« 30回北東北大会(その5) | トップページ | 30回北東北大会(その7) »

2010年7月17日 (土)

30回北東北大会(その6)

 「アルクメデス」で最も驚いたのは「あたしまにあゃな」です。放送日翌日の日付で過去100年に起きた事件についての問題を次々と出すのですが、「あしたまにあ〜な」の忠実なパロディーなんかやってどれだけの人がわかるんだ。かつてテレビ朝日で平日の0時前後にやっていたミニ番組です。ちゃんとナレーターに濱田マリを起用しています。しかも次のコーナーが「ベストヒットUSA」のパロディーです。

 それでは北東北大会です。ペーパークイズの結果発表。岩手の1チーム目はブーで2チーム目の水沢がピンポン。その後ずっとブーが続きます。さっきの三択で1問も正解できていなかったバルセロナのユニホームのチームもいつの間にかいました。
 12チーム目の盛岡第一がようやくピンポン。そしてまたブーが続きます。出てくるチームがほとんど盛岡です。18チーム目の盛岡第一がピンポン。20チーム目の盛岡第一の混成チームがピンポン。まだかなりチームが残っています。
 24チーム目の福岡がピンポンで、残りの7チームが失格になりました。

 次は青森です。4チーム連続ブーで、5チーム目の女子がピンポン。黒石です。次の女子もピンポン。八戸東です。
 ここからまたずっとブーが続きます。残り枠が3つあるのに、もう5チームしかいません。13チーム目の弘前がピンポン。14チーム目も弘前ですが、髪の毛を「30」という形に剃っています。今どきこんなことをしてくれる参加者がいるか。 しかしブー。
 この後、不穏な雲行きに。

|

« 30回北東北大会(その5) | トップページ | 30回北東北大会(その7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/48896479

この記事へのトラックバック一覧です: 30回北東北大会(その6):

« 30回北東北大会(その5) | トップページ | 30回北東北大会(その7) »