« 30回北九州大会(その2) | トップページ | 30回北九州大会(その4) »

2010年8月18日 (水)

30回北九州大会(その3)

 高校生クイズの情報を探そうとネット検索していたら、どうやら東大寺学園の代表チームの人が、プレッシャーSTUDY高校生大会にも出るようです。ちなみに今夜のヘキサゴンに出るメンバーはクイズ研とは重なっていません。ヘキサゴンに東大寺学園クイズ研を出したら展開がつまらなくなるのは目に見えていますからね。それにしても、東大寺学園がクイズにおけるわかりやすいブランドとして使われるようになるのか。

 それでは北九州大会です。福岡の三択。1問目はまた国旗の問題です。2問目、「郷に入りては郷に従えを英語で言ったときに出てくる都市は」。2問連続正解のチームにそのことわざを言わせます。3問目も常識問題。ラルフが「これで王手になりました」と繰り返します。まだ3問しか出ていません。4問目、平成になったときの首相です。我々から見ると簡単ですが解答者は生まれていません。鈴木「そのとき中学生でした」。
 5問目は清少納言の問題。いきなり全問正解で十数チーム抜けます。もう警報が鳴りますが続行です。6問目は略語。この時点で全問不正解は1チームです。まだ続行です。7問目、日本史ですが、北東北だとみんな答えられます。8問目、人体に関する問題で、ここで終了です。
 鈴木「去るところをカメラで撮りたいと思いますので、トボトボと歩いてください」。ここで麒麟が乱入します。この後で敗者復活をやるかどうかのゲームをやるが、条件をクリアできなければ来年の応援パーソナリティは華丸・大吉と言います。川島が敗者に「イェイと言うな」。

 残り3県の2回戦です。全部合わせても福岡1県よりはるかに少ない。1問目、インターネットに関する問題です。2問目は小学校の理科で習うような問題。しかし全問正解がすでに2チームになりました。3問目、「室町幕府の将軍で『義』がつかないのは何人」。またトップのチームに、つかないのは誰か聞きます。
 4問目は天文です。5問目、アメリカ独立当時の州の数で、1チームだけ不正解。ここで佐賀の1チームのみが勝ち抜けます。6問目は日本史で、5チームぐらい抜けます。7問目は物理で10チームぐらい勝ち抜け。ようやく警報が鳴りますがもちろん続行です。8問目は世界史、9問目は料理と植物の知識が必要な問題です。ここで終了です。負けたのは10チーム弱でしょうか。そもそもの参加者が少ないので、ほとんど落とせないということです。
 この後、意外なところで厳格。

|

« 30回北九州大会(その2) | トップページ | 30回北九州大会(その4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/49179308

この記事へのトラックバック一覧です: 30回北九州大会(その3):

» 美味さ爆発!蟹料理 [美味さ爆発!蟹料理]
こちらは蟹料理についての情報サイトです。よろしければご覧ください。 [続きを読む]

受信: 2010年8月18日 (水) 13時05分

« 30回北九州大会(その2) | トップページ | 30回北九州大会(その4) »