« 30回北東北大会(その2) | トップページ | 30回北東北大会(その3) »

2010年7月13日 (火)

とんでもない文章

 毎日新聞の記事。

----(ここから)----

国際数学五輪:高3の日本人2人が金メダル
 カザフスタンで開かれた「第51回国際数学オリンピック」で、灘高(神戸市)3年の井上秀太郎さん(17)と久留米大付設高(福岡県久留米市)3年の岸川滉央さん(18)が金メダルを獲得したと文部科学省が12日、発表した。
 岸川さんは09年に続き、2年連続の金。
 灘高2年の清水元喜さん(17)、同1年の北村拓真さん(15)、甲陽学院高(兵庫県西宮市)2年の越山弘規さん(16)の3人が銀メダルを獲得した。
 この大会は世界の高校生らが実力を競い、10年の大会には96の国と地域から、計517人が参加。筆記試験の得点で上位約9%に金メダル、約20%に銀メダル、約22%に銅メダルが授与された。09年のドイツ大会では日本は5人が金、1人が銅だった。

----(ここまで)----

 高校生クイズはこの人たちにダイレクトメールを送るのだろうか。

 世界のトップになるといえば、J-CASTでの横澤彪の連載については以前書いたことがあります。はっきり言って名物プロデューサーの晩節を汚すかなりひどい内容なので、あまり読まないようにしているのですが、たまたまこのような文章が目に入りました。「みんなでニホンGO!」についてです。

----(ここから)----

 この日の問題は「とんでもございません」。女優の山本富士子がミスユニバースに選ばれてほめられたときに言ったという有名なセリフだが、日本語として正しいかどうか――。答えはノーで、正しくは「とんでもないことでございます」なのだそうだ。いまや、違和感なく「とんでもございません」で通用しているのだから、そんなのどうでもいいじゃないかと思うのだが、番組では「とんでもないことで~」が使われなくなった歴史やら理由を延々とおやりになっていた。

----(ここまで)----

 この文章、完全に間違っています。この回の番組は、「とんでもございません」が日本語として間違っていないという内容です。最後に「山本富士子さんの名誉は守られた」と言っていたのを聞いていないのか。歴史についてやっていましたが、「とんでもないことでございます」が使われなくなった歴史ではありません。横澤はここまでいい加減に番組を見て評論を書いているということが露呈してしまったのです。

 フジの○澤といえば、昨日の「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングは福澤朗でした。去年まで裏番組の司会をやっていたのに。国勢調査のイメージキャラクターになったそうです。トークの内容は大半が、昨年出した本で紹介していた滑舌棒のことで、後半はタモリと2人でずっと滑舌棒をくわえながら話していました。ところで、最初に出る人物紹介の字幕では、「高校生クイズのファイヤー」にちゃんと言及されていました。

|

« 30回北東北大会(その2) | トップページ | 30回北東北大会(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/48865732

この記事へのトラックバック一覧です: とんでもない文章:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/07/14 09:37) [ケノーベル エージェント]
西宮市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年7月14日 (水) 09時37分

« 30回北東北大会(その2) | トップページ | 30回北東北大会(その3) »