« 30回南九州大会(その4) | トップページ | 30回南九州大会(その6) »

2010年8月 9日 (月)

30回南九州大会(その5)

 クイズマジックアカデミーをやろうと、実家への途中にある、平城宮跡の隣にあるゲームセンターに行ったら、廃墟になっていました。6月に来たときは、閉店の話なんかまったく出ていなかったのに。今、奈良県でQMA7を設置しているところは3軒かな。7になって、全国で設置数がすごく減ったように感じます。私は一部のサービスで電子マネーの導入が強制されたことが原因ではないかと思っています。

 それでは南九州大会です。13時過ぎから敗者復活戦が始まります。ルールは、単なるジャンケンです。チームリーダーが代表でやります。近くのチーム同士で対戦相手を見つけます。相手が決まると互いの顔を指さします。当然、負けたら失格です。
 4対戦やって、7チームに絞られました。残りの3枠は、最後に負けたチームで一斉にジャンケンして争いました。

 敗者インタビューでピコハンマーでアナウンサーをたたかせる収録もあります。決勝のセットの設営も始まりました。
 この会場は日陰が非常に少ないので、公正を期すために、ペーパークイズを日陰でやることはできません。

 14時半過ぎにフォーリンラブのライブが始まります。南東北と違って、ちゃんとコントをやります。その後、バービーがタイプという男というと、6人が手を上げます。その中の1人を舞台に上げて、実際にバービーとコントができるのです。まずは目の前に座らせて見本を見せます。
 続いて抽選会です。まずは熊本県民テレビのグッズ。該当者がいないと思って1チーム多く引いてしまいます。ライオンのキレイキレイセットが馬のかぶりもののチームに当たります。最後にバービーの昔の衣装の裏にサインしてプレゼントします。さらに靴も提供します。

 15時20分すぎからペーパークイズの結果発表です。まずは鹿児島。1列目はすべて鳳凰です。このパターンだとブーだとわかります。2列目、鳳凰とラ・サールで構成されています。ファンファーレです。2チーム目のラ・サールがピンポンで他はブー。ラ・サールでブーになったチームもいました。
 3列目もファンファーレです。1チーム目がブーで、2チーム目は昨年決勝で負けたラ・サール。ピンポンです。3チーム目、4チーム目がブーで、5チーム目のラ・サールがまたピンポン。
 この後、こんなチームが勝ち残る。

|

« 30回南九州大会(その4) | トップページ | 30回南九州大会(その6) »

コメント

QMA設置店舗減少の原因としてもう一つ挙げられるのは、QMA6から7に更新するときに、基盤がバージョンアップしたせいで(ちびキャラの感じでその違いがわかるかと思います)QMA5→6のときよりもバージョンアップ料が高くついたから、というのがあります

投稿: | 2010年8月 9日 (月) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/49103007

この記事へのトラックバック一覧です: 30回南九州大会(その5):

» ストーカー対策の極意 [ストーカー対策の極意]
ストーカー対策のことについて解説したサイトです。よろしかったらご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2010年8月10日 (火) 15時29分

« 30回南九州大会(その4) | トップページ | 30回南九州大会(その6) »