« 30回南九州大会(その9) | トップページ | 30回南九州大会(その11) »

2010年8月14日 (土)

30回南九州大会(その10)

 スタッフTシャツの背中などに描かれているアハ問題の正解がホームページに掲載されましたが、答えがわかっても全然それに見えないんですけど。おそらく、開催期間中に答えがわからないように難しくしたら、そもそも正解を知っても納得できないレベルの問題になってしまったのでしょう。私にはむしろ朝青龍に見えます。

 それでは南九州大会です。ラ・サールの対戦。22問目は中原中也で1年生が正解。23問目、地震学者で大森公式の人を別の1年生が答えられずマイナス1ポイント。24問目、エコノミクス優勝が押して答えられません。この対戦は、全部ラ・サールということで難しい問題ばかり出したら予想外の誤答連発で期待はずれといったところです。こんなに問題数を使うとは。
 25問目「汗を分泌する2種類」でエコノミクス優勝が押してエクリン腺とアポクリン腺の両方を言います。26問目、「経済三団体といえば」でエコノミクス優勝が押します。経済同友会と答えてブー。日本経団連でした。27問目はスルー。28問目、3年生がど忘れして先にブーが鳴ります。
 29問目、「アンドリュー・ワイルズが」で1年生が押してフェルマーの最終定理を正解。これで4ポイントが3チームです。30問目「マンゴーはウルシ科」でエコノミクス優勝が押して正解です。「ではマンゴスチンは何科」で、クイズ番組で「マンゴーはウルシ科」と言われたとき以外、人生に絶対に必要ない知識です。
 31問目、オリオン座の中央の3つの星の名前です。いかにも今の高クイ全国大会で出そうですがスルー。32問目、「先天的な認識や概念」で3年生がア・プリオリと答えますがブー。続きがありました。33問目、株の成りゆき注文で、エコノミクス甲子園的な問題ですがスルー。ラ・サールの対戦で30問を超えました。
 34問目、エコノミクス優勝が途中で押して正解。これで王手です。この対戦は、やたら早く押す問題とまったく答えられない問題がはっきりしています。35問目、1年生が正解して5ポイントです。そして36問目、「太陽系で最も大きい衛星は」でこのチームが「エウロパ」と言って「もう一度」と言われると「ガニメデ」。最初の答えを採用して不正解です。
 37問目、38問目をもう一つの3年生が取ってこちらも5ポイント。さらに39問目も正解して王手で並びます。エコノミクス優勝はまたも高クイ全国大会を逃すのか。40問目、「ダボス会議のダボスはどこの国」でエコノミクス優勝が正解して決定しました。「もっと素敵なプレゼントがあるのを忘れていませんでしょうか」。急に表情が変わります。バービーのキスの後でキレイキレイを使わせます。
 この後、あのコスプレが。

|

« 30回南九州大会(その9) | トップページ | 30回南九州大会(その11) »

コメント

ヘキサゴンに東大寺学園の生徒が出ると以前コメントに書き込みましたが、8月18日、今週の水曜日だそうです。

投稿: yuu | 2010年8月15日 (日) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/49142998

この記事へのトラックバック一覧です: 30回南九州大会(その10):

« 30回南九州大会(その9) | トップページ | 30回南九州大会(その11) »