« 30回南東北大会(その12) | トップページ | 30回南九州大会(その2) »

2010年8月 5日 (木)

30回南九州大会(その1)

 以前、盛岡駅に張ってあった参加者募集のポスターはプリンターで印字されたものだったと書きましたが、先日ある予選に行ったところ、ちゃんとグラビア印刷されているものもあることがわかりました。

 それでは7月22日の南九州大会です。会場は熊本城の奉行丸です。10時20分ごろに着いたらすでに前説をやっていました。重要文化財なので穴を掘ったり石垣をいじったりするなと言っています。熊本県民テレビの専務取締役が「最近、九州はいろいろ問題がありますが」。ライオンの九州チェーン統括の人の開会宣言で、番組名の「全国」を抜かします。「クイズ」を言い忘れるのに比べれば大したことではありません。ここは前日に玉名女子高を取材したそうです。各地区で、前日にどこかの学校に行っているようです。

 フォーリンラブが登場します。表彰する学校はどこかというところで、高校生から「せいこう」という声が上がります。済々黌と言ったのでしょうか。するとバービーが「せいこう」を強調してしゃべります。「やらしい意味じゃなくて」。「それがやらしいんや」。表彰されたのは鳳凰でした。昨年はあれだけ参加者がいながら決勝はラ・サールに独占されましたがどうでしょうか。
 続いて松下優也です。昨夜はスザンヌの実家の店に行ったそうです。歌い終わるとバービーが上がってきて「優也~、イエス・フォーリンラブ」。
 フォーリンラブのマニフェストは「一生懸命応援する」「優勝チームにバービーがほっぺにチューをする」。事前番組でも言っていましたが、本当にやるのか。そして「敗者復活戦を実行します」。

 鈴木アナの声が聞こえます。明らかに録音です。つまりこの会場には来ないということです。代理司会は桝アナだそうです。よろいを着てせり上がってきます。「敢えて言う。ラルフの首はオレが取る」。普段はズームインサタデーに出ています。「知ってるという人」。手を上げる人はかなり少ない。「なかったことにしてくれ」。
 代理司会は必ず新しいかけ声を考えますが、ここでは「ボンバー」。「若干ボンバーが微妙だと思った人、次の大会から変わっているかもしれないので気にしないでください」。今着ている甲冑は100万円するそうです。

 なぜか第1問を出すときにフォーリンラブが舞台にいます。その理由は次回。

|

« 30回南東北大会(その12) | トップページ | 30回南九州大会(その2) »

コメント

昨年の決勝 ラサ3 鳳凰2 でかなり健闘していたと思いますが

投稿: | 2010年8月 5日 (木) 21時13分

去年鳳凰は沈黙状態だったし
(確か一問しか押してない)、
そう考えるのが妥当かと。

投稿: | 2010年8月12日 (木) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/49065789

この記事へのトラックバック一覧です: 30回南九州大会(その1):

« 30回南東北大会(その12) | トップページ | 30回南九州大会(その2) »