(その7) | トップページ | 30回北九州大会(その9) »

2010年8月23日 (月)

30回北九州大会(その8)

 「火曜サプライズ」の京本と柳沢の都バスの旅がDVDになるそうです。そのポスターが都営地下鉄の駅に張ってありました。コラボしてるんですね。高校生クイズと同時にそんな番組までDVDになるのか。それにしても、火曜サプライズが高視聴率だったのは、たまたま火曜日だったからだと思うのですが。あの企画が水曜日だったらサッパリだと思いますよ。

 それでは北九州大会です。大分の決勝は4チームが4ポイントで並びました。22問目、「短歌の上の句から下の句を引くと何文字」。東明が正解しますが、この問題を「うえの句」と読みます。
 23問目を連取して、一気に王手です。24問目「そういう者に私はなりたい」で終わる詩はという問題で、上野丘が「雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ」と言いますが正解になります。25問目を上野丘が連取してこちらも王手で追い付きます。
 26問目がスルーの後、27問目を上野丘が取って、大逆転で2年連続全国が決定しました。

 次は長崎です。この県は昨年以降、非常におもしろいことになっているのを覚えていますか。一昨年、佐世保高専の1年生が全国大会に出場しましたが、そのメンバーの1人が退学して翌年佐世保西に入り直して、元チームメイトと戦っているのです。佐世保西が代表になれば、おそらく史上初の「同一人物が別の高校で2度全国大会進出」という大記録が誕生します。
 佐世保西と佐世保高専の両方に、かつて代表になった人がいるという話になります。佐世保西のリーダーは一昨年の代表なのにまだ2年生であるということで、話がややこしくなります。
 一方、精道三川台のリーダーはジョシュア・ローンという人です。父がニュージーランド人だそうです。オーストリア人とのハーフである鈴木アナが英語で会話します。
 この後、意外に英語ができない。

|

« 30回北九州大会(その7) | トップページ | 30回北九州大会(その9) »

コメント

火曜日でも低視聴率な番組はありますけどね。

投稿: 九一郎 | 2010年8月23日 (月) 12時44分

都バスは面白いですよ

投稿: ゆみ | 2010年8月23日 (月) 13時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/49226851

この記事へのトラックバック一覧です: 30回北九州大会(その8):

« 30回北九州大会(その7) | トップページ | 30回北九州大会(その9) »