« 30回南東北大会(その8) | トップページ | 30回南東北大会(その10) »

2010年8月 1日 (日)

30回南東北大会(その9)

 ロケーションフリーを起動したら、たまたま関西テレビで「ザ・ベストハウス123」を再放送していて、イギリスのクイズ$ミリオネアでのイカサマについてやっていました。観客席にいるクイズ王の大学教授が咳で答えを教えるというものですが、その大学教授はかなり難しい問題の答えを全部教えられるわけですから、自分が出れば何億円も獲得できるではないか(しかし実はその人もその回の挑戦者になっていて、わずか3問目で間違えたらしい)。そして10問目の簡単な芸能問題だけその教授が知らず、挑戦者の妻が咳払いしたというのが、最近の高校生クイズで勝ち残る人みたいでした。あと、1の後に0が100個つく数をgoogleというということを初めて知りました。

 それでは南東北大会です。決勝は結果発表の順番とは逆で、山形からです。山形東が2チームです。鶴岡南は三択が全問正解でペーパークイズも山形でトップ。鈴木「好きな女の子のタイプは?」「こっちが甘えても許してくれる人」。この地区も全チームにインタビューすることなく、意気込みを叫ばせるだけです。
 1問目、漢字を書く問題で全チーム正解。各チームのリアクションがやたらいい。2問目、「100人の平均点が99点でうち50人が100点のとき、残りの50人の平均は」。日大山形のみ不正解。3問目は英語の綴りを書く問題で、全チーム正解。
 ここから早押しです。4問目、鶴岡南が正解。5問目、鶴岡南が正解。2問続けて問題の早い段階で押して、鈴木「(そんな時点でわかるようなことを言う)オレが単純な人みたいじゃない」。6問目、数学の問題で鶴岡南が正解します。わかって答えているのではなく「感覚で」「押してから計算」。
 7問目、「源氏物語をあはれの文学」で鶴岡南が押します。ところでこの「あはれ」を「AHARE」と読んでいました。をかしの文学を正解して全国大会決定。全問取って7問で終了という圧倒的な結果です。

 次は福島です。安積と福島が2チームずついます。福島の女子チームのリーダーは3年連続決勝で負けていて、毎回メンバーを替えているそうです。ペーパークイズのトップは安積で、このチームも去年決勝で負けたそうです。鈴木「ぜひ福島中央テレビ、そのときの映像使っていただきまして」。昨年の映像を持っているのはミヤギテレビだと思うけど。
 1問目、複数の単語に共通する漢字を書く問題です。今回の筆記は、これと英単語の綴りを書くのが2大パターンです。全チーム正解。福島の2チームは昨日、カラオケ店に入ってずっとクイズの練習をしていたそうです。
 2問目、ボーカルグループの「グリーン」をアルファベットで書くというものです。芸能が出た。eの数だけでなく大文字と小文字も難しい。安積のペーパートップでない方と福島成蹊が正解です。3問目は数学で全チーム正解。
 この後、何か急いでる?

|

« 30回南東北大会(その8) | トップページ | 30回南東北大会(その10) »

コメント

日々の取材活動お疲れ様です。
大前さん一流の皮肉だろうとは思いますが、10の100乗は「Googol」ですよね。
差し出がましくてすみません。クイズ始めたばかりの高校生も読んでいると思いますので…。

投稿: | 2010年8月 1日 (日) 08時26分

10^100を表す言葉からgoogleっていう社名になったって書いてあった気がします(問題集にはそう書いてあります)

投稿: | 2010年8月 1日 (日) 14時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/49024591

この記事へのトラックバック一覧です: 30回南東北大会(その9):

« 30回南東北大会(その8) | トップページ | 30回南東北大会(その10) »