« 30回北九州大会(その5) | トップページ | 30回北九州大会(その7) »

2010年8月21日 (土)

30回北九州大会(その6)

 ヘキサゴンの東大寺学園で、一番できの悪い人が、ねじれ国会とか参院選で自民党が勝ったことを知らないのに、国会がねじれていると法案が成立しにくくなるというのは1人だけ正解していました。きっとこの人は、国会の仕組みを社会の教科書の中のことと思って勉強してきて、実際に世の中で起きていることを見ていないのではないか。これで入れるんですね。
 この前までフランスはNATOの軍事部門にのみ参加していませんでしたが、地理の教科書ではNATOの加盟国のリストがあって、フランスは軍事機構に不参加という注釈がついているのを、「またテストで覚えにくくするために余計な項目がありやがって」と思っていました。でも今思えば、菅と小沢の対立みたいな国際政治のドロドロしたものがあってそうなっているのであって、背景を考えればこの程度のことを覚えるのは難しくありません。学校の勉強ができないと思うのは、それこそ「机上」のことを単に暗記しようとするからではないでしょうか。

 それでは北九州大会です。大分は9チーム残っています。ペーパークイズの結果発表。1チーム目は大分上野丘の昨年代表でピンポン。2チーム目、東明がピンポン。次の東明はブーで、その次の東明の女子はピンポン。リアクションが非常によくて、鈴木「番宣CMのキューショットに使ってください」。
 5チーム目の東明はブー。ゲートに乗る前に、鈴木アナが勝ったときのリアクションのことをさんざん指示していたので、おわびに握手します。6チーム目の東明はピンポン。
 7チーム目は安心院です。当然読めません。その後ろは臼杵。地名を確認して鈴木「NEWS ZEROまた一つ学びました」。安心院がブーで、すごく太ったメンバーのいる臼杵が決定しました。

 長崎は12チームいます。1チーム目がブー。2チーム目の長崎西がピンポン。3チーム目はブー。4チーム目の佐世保西がピンポン。5チーム目はブー。6チーム目の精道三川台がピンポン。7チーム目がブー。8チーム目の佐世保高専がピンポン。ここまで完全に交互になっています。
 9チーム目、ブー。10チーム目、ブー。11チーム目、ブーで残った海星が決定です。

 この後、高校生がスタッフにダメ出し。

|

« 30回北九州大会(その5) | トップページ | 30回北九州大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/49208916

この記事へのトラックバック一覧です: 30回北九州大会(その6):

« 30回北九州大会(その5) | トップページ | 30回北九州大会(その7) »