« 30回南東北大会(その6) | トップページ | 30回南東北大会(その8) »

2010年7月30日 (金)

30回南東北大会(その7)

 市川海老蔵の披露宴がありましたが、深夜のニュース番組にレギュラー出演している某局アナは、元共演者の結婚披露宴と同僚の葬儀の両方に出ることになったのだろうか。

 それでは南東北大会です。加藤アナが出てきて狩野英孝の高校時代の写真を見せます。弓道部で宮城代表になったそうです。築館高校時代の顧問が今は泉館山高校にいるということがわかりました。そしてバンドもやっていて、弓道とバンドが同じ日にあるときはいちいち途中で髪を染めていたそうです。

 続いて抽選会です。ここは北東北と違って、ミヤギテレビのグッズのセットを出します。そして「ダウンタウンDX」と「秘密のケンミンSHOW」と「日本人の知らない日本語」の図書カードです。全部読売テレビではないか。狩野のサイン入りTシャツを出して、これで抽選会は終わりと言ったところで、サッカーの入場曲がかかって鈴木アナが現れます。乱入に曲がつくようになったか。

 15時45分ごろから結果発表です。この地区はダブルブーブーゲートに戻りました。そして第1段階の合格がファンファーレに戻りました。
 宮城の1列目は5チームとも女子でブー。1列目がすべて女子のときは必ずブーです。2列目、最近非常に珍しい、のぼりを持っているチームがいますが、ブー。3列目もブー。4列目もブー。5列目でファンファーレです。仙台二高2チームと仙台育英2チームがいずれもブーで、残った仙台一高が決勝進出です。
 6列目がファンファーレ。仙台一高がピンポンで、ブーの後、仙台二高の女子がピンポン。あと2チームはブーです。
 7列目、ブー。8列目、ブー。9列目、ブー。石巻を「いしまき」と読みます。10列目、ブー。11列目、ファンファーレ。さっき当たったラルフサイン入りTシャツを遺影のように持っているチームがいます。1チーム目がブーで、次の仙台一高がピンポン。その次のチームは不合格ですが、乗るときに音が出なかったので、鈴木アナがおわびに握手します。あと2チームもブーです。
 12列目はブー。13列目がファンファーレです。これで残りの6列は失格です。と思ったら、13列目は不合格だったのです。結果発表でのこういうミス自体が珍しいですが、連発されるとは。
 14列目がファンファーレです。過去に全国大会に出た仙台一高が、先ほど頭をかかえて、救われたと思ったら、結局ブー。合格は仙台二高でした。
 この後、結果発表についてまだ知らなかったことが。

|

« 30回南東北大会(その6) | トップページ | 30回南東北大会(その8) »

コメント

 私は自分の秘密を公開しても、他人の秘密まで漏らす事はしたくないですね。
これは、組織でも言える事かもしれないですね。

投稿: ダンダン | 2010年7月30日 (金) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/49010012

この記事へのトラックバック一覧です: 30回南東北大会(その7):

« 30回南東北大会(その6) | トップページ | 30回南東北大会(その8) »