« 出演者紹介の事前番組(その2) | トップページ | 出演者紹介の事前番組(その3) »

2010年7月 6日 (火)

30回沖縄大会(その8)

 昨日の「徹子の部屋」は金田一秀穂でした。プレッシャーSTUDYで漢字の問題に正解するところと答えられないところの映像が両方使われていました。どちらもかなり前の回のようでした。瓢虫で「てんとうむし」と読むのを知らなかったことについて、中国に行くとヒョウタンがくびれていなくてまん丸なので、初めて意味がわかったと言っていました。

 それでは沖縄大会です。ペーパークイズの結果発表の4列目はブー。5列目に興南がいます。昨日、事前番組の突撃ハイスクールで取材したそうです。予選前日に高校生を勧誘しても出られるようになった高校生クイズ。この列がピンポンで、合格したのは興南です。
 6列目は全部昭和薬科でブー。7列目は昭和薬科が3チームでブー。8列目は昭和薬科が4チームいます。ピンポンで、最初の2チームがブーの後、昭和薬科が2チーム続けて合格。これで残り1チームです。
 9列目、ブー。10列目、ブー。11列目、ピンポン。これで残りの列は失格です。最後の列のみ、赤ゲートに立つチームの立候補を募ります。最初に昭和薬科の女子が立ってブー。次の女子もブー。次の男子もブー。その次の男子もブーで、最後まで残った昭和薬科の男子が決定しました。結局、5チーム中4チームが昭和薬科です。

 16時前から決勝です。ペーパークイズでトップだったのは昭和薬科の女子チームです。興南は昨日のラルフの取材で出ることにしたそうです。
 書き問題のセットですが、解答権表示も設置されました。決勝のルールは「書き&早押しクイズ」。書き問題を3問やってから早押しで、合計7ポイント先取です。昨年のエコノミクス甲子園の地区大会決勝と同じルールではないか。そして、早押しで間違えると1ポイント減点になります。地区大会の早押しで間違えると減点というのは、第1回であったような気がしますが、とにかくとんでもなく異例です。さらに、0ポイントの状態で早押しに間違えると失格になります。地区大会決勝のクイズで失格があるというのは史上初です(決勝以外なら20回北陸の準決勝がある)。関東などでクイズ研が無謀な押しをするのを防ぐためのルールでしょうか。
 この後、今年はそんな問題が出るのか。

|

« 出演者紹介の事前番組(その2) | トップページ | 出演者紹介の事前番組(その3) »

コメント

>無謀な押しをするのを防ぐため
全国大会の早押しだったらその逆ですね。ペナルティを甘くして、とにかく早く押す画を撮って、誤答は編集でカットすりゃいいんですから。

投稿: | 2010年7月 8日 (木) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/48809583

この記事へのトラックバック一覧です: 30回沖縄大会(その8):

« 出演者紹介の事前番組(その2) | トップページ | 出演者紹介の事前番組(その3) »