« 30回沖縄大会(その7) | トップページ | 30回沖縄大会(その8) »

2010年7月 5日 (月)

出演者紹介の事前番組(その2)

 今年は高校生クイズとコラボしていない「クイズマジックアカデミー」ですが、今「全国大会」をやっています。昨年は全国オンライントーナメントと同じで工夫がありませんでしたが、今年のはなかなかおもしろい。ただ、プレー回数が多いほど有利なルールに戻ったので、普通の人は上位を狙えません。また、昨年は全国大会をやると昇級に有利になっていましたが、逆に今回は昇級が遅くなります。

 それでは事前番組です。小島よしおはサイン入り海パンを提供します。ここで流れるBGMが「タモリ倶楽部」のオープニングです。
 そしてオードリーから重大発表があるといいます。関東大会にAKB48のうちの2人が来るそうです。その2人はいったい誰か、というところでCMになります。ところが、CMが明けても結局明かさないまま、その話題は終わりになります。

 ここで「突撃ハイスクール」です。今回訪ねたのは東京学芸大附属高校。茂木健一郎の母校です。ここで「クイズ王子」と「クイズなでしこ」を探します。まず、番組のポスターを見せて、ここについているQRコードで携帯電話で応募できるというのをやっています。BGMは木村カエラです。ところでこのポスター、実物を見ると、いわゆる表面に光沢のあるポスターではなく、プリンターで印刷したものです。こんなところで経費節減が。
 かわいい女子がいるといううわさの天文部へ。ここで○×クイズを出します。第1回で出て、昨年の北九州でまた出た問題です。次にここで、かっこいい男子を紹介してもらいます。バスケットボール部で、本当にイケメンの生徒に田臥の問題を出します。ここで女子を紹介してもらうと、ダンス部に堀北真希に似た人がいるというところで、一転して沖縄の興南高校に変わります。
 ここは鈴木アナ自身が沖縄大会の前日に訪問しました。大会前日の昼に勧誘してそのまま出られるほど、高校生クイズの参加が緩くなっているのです。かつて、参加申込書を返送してさらに予選通知ハガキが届いていた時代が信じられません。
 この後、今度はそんなBGMか。

|

« 30回沖縄大会(その7) | トップページ | 30回沖縄大会(その8) »

コメント

>プレー回数が多いほど有利
そこに、「上位プレイヤーと偶然同じチームになった方が有利」と付け加えて下さい

投稿: | 2010年7月 8日 (木) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/48801928

この記事へのトラックバック一覧です: 出演者紹介の事前番組(その2):

« 30回沖縄大会(その7) | トップページ | 30回沖縄大会(その8) »