« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

30回南東北大会(その8)

 前回の続きですが、葬儀は親族のみだったようです。それにしても、あの局の女子アナばかり出産直後に次々と自殺するのはどういうことか。これで3人目です(1人は公式には自殺と言っていないが)。そういえば、この局の元アナウンス部長の女性(今の司会者に高校生クイズをやれと言った人)が「自殺を考えていた」という本を出したばかりではないか。

 それでは南東北大会です。ペーパークイズの福島の結果発表。1列目がファンファーレです。福島の混成チームがピンポン。2チームブーで、安積がまたピンポン。最後はブーです。2列目はブー。
 3列目がファンファーレ。1チーム目がブーの後、福島の女子がピンポン。お互いをたたきまくります。鈴木アナ「スローでご覧いただきましょう」。果たして地区大会の番組でスロー映像が挿入されるか。次の福島成蹊もピンポン。その次はブー。
 4列目がファンファーレで5列目は自動的に敗退です。4列目は3チームしかいません。1チーム目、2チーム目がブーで、安積が自動的に決定しました。

 次は山形です。ここで第1段階のゲートが撤去されます。今年はチーム数の多い県と少ない県で発表方法を変えるのか。3チームブーの後、鶴岡南の混成チームが合格です。ここは三択を唯一、全問正解で勝ち抜けたチームです。
 この後2チームブーです。残っているのが5チームで勝ち抜け枠が4チームあるので、どこかがブーになった時点で終了です。米沢興譲館がピンポン。日大山形がピンポン。次がブーで、残った山形東の2チームが決定しました。

 この後、決勝で初めての展開になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

30回南東北大会(その7)

 市川海老蔵の披露宴がありましたが、深夜のニュース番組にレギュラー出演している某局アナは、元共演者の結婚披露宴と同僚の葬儀の両方に出ることになったのだろうか。

 それでは南東北大会です。加藤アナが出てきて狩野英孝の高校時代の写真を見せます。弓道部で宮城代表になったそうです。築館高校時代の顧問が今は泉館山高校にいるということがわかりました。そしてバンドもやっていて、弓道とバンドが同じ日にあるときはいちいち途中で髪を染めていたそうです。

 続いて抽選会です。ここは北東北と違って、ミヤギテレビのグッズのセットを出します。そして「ダウンタウンDX」と「秘密のケンミンSHOW」と「日本人の知らない日本語」の図書カードです。全部読売テレビではないか。狩野のサイン入りTシャツを出して、これで抽選会は終わりと言ったところで、サッカーの入場曲がかかって鈴木アナが現れます。乱入に曲がつくようになったか。

 15時45分ごろから結果発表です。この地区はダブルブーブーゲートに戻りました。そして第1段階の合格がファンファーレに戻りました。
 宮城の1列目は5チームとも女子でブー。1列目がすべて女子のときは必ずブーです。2列目、最近非常に珍しい、のぼりを持っているチームがいますが、ブー。3列目もブー。4列目もブー。5列目でファンファーレです。仙台二高2チームと仙台育英2チームがいずれもブーで、残った仙台一高が決勝進出です。
 6列目がファンファーレ。仙台一高がピンポンで、ブーの後、仙台二高の女子がピンポン。あと2チームはブーです。
 7列目、ブー。8列目、ブー。9列目、ブー。石巻を「いしまき」と読みます。10列目、ブー。11列目、ファンファーレ。さっき当たったラルフサイン入りTシャツを遺影のように持っているチームがいます。1チーム目がブーで、次の仙台一高がピンポン。その次のチームは不合格ですが、乗るときに音が出なかったので、鈴木アナがおわびに握手します。あと2チームもブーです。
 12列目はブー。13列目がファンファーレです。これで残りの6列は失格です。と思ったら、13列目は不合格だったのです。結果発表でのこういうミス自体が珍しいですが、連発されるとは。
 14列目がファンファーレです。過去に全国大会に出た仙台一高が、先ほど頭をかかえて、救われたと思ったら、結局ブー。合格は仙台二高でした。
 この後、結果発表についてまだ知らなかったことが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

30回南東北大会(その6)

 ヤフージャパンがグーグルの検索エンジンを導入するそうですが、確かに「高校生クイズ」でグーグルで検索すると当ブログが2位とか3位になりますが、ヤフーでは100位にも入らないことがあります。情報量と更新頻度を考えると、この結果は、検索アルゴリズムに何か欠陥があるのかと思ってしまいます。

 それでは南東北大会です。13時半ごろから敗者復活戦が始まります。今の敗者は100組ぐらいいると言っています。ルールは、狩野英孝についての二択が出て、間違えると失格というものです。1問目、イケメンキャラを目指すきっかけになったのはというので、全チームが同じ答えです。正解発表の表示を回転させているのに「正解は1番」と言ってしまいます。初めての人はアナウンサーでもたいていこのミスをします。
 2問目は最近はまっているゲーム。3問目はいつも持ち歩く身だしなみグッズ。4問目は飼っている犬の名前です。この時点で30チームぐらい残っています。今回の敗者復活は珍しくクイズと思ったら、すべてヤマカンの問題でした。
 5問目、欠かさずやっていることで、2チームだけ不正解。6問目は同期の芸人を当てるというもので、急にクイズっぽくなります。7問目、白いスーツを何着持っているか。8問目、実家の神社を継いだら何代目というので、この時点で残っているチームが復活になります。全部で6チームぐらいでしょうか。10チームを下回っていますが、追加合格はありません。10チームを少し超えたところで止めて「全部合格」という演出がなかったのは珍しい。

 終わるとディレクターが舞台に子どもを上げました。父親がいないというのです。高校生クイズのステージで迷子探しをするのは初めてです。見つかるまで、次に進むわけにはいきません。父親が発見されるまで10分近くかかりました。

 14時を回ってペーパークイズです。今回も制限時間は30分。なぜか「残り18分」と言いに来るラルフ。その間にブーブーゲートと決勝の設営です。
 狩野のライブがあります。2月にCDを出したということで、曲を歌います。なんと、お笑いは一切やりませんでした。
 このあと、いろいろ曲が変わる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月28日 (水)

汐留博覧会

 昨夜の「雑学王」で、「みんなでニホンGO!」の横澤彪が番組内容を理解していない回のネタが使われていました。しかしそれを直接聞く問題というのは無理があって、全員不正解でした。詳細に見ていると、いろんな他メディアからネタをかき集めているのがわかりますね。一方で、高校生クイズの第1問が雑学王で見たネタだったりするわけですが。

 さて、日本テレビでは今年も夏休みのイベントをやっています。今回は汐留博覧会というんですね。高校生クイズのブースを見に行ってきました。
 今回初めて、いつもの場所ではなく一番低いエリアにあります。隣のイッテQやDEROのブースは金がかかるのに、高校生クイズは無料でしかもライオン製品がもらえます。高校生クイズが15分待ちと表示されていて、めでたいことです。早押しですが司会者が三択や○×ばかり出します。メンバーによっては司会者が勝手に問題を作ることもあります。
 モニターには沖縄大会の模様が放送されていました。代表校一覧もありますが、まだ南東北大会までしか表示されていません。その後12チームも代表が決まっているのに。

 ちなみにDEROのブースは、中に入って1分以内に、爆弾の解除ボタンを押すというものです。赤・青・緑・黄があって、中のヒントを解ければ2つにまで絞れます。
 グッズの店にも行きました。Answer×Answerのポスターが張ってあります。ウルトラクイズ公認の大会をするということで、最終的な成績上位者の中から抽選で2人が、本物のウルトラクイズ解答席で対戦できるんですね。そしてウルトラハットのペンとキーチェーンです。サンプルがあったので押してみると、ボタンを押す音と正解と不正解と勝ち抜け音楽(ミシシッピの方)の本物が流れます。ただし音が割れていて、あまりそれっぽく聞こえませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

30回南東北大会(その5)

 ツイッターで、「ちびまる子ちゃん」のベルトクイズQ&Qの回について、アニメ関係者のこういう書き込みがありました。

----(ここから)----

seitennhyohyo @WORLDJAPAN その後、「ちびまる子ちゃん」にゲスト出演した押坂忍さんが、「顔出しだから高いというのはおかしいですよ」と、自らギャラを下げて下さったので、その後の顔出しの方のギャラ相場が安くなって助かったという話もあります。今はどうだかわかりませんが。

seitennhyohyo ちなみに押坂忍さんに出演して頂いたのは「おじいちゃん、ベルトクイズに出る」後編。佐藤が演出をした回なのでよく憶えています。押坂さんは腰の低い、穏やかな方でした。

seitennhyohyo @Ryu_Hikawa 「ベルトクイズ」の回は、音楽やジングルはTBSから、電飾パターンは退職されていたPD氏から詳細な資料を貸していただき、カメラワークは当時のビデオからフレーム単位で割り出して、とかなりこだわってました。出題も飛田さんが矢島さんよろしくキメてましたし(笑)

----(ここから)----

 実際のスタッフの協力を得てつくっていたんですね。

 それでは南東北大会です。次は福島と山形の三択です。合わせて60チームぐらいでしょうか。1問目、o'clockのo'は何の略という問題です。ところが選択肢のofを「オフ」と読みました。正解が4チームしかいなかったのは、これがoffと理解されたからではないのか? 正解したチームに「どうやって正解したの」「カン」「偶然に今の総理大臣も菅さんですけどね」。
 2問目、日本史の教科書問題。この地区ではなぜか、三択で考えるときの音楽がかかっていましたが、ここからやめます。3問目も数学の常識問題です。4問目、音楽の授業で習う問題。5問目は古典文学で、やはり教科書そのものの問題。山形の全問正解が1チームだけ決定しました。
 6問目、地理の教科書通りの問題。10チームぐらい勝ち抜けます。当然「続行」です。7問目、近代史の問題です。王手のチームはすべて正解で、10チームぐらい勝ち抜けました。鈴木アナが完全にこれで終わったような言い方をして、実は「続行」。
 8問目、医学の問題で、高校では習いませんが、クイズ番組には非常によく出ます。1チームだけ勝ち抜けます。9問目、最近ご当地ネタでよく出てくる日光東照宮の問題です。7チームぐらい勝ち抜けます。これで「終了」。

 加藤アナが出てきて敗者復活戦が始まるのかと思ったら、また忘れ物の連絡です。13時半ごろ、今度こそ敗者復活です。今の敗者は100組ぐらいいると言っています。
 この後、忘れ物よりすごい連絡が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

30回南東北大会(その4)

 「ディープピープル」でおもしろかった発言は、英文和訳の問題で漢字を間違えても模試では減点されないが、本番の大学入試では絶対に相当引いているはずだというものです。大学にとっては「これは英語だから」というのではなくて、自分の学校に入る学生が漢字も書けないようではそもそもダメだということですね。
 あと、BSの「気ままに寄り道バイク旅」が新作を含めて、4夜にわたって放送されていましたね。これの第1作が放送されたことを翌年までまったく知らなかったのはなぜか調べたら、そのときテレビなど見られないところに入っていたからだったのでした。

 それでは南東北大会です。三択クイズですが、宮城だけでやります。100チーム以上はいるようです。1問目、これはかなり雑学的な知識で、学校の勉強では出てこないでしょう。2問目は一転して地理の授業の問題です。3問目は理系で、かなりレベルが下がりました。4問目は文学で、これも常識の範囲内です。この時点で全問正解が30チームぐらいいます。1問目以外は普通は間違えません。
 5問目、天文の問題で、これまた雑学知識です。「宇宙のひみつ」とかいう本には載っていると思います。20チーム以上勝ち抜けました。警報音が鳴りますが続行です。さすがに5問で終了にはできないでしょう。
 6問目、ガチガチの文学の問題。これでまた何十チームも勝ち抜けました。すると早くも「終了」。問題テーブルも自動的に下がります。今後、東京などではこういう事態が起こりうるのでしょうか。

 狩野英孝の「ちょっと待った」があります。鈴木「例の番組で、一番結婚したくないと思われている芸人…」。いうまでもなくロンドンハーツです。敗者復活をやるための条件をクリアできなければ狩野にその場で坊主になってもらうと言います。
 狩野が「スタッフー」と言うと台が運ばれてきます。液体窒素が置いてあります。鈴木アナが狩野のバラを凍らせます。そしてバラを復活させろというので、今度はバラの入った氷柱が運ばれてきます。1分以内にこれを解かして取り出せれば、10チーム復活できるそうです。
 まったく解ける気配はありませんが、あと3秒というところでいきなり狩野が氷をたたきつけて割ります。

 この後、英語も読めないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

30回南東北大会(その3)

 昨夜のNHKの「ディープピープル」は予備校講師でした。私が予備校時代に授業を受けた数学講師が出ていました。あれからずっとやっているのか。私の予備校時代というと、帰りに梅田の旭屋書店に寄るために、毎日、曽根崎警察署の前を通っていて、この警察署の入口がどこかわからないと思っていました。将来、入口どころか中の中まで徹底的に知るとは思いませんでした。
 ちなみに次回は漫才師だそうですが、病気療養していた水道橋博士と病気療養に入った中川剛が出ます。

 それでは南東北大会です。11時15分に鈴木アナが登場します。北東北ではゆっくりせり上がってきましたが、ここでは穴から飛び跳ねました。狩野英孝と松下優也を呼んで広報用の写真を撮ります。狩野「東京の渋谷ですごいはやっている写真のかけ声が」と言って「はい、チーズ」。

 第1問は国宝に関する問題です。前振りだけ南東北に関連させていますが、問題自体は非常にいい。今年は○×クイズの比重が低くなっているにもかかわらず、○×クイズの質がやたらと高い。1回の予選で3問しか使わなくていいからでしょうか。ただ今回、○×に3問とも間違えると、敗者復活戦は運のゲームなので、むしろ前回や前々回より○×クイズに正解する必要性は高まっています。
 一方の答えがかなり多い。昨年の代表もそちらにいます。すると鈴木アナが、昨年の青森代表は1問目を間違えたと言います。正解発表はテープが打ち出される方式です。多い方が正解です。

 2問目、この事実は何かの番組で見たような気がします。不正解が3チーム。北東北と同じ展開になってきました。
 3問目、聞いたことのない事実です。元ネタの問題があって、それと同じパターンを探したという感じです。30回になってまだ、○×にこんな事実を見つけられるか。2対1に分かれます。そして正解は1チーム。○×での失格は2チームでした。うち1チームの浴衣の女子は通信制だそうです。
 この後、また問題傾向が戻る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

30回南東北大会(その2)

 以前、このようなことを書きました。

----(ここから)----

 この前、「とってもおいしいです」について書きましたが、今日は有楽町の三省堂書店でサイン会があるというので、すぐ近くなので見に行ってきました。(中略)なぜか「昨日のロケの後、つなぎが見当たらない」と言って、「すぐ調べる課」のピンクのつなぎを着ていました。

----(ここまで)----

 今週の「FLASH」によると、普段置いてあるところにちゃんとあったのに、寝ぼけて「ない」とか騒いでいたそうです。

 それでは南東北大会です。「白いスーツに赤いバラ。南東北出身のイケメンがかけつけてくれました」。狩野英孝が椅子に座ってせり上がってきます。「狩野」と叫んで高校生に「英孝」と言わせます。「ダウン」「タウン」「はん」「にゃ」「我が」「家」「しず」「る」全部高校生がつき合います。自分は築館高校と言ってから、「サンドウィッチマンの仙台商の人は?」ちなみに今日、サンドウィッチマンは楽天の試合の始球式をしているらしい。「泉高校の人は? よく文化祭に遊びに行ってました」。
 この地区で表彰されるのは2校あります。最初は仙台一高。ステージに上がったのは昨年代表です。そして仙台育英です。舞台に上がった女子チームに「好きなお笑い芸人は」と聞くと「しずる」。空気を読みません。狩野が、しずるは東京大会のパーソナリティをやっているから東京に行けば会えるかもと言います。他のタレントが高校生クイズに出演するのを把握しているのか!

 この地区も狩野が完全に1人で進行しています。11時ごろに松下優也を呼びます。2人で結構長く話してから歌になります。次はマニフェスト。「豪華なプレゼントを差し上げます」「イケてる高校生にしちゃう」そして「敗者復活『クイズ』をやる」と言ってしまいます。
 狩野「さっき言われたんですが、敗者復活は必ずあるとは限らないんですって。敗者復活をできなかった県もあると、2ちゃんねるで読みました」。もし本当に2ちゃんねるにそう書いてあったら、まさに2ちゃんねるの面目躍如です。
 この後、またそういう残り方。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

30回南東北大会(その1)

 1カ月ほど前の「スタジオパークからこんにちは」のビデオを見ました。ゲストは島崎和歌子です。「オールスター感謝祭」で島田紳助に怒られたことがないと言っていました。若手の3人組のコントグループには怒るらしいですが。そして紳助の言葉として「女性は少女からおばはんになる間が大事なんや。どこへやった」。さらに「熟女ライフを支える親友はマツコ・デラックス」として、マツコがVTR出演していました。これだけNHKに出ない人の話が出るとは。「徹子の部屋」にマツコが出たときはひたすら真面目でしたが、今回は暴言連発で、NHKでやるとおもしろかった。

 それでは7月18日の南東北大会です。七北田公園に着くと、すでに決勝のセットがあるのがわかります。そういえば、今回の舞台は六角形を基調にしたデザインになっていて、ヘキサゴンか雑学王かと思ってしまいます。
 それより注目なのが、河合塾のブースがあることです。参加者に対して抽選会をやっていて、○×と河合塾のロゴをデザインしたようなグッズがもらえます。

 前説のスタッフが、テレビに映るコツとして、カメラの前でピースをするような女子は編集で切られると言います。一生懸命取り組めということだそうです。あと、優勝県を予想する投票箱の看板は、過去の優勝校が書いてあって、日本地図でその県だけ色がついていることがわかりました。

 加藤アナが出てきて、まずは落し物のお知らせ。そして先日、仙台育英に取材に行ったそうです。今年は各地区でこういう事前取材をやっているようです。築館高校はいるかと聞きます。「この後、ゆかりの人が出てきます」。
 そして務台社長です。「山形放送、福島中央テレビ、ミヤギテレビを代表してエールを送ります。宮城のテレビ、ミ~ヤテレの社長の務台です。ライオンさんの尽力で30回になりました」。第1回、第2回、第5回、第7回で南東北が優勝したことを言って、「君たちはそのDNAを継いでいます。最初はよかったんだけど。V字回復のチャンス。君たちが元気で燃えれば東北の景気も良くなる」。
 ライオンの東北エリア統括の人が異常に声を張り上げます。この人も「全国高等学校選手権」と言ってしまって言い直します。

 この後、そんな他人の仕事を把握しているのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

30回北東北大会(その11)

 「Seventeen」に高校生クイズの記事が載っているという情報を得て、読んでみました。1ページの3分の2ぐらいのスペースをとっていて、宇治原と鈴木アナのインタビューが載っています。高校生クイズで知り合って結婚した人もいるそうですというのは、私には不愉快な情報です。いまだに宇治原が「うんちく・しりすぎ」にレギュラー出演していると書いています。
 宇治原からのアドバイスの一つとして、「極秘の冊子を入手すべし」。強いチームはみんなこういうのを持ってるのを見たというのですが、これってどうやら、クイズマニアのオープン大会の問題集のようなのです。つまり現在の高校生クイズで勝つには、そういうマニアの世界に入ってオープン大会のクイズ専用知識を覚えることだということを図らずも表明してしまっていますね。それをSeventeenの読者にやらせる。

 それでは北東北大会です。秋田の決勝は、秋田の昨年代表でない方が王手。昨年代表があせったか、16問目で押して間違えます。17問目、「うんとこしょ、どっこいしょ」で秋田南が押して不正解。「どこの国の話?」でした。
 18問目を秋田南が正解。19問目、正解は「単刀直入」ですが、学校名を呼ばれる前に昨年代表が答えます。鈴木「単刀直入すぎるぞ」。
 20問目は聖隷が不正解。21問目は秋田南が正解して、22問目は聖隷がまた不正解。これで0ポイントになりました。
 23問目、ウルトラクイズで聞いたことのある問題で明桜が正解。これで4ポイント。次を秋田南が正解してここも4ポイント。次は聖隷が取って0ポイントを脱します。ここで各チームが急にボタンのチェックをします。

 26問目「イモリは両生類、ヤモリは」で王手チームが押します。しかし不正解。「ではコウモリは?」でした。これは新しい問題のフリです。
 27問目、秋田南が不正解。28問目を秋田が正解して再び王手。29問目、聞いたことのない元素の問題を正解して秋田が決定しました。沖縄でもありましたが、授業で出てこない元素の問題にやたらと答えられるのは、クイズ研系は周期表をよく見ているのでしょうか。
 代表になったのは、三択で負けたチームだそうです。16時半ごろ終了しました。余った参加賞のゼリーを我々にもくれます。
 そういえば、この予選では芸能問題が出ませんでした。やはり沖縄で出たのは、事前番組で「芸能問題も出る」と示すためだったのか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

30回北東北大会(その10)

 以前、このようなことを書きました。

----(ここから)----

 実は、2ちゃんねるの世界では、小島慶子といえば大前ということになっていて、いろいろ書かれています。(中略)小島慶子の番組と関係ない時間帯に、小島と外山恵理のトークを有料配信しているというCMが流れると、

846 :名無しさん@ON AIR:2010/02/10(水) 23:42:34.29 ID:JmWQCfBG
女子アナの駄話に金払う奇特なかたはどのくらいいるのかしらん

854 :名無しさん@ON AIR:2010/02/10(水) 23:43:11.22 ID:i64Ls3my
>>846
大前さんなら確実に払う

----(ここまで)----

 2ちゃんねるのTBSラジオ実況スレッドで、私の発言を特定して「大前」と指摘するというのが半年以上にわたって続いています。
 ところで本日発売の週刊プレイボーイに小島慶子の3ページにわたるインタビューが載っています。これについて書いたところ、

----(ここから)----

692 :名無しさん@ON AIR:2010/07/20(火) 13:10:07.61 ID:dFYY3L06
プレイボーイに3ページも載ってたな。

----(ここまで)----

 アクセス規制のために2ちゃんねるに書き込めない人のための実況避難所に、

----(ここから)----

573 :流浪の名無し実況難民:2010/07/20(火) 13:11:55.70 ID:Uz75NKvs
本スレ 692 は

この後、高校時代でピークが来てしまった大前さんがあんなことをする。

----(ここまで)----

 それは一番言ってはいけないことだろ。

 それでは北東北大会です。秋田の決勝には秋田が2チームいます。うち1チームは昨年代表です。昨年とはメンバーを替えたそうです。
 1問目は次回のサッカーワールドカップの開催国です。「カタカナ4文字」というヒントが出ます。秋田南のみ不正解。2問目、万博のEXPOを略さずに書きます。秋田南の答えが「excite-position」。正解より難しいことを書いてるじゃないか。全チーム不正解です。3問目は確率を計算する問題で全チーム正解。

 4問目、スポーツの問題を昨年代表が正解。5問目はもう1チームの秋田が取ります。6問目、「長靴をはいた」で聖隷女子短大附属が押しますが不正解。「では『長靴下の』といえば何?」でした。
 7問目は料理の問題でスルー。女子向けを出しても答えてくれません。8問目の正解は「たちあがれ日本」です。放送日には参院選が終わっているので出題できます。明桜が正解します。
 9問目、「安心したときなで下ろすのは胸」で秋田南が押します。「肩(の荷が降りる)」を正解。10問目、「江戸の三大改革」で明桜が押して、勘で寛政の改革を正解します。4ポイントになりました。ここでなぜか急に、今日が誕生日であることをアピールします。

 次は明桜が不正解。12問目は「イギリスは1600年」で秋田の昨年代表でない方が正解して4ポイントでトップになります。さらに次も連取。14問目を聖隷が取った後、15問目「708年に発行され」で秋田が正解して王手になります。
 この後、高校時代でピークが来てしまったので、秋田の対戦はまだまだ終わりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

30回北東北大会(その9)

 先日、ある用事で仙台に行きましたが、仙台駅構内にあるマクドナルドの電源コンセントがすべてふさがれていました。渋谷や池袋で電源があるとされるマクドナルドも、すべて撤去されています。もともとビジネスマンのパソコン利用を想定していたのが、女子高生の携帯電話充電に使われて居座られるということではないかと思います。これでは某ブログの予選リポートがなかなか書けません。

 それでは北東北大会です。青森の決勝は弘前が3チームいます。3チームのうち混成を中央に置いて、左から2番目と4番目に弘前以外のチームというのは、岩手と同じ配置です。
 1問目、小惑星探査機のはやぶさを答える問題です。八戸東のみ不正解。青森で「はやぶさ」が正解の問題を出すならなぜ、東北新幹線の新青森までの列車名を聞く問題にしないのか。2問目、「だざいおさむ」を漢字で書くというものです。このコーナーの問題は、25~27回の準決勝っぽくなってきました。正解は弘前の混成と八戸東だけです。3問目、カーリングを英語で書きます。全チーム不正解。

 4問目、「あんたがたどこさ」の問題。八戸東が正解して自分で驚いています。5問目は弘前。またエコノミクス甲子園的な問題です。6問目は黒石が不正解。7問目は弘前が正解です。生活関連の問題が続きます。8問目は一転して学校の授業そのものの問題が出て、八戸東が押して答えられません。すると9問目は小学生でも答えられるような問題が出て、八戸東が正解。
 10問目、正解した黒石に「黒岩」と言ってしまいます。11問目、パソコンの問題を弘前が正解して4ポイントに。12問目は難しい慣用句の問題を八戸東が押して不正解。13問目は簡単なことわざの問題を弘前が正解して5ポイント。早押しに入ってから弘前は1チームしか答えていません。
 14問目、「豊臣秀吉の全国統一は西暦何年?」。年号の覚え方を言っているのでわかるのですがスルー。正解を読むとき「1990年です」。秀吉は平成になってから全国統一したのか。収録し直しもしていませんでした。

 15問目、正解は「上場」です。この問題文では答えられないでしょう。まさにエコノミクス甲子園の問題文。16問目、また秀吉に関係ある問題が出て、弘前が王手。
 17問目、弘前の他のチームが初めて正解します。18問目は八戸東が正解。そして19問目で弘前が答えて決定しました。

 この後、秋田は長くなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

30回北東北大会(その8)

 当ブログの検索フレーズを見ると、先週の「雑学王」で出題されていた事実が検索されていました。そんなこと書いたっけと思って調べたら、「19回東北のYES-NOクイズ」に載っていました。つまり雑学王の問題は、タイミングから考えて、関係者が当ブログを見てネタをとったと思われます。ところで、調べる過程で、「19回東北のYES-NOクイズ」を誤って2回掲載していたことを発見しました。ちなみに「23回仙台大会(その1)」も誤って2回載せています。

 それでは北東北大会です。岩手の決勝の1問目、宮沢賢治の作品名を答えさせるものです。正解は水沢と盛岡第一の混成チームのみ。2問目は宇宙航空研究開発機構の略称を答えるもので、盛岡第一の1チームのみ不正解。3問目、「うちわとせんすに共通する漢字」ですが、「うちわ」のアクセントが間違っているため、一瞬問題の意味がわかりませんでした。やはり正しいアクセントは大事ですね。全チーム正解です。

 早押しセットに移動するとともに雨が降り出します。4問目、消費者庁を答えさせる問題ですが、聞いたことのない前振りだったためスルー。5問目は福岡が正解して3ポイントに並びます。次は水沢が正解して4ポイントでトップに。7問目、「天気記号で黒丸は何?」。ちょうど空が雨雲で覆われたときにこの問題が出ます。水沢が正解します。
 8問目はスルー。9問目、10問目と、盛岡第一の違うチームが正解します。この地区の問題は、今さらクイズ番組で出なさそうな基本的なことを聞いてきます。11問目、「知事で最年少」で盛岡第一が押して橋下徹を当てます。これで4ポイントですが、次を水沢が取って王手。

 13問目の正解は「フードマイレージ」でスルー。いかにもエコノミクス甲子園的な問題です。この対戦は、スルーで答えが出るたびに「ああ~っ」という声が上がります。14問目、盛岡第一の1ポイントのチームが不正解。「これでポイントが0になってしまいました。明日のチャンネルはNEWS ZEROでお願いします」。ところがそのチームが今度は2問連続正解。マイナスになると失格なのか確認できませんでした。
 17問目、「物価上昇はインフレーション」で盛岡第一の混成が押して「デフレーション」でブー。正解はスタグフレーションでした。18問目、水沢が正解してようやく決定です。大騒ぎします。鈴木「これほど喜怒哀楽を表す高校生が最近いたでしょうか」。福澤が末期のころいつも言っていたことですね。
 この後、歴史をくつがえす間違い。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月18日 (日)

30回北東北大会(その7)

 書くのを忘れていましたが、ヤフーが「○○甲子園」の検索ワードランキングを発表していましたね。10位までは、ダンス甲子園、音楽甲子園、K-1甲子園、俳句甲子園、書道甲子園、スイーツ甲子園、写真甲子園、お笑い甲子園、ディベート甲子園、パソコン甲子園です。ちなみにその下には検察甲子園(高校生が裁判での検察官の技術を競う。法務省の一般公開のとき見たことがある)や、「クイズ甲子園」(高校生クイズのこと)も入っているそうです。でもエコノミクス甲子園はないんですね。

 それでは北東北大会です。ペーパークイズの青森の結果発表。15チーム目の弘前がピンポン。16チーム目がブー。これで残った弘前が勝ち抜けです。
 秋田は6チームしかいないので、1チーム落ちるだけです。どうやら、三択で残ったのが6チームということではなく、最初から6チームしか参加していなかったらしい。私は気づきませんでしたが、敗者復活の前に秋田のチームを呼んで全員合格にしていたという証言があります。1チーム目、ピンポン。2チーム目、ピンポン。3チーム目、ピンポン。4チーム目、ピンポン。5チーム目、ピンポン。これで残った1チームが失格です。そういう並べ方をするか。15時前に終了しました。

 ここで遠くから雷の音が聞こえ始めました。早く収録を終わらせなければいけません。
 決勝のルールは沖縄と同じですが、この謎のセットの意味は、筆記と早押しの解答席を別にしてあるのです。最初は前にある解答席で筆記をやって、後ろの解答席に移って早押しをします。このとき、無人の筆記解答席は前に映ったままです。使わないセットを映したままにするクイズというのは史上初です。そしてこの地区では、0ポイントで不正解だと失格とは言いませんでした。実際にその場面が起きてみないとどうなるのかわかりません。
 岩手の決勝のスタートとともに雷鳴が聞こえます。そして風で早押しテーブルが倒れます。各チームに一言ずつ意気込みを叫ばせるだけで、インタビューはありません。盛岡一高が3チームいます。
 この後、それでは意味が違う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

30回北東北大会(その6)

 「アルクメデス」で最も驚いたのは「あたしまにあゃな」です。放送日翌日の日付で過去100年に起きた事件についての問題を次々と出すのですが、「あしたまにあ〜な」の忠実なパロディーなんかやってどれだけの人がわかるんだ。かつてテレビ朝日で平日の0時前後にやっていたミニ番組です。ちゃんとナレーターに濱田マリを起用しています。しかも次のコーナーが「ベストヒットUSA」のパロディーです。

 それでは北東北大会です。ペーパークイズの結果発表。岩手の1チーム目はブーで2チーム目の水沢がピンポン。その後ずっとブーが続きます。さっきの三択で1問も正解できていなかったバルセロナのユニホームのチームもいつの間にかいました。
 12チーム目の盛岡第一がようやくピンポン。そしてまたブーが続きます。出てくるチームがほとんど盛岡です。18チーム目の盛岡第一がピンポン。20チーム目の盛岡第一の混成チームがピンポン。まだかなりチームが残っています。
 24チーム目の福岡がピンポンで、残りの7チームが失格になりました。

 次は青森です。4チーム連続ブーで、5チーム目の女子がピンポン。黒石です。次の女子もピンポン。八戸東です。
 ここからまたずっとブーが続きます。残り枠が3つあるのに、もう5チームしかいません。13チーム目の弘前がピンポン。14チーム目も弘前ですが、髪の毛を「30」という形に剃っています。今どきこんなことをしてくれる参加者がいるか。 しかしブー。
 この後、不穏な雲行きに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

30回北東北大会(その5)

 水曜日の「お願い!ランキング」で、テレビ番組のリサーチャーたちに伊集院光が無理難題を出して、いかに早くネット検索できるかというのをやっていました。プロの検索テクニックという割にはそれほど特殊な機能は使っていませんでしたが、ファミレスで請求書を入れる、上が斜めにカットされた透明な筒を1つ買いたいというのでは、問題には出てこない「合羽橋」という単語を加えて検索していました。ここには売っているだろうということです。伊集院が、ネットに頼るだけでなく自分の知識を使うことが重要だと言っていました。

 それでは北東北大会です。テレビ岩手のアナウンサー2人が出てきて敗者復活です。いとうあさこが、自分は「エスパーいとうあさこ」だと言い出します。3枚のESPカードのうち、いとうがどれを選んで念を送ったかを当てるというものです。今年はクイズのルールが全部同じ代わりに、敗者復活戦が地区ごとに違うのか? 念を受ける高校生に片足を上げさせます。ここで「あなたの知らない世界」の曲がかかります。当てたのは12チームで、当然、全員復活が認められます。

 会場後方で、決勝のセットの設営が始まりました。しかし形が特殊です。後方に5チーム分の解答テーブルが並んでいて、その前に別のV字形のテーブルがあるのです。もしかして沖縄と違うところがあるのか? 
 13時過ぎから準決勝です。ペーパークイズの制限時間が30分になりました。各県5チーム勝ち抜けは変わりません。鈴木アナが、決勝会場は今日が誕生日のスタッフを中心にセッティングが行われておりますと言います。
 ペーパークイズが終わると、いとうのネタがいつの間にか始まっています。武富士ダンサーズをやります。続いて抽選会です。サイン入りリボンは、前日の事前番組で言っていました。これはジャンケンで決めます。次に40歳で処女作とかいう本にサインを入れて。松下優也のサイン入りポスターとスタッフTシャツ(うち1チームはラルフサイン入り)があって、図書カード1人1000円もあります。これで賞品がなくなったと言ってから松下のポスターを再び出して、またジャンケンです。なぜかテレビ岩手のグッズはありませんでした。

 14時半ごろ、結果発表です。ブーブーゲートが1台しかありません。1チームずつやってもすぐ終わるくらい、もともとの参加者が少なかったということですね。まずは岩手です「20以上のチームがいる」と言っています。この後、そんな髪型に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

30回北東北大会(その4)

 今夜からNHKの「アルクメデス」が期間限定でレギュラー放送されますね。クイズの問題自体は極めてまともなのに、わけのわからない民放のパロディーなどで、単なるおふざけ番組に見せかけるという高度な演出です。昨年やったのを先週金曜日に再放送していて、ビデオをとり損ねたのですが、大相撲がないおかげで、昨日BS2でやったのを録画することができました。

 それでは北東北大会です。三択の7問目が終わって、舞台上の正解を出すところの上が開きます。すると「続行」と書いてあります。しかも「続」と「行」の間に「\(^o^)/」です。一昨年の水がかかるボックスとか、昨年の問題数表示のタワーとか、毎年セットに何らかの仕掛けがつけられていますが、今年はこれでした。
 8問目、語源の問題で、クイズ的には常識です。5チームほど勝ち抜けます。再び警戒音と回転灯です。そして「続行」。9問目はベートーベンについて。最後列のバルセロナのユニホームを着た女子がようやく正解します。「続行」です。
 10問目、和服についての問題。大人ならわかります。最前列の全チームが正解。するとここで「終了」。「終」と「了」の間は「(T_T)」です。鈴木「楽しい夏休みも終わりです」。まだ夏休みは始まっていないんだけど。

 「タッチ」の曲がかかって、いとうあさこです。この前、鎖に足が引っかかって、じん帯を2カ所傷めたそうです。敗者復活を要求します。すると条件は、Y字バランスを15秒以上成功させること。15秒だと1チームで、それから5秒延びるごとに復活が1チームずつ増えます。いとう「チャンネル違いますけど、赤い布のやつでは10秒もやってません」。しかし結局1分間やって、復活は10チームになります。ところでこの地区では、○×で負けたチームも復活の対象とは最後まで言いませんでした。あの水沢はどうなったのでしょうか。

 この後、今年はそんなところが違うのか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月14日 (水)

30回北東北大会(その3)

 今週の「ネプリーグ」で衝撃の事実が公表されました。フジテレビの女子アナのチームとの対戦だったのですが、女子アナの一人が「漢検2級を持っている」と言います。すると、他の人たちもみんな、漢検2級を持っていると言います。そして、それが入社の条件になっているというのです。つまり、フジの女子アナが番組であまりにもバカ丸出しなので、知的レベルにそんな制約を設けなければならなくなったということだろ。本来の採用試験はどんな基準でやってるんだ。

 それでは北東北大会です。○×クイズで2問不正解で残っているのは水沢だけです。3問目、「君たちは地元岩手県出身ということで、秋田県の問題を出したいと思います」。秋田犬に関する問題ですが、このネタ自体は高校生クイズの過去問はじめ、クイズの定番です。水沢は○を選びます。正解表示は回転させずにいきなり「×」。鈴木「…からの、とかないよ」。

 11時半ごろ終了して、10分後ぐらいに再開です。「さっきと私の司会まったく変わっておりません」。事実上、○×クイズが始まるときと同じチーム数がいるわけですから。前進三択クイズです。ディレクターが「チームリーダーは(三択の札を上げるために)荷物をチームメイトにもらってください」。鈴木アナが「もらっちゃダメですよ」とつっこみます。
 1問目、オリンピックにちなんで世界地理です。これは難しくて正解は少ない。2問目、日本地理ですがクイズ番組ではよく出る問題です。これが出るとなると、クイズ研系を残そうとしているのかと思います。3問目、料理に関する問題で、これもクイズ番組的な知識です。4問目、「君が代」に関する問題。これはまさに学校の勉強が問われます。意外と正解が少なくて、この時点で全問正解は女子1チームだけです。
 5問目、いきなりまったく聞いたことのない事実が出題されます。小学校で規定されているサイズついて。「定規を使ってもいい」と言います。問題を出して道具の使用を認めるなんて前代未聞です。この問題で勝ち抜けが出ません。

 6問目、また料理に関する問題で、クイズ番組的な知識です。かなり簡単だと思ったのですが、意外に答えが分かれます。最前列にいたチームは全部勝ち抜けます。7問目、童話に関する問題で、正解が多い。4チーム勝ち抜けます。まだ全問不正解もいます。
 ここで舞台の回転灯が光って警告音が鳴ります。残り座席が減っているという意味だそうです。問題を続けるかどうか示すのは、沖縄では○×の正解発表に使う垂れ幕でしたが、それ以外の地区で使うセットには、このための仕掛けが用意されていることがわかりました。逆に言うとどの地区でも同じルールだということですね。それについては次回。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010年7月13日 (火)

とんでもない文章

 毎日新聞の記事。

----(ここから)----

国際数学五輪:高3の日本人2人が金メダル
 カザフスタンで開かれた「第51回国際数学オリンピック」で、灘高(神戸市)3年の井上秀太郎さん(17)と久留米大付設高(福岡県久留米市)3年の岸川滉央さん(18)が金メダルを獲得したと文部科学省が12日、発表した。
 岸川さんは09年に続き、2年連続の金。
 灘高2年の清水元喜さん(17)、同1年の北村拓真さん(15)、甲陽学院高(兵庫県西宮市)2年の越山弘規さん(16)の3人が銀メダルを獲得した。
 この大会は世界の高校生らが実力を競い、10年の大会には96の国と地域から、計517人が参加。筆記試験の得点で上位約9%に金メダル、約20%に銀メダル、約22%に銅メダルが授与された。09年のドイツ大会では日本は5人が金、1人が銅だった。

----(ここまで)----

 高校生クイズはこの人たちにダイレクトメールを送るのだろうか。

 世界のトップになるといえば、J-CASTでの横澤彪の連載については以前書いたことがあります。はっきり言って名物プロデューサーの晩節を汚すかなりひどい内容なので、あまり読まないようにしているのですが、たまたまこのような文章が目に入りました。「みんなでニホンGO!」についてです。

----(ここから)----

 この日の問題は「とんでもございません」。女優の山本富士子がミスユニバースに選ばれてほめられたときに言ったという有名なセリフだが、日本語として正しいかどうか――。答えはノーで、正しくは「とんでもないことでございます」なのだそうだ。いまや、違和感なく「とんでもございません」で通用しているのだから、そんなのどうでもいいじゃないかと思うのだが、番組では「とんでもないことで~」が使われなくなった歴史やら理由を延々とおやりになっていた。

----(ここまで)----

 この文章、完全に間違っています。この回の番組は、「とんでもございません」が日本語として間違っていないという内容です。最後に「山本富士子さんの名誉は守られた」と言っていたのを聞いていないのか。歴史についてやっていましたが、「とんでもないことでございます」が使われなくなった歴史ではありません。横澤はここまでいい加減に番組を見て評論を書いているということが露呈してしまったのです。

 フジの○澤といえば、昨日の「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングは福澤朗でした。去年まで裏番組の司会をやっていたのに。国勢調査のイメージキャラクターになったそうです。トークの内容は大半が、昨年出した本で紹介していた滑舌棒のことで、後半はタモリと2人でずっと滑舌棒をくわえながら話していました。ところで、最初に出る人物紹介の字幕では、「高校生クイズのファイヤー」にちゃんと言及されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月12日 (月)

30回北東北大会(その2)

 昨日、読売テレビで「す・またん!&ズームイン!!大反省会スペシャル」というのをやっていました。何かと思ったら、今日から読売テレビでのズームインは完全に関西ローカル(全国ニュース以外は日本テレビの映像を一切受けない)になるんですね。「おはよう朝日です」に対抗しようとしているのでしょうか。高校生クイズと並ぶ、ネット局の協力の象徴だったのに。これでズームインで地区大会情報とかスーパーオリラジチャンス生放送とかはできなくなるか。

 それでは北東北大会です。舞台からアナウンサーはいなくなっていて、完全にいとうあさこが進行役です。昨年の鳥居みゆきと違ってひたすら真面目に進行します。盛岡第一がいとうに、「棒読みしてたね」と言います。
 松下優也を呼びます。松下がいとうに「その服装を見るだけで笑けてきました」。いとうが「あなたが生まれたとき、私は二十歳」。松下の母親は41歳だそうで、「大丈夫、ギリギリ下」。松下が2曲歌って去ります。
 いとうがマニフェストを出します。これは自分で書き込むらしい。「頑張った人にはプレゼント」「わき汗も見せる」そして「いっぱい敗者を復活させてあげる」。

 11時に鈴木アナが登場します。今回は中央の穴から後ろ向きにゆっくりせり上がります。「自称アナウンサー日本代表、ラルフ鈴木です。好きなデパート、川徳です」。今年はデパートで地元民の関心をひこうというのか。熊本は鶴屋とか広島は福屋とか。「櫻井翔くん、メル友なんですよ。3回送ったら1回返ってくるかどうか」。
 ○×の1問目、いい問題ですが、地域にも時事問題にも関係ありません。しかし一方の答えに3チームしかいません。正解発表はドラム缶から水が吹き上がる方式です。鈴木アナが傘を用意します。そして圧倒的に多い方が正解。勝ち抜け証明の缶バッジのことをラルフはピンバッジと言い続けます。

 勝者が出て行く間に舞台の上をモップで拭きます。2問目、これも非常にいい問題です。むしろこちらを1問目にするべきだったのではないでしょうか。3チームだけに出すのはもったいない。私が何度も書いてきた、第1回から必ず出ているパターンの問題の変形です。しかも正解はあちらです。これで正解が2チーム。3問目は史上初、1チームだけに出題されます。そして史上初の○×クイズ全チーム通過なるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

30回北東北大会(その1)

 先日、このようなことを書きました。

----(ここから)----

 NHKオンデマンドを何気なく使っていて、大変なことに気づきました。「あさイチ」と「テストの花道」が配信されているではないか! ジャニーズがネットでの動画を解禁したのか。もしかしたら、これらの番組にレギュラー出演させる条件として、オンデマンドで流させるというのがあったのかもしれません。

 ジャニーズがゲストで出る番組は、今でも配信されないことがわかりました。「鶴瓶の家族に乾杯」は、先々週と先週だけ何の断りもなく配信されていませんでした。

----(ここまで)----

 テストの花道のホームページを見ると、城島茂の写真が使われています。この番組については静止画も含めてネットで流させるという契約なんですね。どうでもいいことですが、「あさイチ」のセックスレス特集は、なぜか同じ日の他の番組より1日早く配信を停止していました。

 それでは7月4日の北東北大会です。このところ、岩手での予選は必ず最後の方なので、盛岡中央公園に来ると「今年の高校生クイズももう終わりか」と思ってしまいます。舞台は例によって骨組みは同じで、部分的に板を張り替えています。

 10時20分過ぎに前説が始まります。参加者に配られるアハ!タオルの説明があります。やはり何かわからないものが載っていて、その答えは8月11日に番組ホームページで発表されるそうです。注意事項の中にさりげなくキレイキレイ泡タイプの宣伝が入ります。海外旅行が当たるという話で蔦アナが高橋アナに「先週、新婚旅行でバリに行ってきたばかりじゃないですか」。
 テレビ岩手の専務取締役が「ライオンに感謝感謝」。そしてライオンの東北地域統括が開会宣言します。

 「昨日の事前番組を見た方」と聞きます。なぜかテレビ岩手は事前番組をいつも日本テレビと同時ネットします。過去には全国でテレビ岩手だけ同時ネットだったということもあります。
 「美貌とアクションとわき汗で皆さんを応援してくださる方」と言って、「タッチ」の曲が流れます。いとうあさこが「16歳の人は? 17歳? 18歳?」。さすが年齢にこだわります。「18歳も結構来るんだ。だっていとうあさこに会いたかった? おまえ、その言葉の責任取れよ」。
 レオタードの胸から台本を取り出します。そして参加チームの最も多い学校の表彰です。盛岡第一ですが、参加は8チームらしい。8チームでトップになるくらいの参加者数ということです。舞台に上がったチームに「お母さんの歳いくつ?」と聞いて、「五十…」と答えかけると「ああ、もう大丈夫だからいい」。
 この後、今年はケンミンSHOWか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年7月10日 (土)

30回沖縄大会(その10)

 昨日の「教えてMr.ニュース」は、最初のコーナーが池上彰の国際ニュース検定になっていました。前回全然できなかったのでレベルを下げたそうです。確かに前回、ニュースの常識として、アイスランドで噴火した火山の名前を答えさせていました。エイヤフィヤトラヨークトルなんて聞いたことがありません。古新聞をひっくり返したら、確かに書いてありましたが、これを覚えるというのは無意味でしょう。でもクイズのオープン大会をやる人は、こういうのこそ嬉々として出題して、答える方もこんな知識を狙って覚えるんでしょうね。これは今年の高校生クイズ全国大会には出るかもしれませんね。

 それでは沖縄大会です。決勝の9問目は昭和薬科の全員メガネの男子が取ります。10問目、黒船が来たときの上喜撰の歌の、上喜撰とはどんな飲み物かという問題で、ペーパートップの女子が押します。そして「抹茶」。ただの茶なら正解なのに余計なことを。
 11問目、メガネが正解、12問目はさらに別の男子が取ります。

 12問目終了時で得点は52435。結局女子が最下位になっています。13問目を2年生が取って王手です。しかし3ポイントの男子が14問目、15問目を連取。さらに女子が2問連取です。これで64455になりました。非常にいい勝負です。

 18問目、最後まで聞くと簡単ですが前振りはわかりません。これを満を持して押した2年生チームが正解して決定しました。終了は16時半です。

 今回の早押しの問題は全体にレベルが抑えられていて、普通の高校生でも十分答えられます。ただこれは、芸能問題が出ることと併せ、沖縄大会の模様がほぼそのまま事前番組第2弾で放送されるので、「誰でも出られるクイズ」と偽装するためにそういう問題を出しているのではないかという疑念が消えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 9日 (金)

出演者紹介の事前番組(その4)

 前回このようなことを書きました。

----(ここから)----

 1カ月前の「笑ってコラえて!」のビデオを見ると、スペシャルゲストクイズで石塚英彦が「雅山」と2回答えています。石塚は以前に出演したときも雅山と言っていたような気がします(ちなみにスペシャルゲストクイズで圧倒的に多い誤答は「温水洋一」)。

----(ここまで)----

 先日、読売テレビで1年前の回が再放送されていて、たまたま石塚が出ていました。このときは「豊ノ島」「安美錦」と答えていたことがわかりました。さらに「温水洋一」とも言っていました。

 それでは事前番組です。沖縄大会の決勝でペーパートップの女子チームが押したところでCMです。しかし不正解。誤答でマイナスポイントになることも放送されます。そして勝ち抜けが出る問題です。

 タレントに戻ります。COWCOWの子どものころの写真が出て、当時からチェックを着ていたことがわかります。パンクブーブーは写真だけです。響はミツコのセーラー服をプレゼント。そしてジャルジャルは近畿大会にオールバックで出ると宣言します。
 ここでCMをはさんで、さらにジャルジャルのクリアファイルとメモ帳とストラップをプレゼントすると言います。松村邦洋は2年生のときに留年して修学旅行に2回行ったそうです。
 次に上杉周太はギターをプレゼント。上杉に限って、視聴者が知らないことを前提として北海道で大人気のといった注釈がつきます。ハライチはDVDをプレゼント。後は、オアシズとモンスターエンジンをナレーションですませて、残り4組は写真だけです。かつて全国大会に出場した浅越ゴエも。

 最後に、海外旅行が当たるチャンスと番組DVD発売とスカパー!での放送が紹介されます。全地区大会の模様がスカパーで「地上波放送後に」放送されると繰り返していました。昨年、地区大会番組の視聴率に影響したのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

30回沖縄大会(その9)

 1カ月前の「笑ってコラえて!」のビデオを見ると、スペシャルゲストクイズで石塚英彦が「雅山」と2回答えています。石塚は以前に出演したときも雅山と言っていたような気がします(ちなみにスペシャルゲストクイズで圧倒的に多い誤答は「温水洋一」)。もう少し遅ければ放送できないところです。これも1カ月前のテレビ東京の「土曜スペシャル」で、日本橋から犬吠埼まで歩いていましたが、松本明子が「ちゃんこが食べたい」とアポなしで行ったのがよりによって時津風部屋。暴行事件はもう忘れられていたかもしれませんが、これも賭博で再びクローズアップされて危うく放送できないところでした。一方、福澤朗の「すイエんサー」はBSでの再放送はないはずだったのに、大相撲中継がなくなったので放送されることになりました。

 それでは沖縄大会です。決勝の書きクイズの1問目はツイッターのつづりです。正解チームのパトランプが回転します。25回から27回までの準決勝でやっていた形式です。全チーム正解でしたがリアクションがありません。
 2問目、「嵐のメンバーを五十音順に並べたとき、最初になる人物を漢字で書け」。芸能が出るのか! 嵐のメンバーを全員知っているかどうかが難関で、さらに、あいばまさきだとわかっても漢字がわかりません。芸能でこのくらいのレベルの問題が出たら勉強チームは厳しいことになります。「相葉翔」と書いたチームがいます。相葉の下の名前を知らないので、何も書かないよりはマシということで別のメンバーの下の名前を書いたそうです。昭和薬科の2チームと興南が正解します。
 3問目は計算問題です。この沖縄大会、○×の最後の問題も三択の最後の問題も筆記の最後の問題も数学です。数学が出たら終わりという印なのか? 特に制限時間は決めていない模様で、全チーム書き終わるまで待ちます。5チームとも正解でした。

 ここでつい立てとパトランプを撤去して早押しになります。4問目、かなり基本的な問題が出て、昭和薬科の唯一の2年生チームが正解します。これで4ポイントです。5問目はファッション。露骨に女子チーム向けを出してきたか。しかし昭和薬科の男子が正解します。
 6問目を2年生が正解してリードを広げます。7問目、興南がアガサクリスティを正解。読んだことがあると言います。この時点で5チームのポイントは53423。
 8問目、急に難易度が上がった料理の問題が出ます。また女子向けか。しかしスルー。
 この後、女子が余計なことを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

出演者紹介の事前番組(その3)

 教育テレビの「すイエんサー」。今週のゲストは福澤朗です。今回の収録場所はNHKの正面玄関でしたが、NHKホールの横の方から「すイエんサーにジャストミート!」という叫び声が聞こえてきます。そして「ズームイン!!朝!」のテーマ曲で走ってくる福澤。
 実験をやった教授からの伝言を福澤が読み上げます。その中に「そして、突然ですが問題です」。すると福澤は期待通り「ズン、チャッ」。品川祐「どっかで聞いたことある! 燃えているか~っ!」。福澤「ファイヤー!」。しかし流れたのはウルトラクイズの曲でした。

 それでは事前番組です。鈴木アナが興南高校の生徒会長の女子に会って、今からでも出られると言います。次に宮川大輔に似ているという生徒です。そしてハンドボール部に行きます。鈴木アナがPKで勝負して、勝てば翌日の沖縄大会の日に部活を休みにしてもらうというのですが、あっさり負けます。
 学芸大附属に戻って、ダンス部の堀北真希似です。その人に紹介されたイケメンが水泳部で、「濡れた体をアハ!タオルで拭いてみたいと思わない?」。水泳に関する○×クイズを出します。

 タレントの紹介に戻ります。しずるは青春コントで使ったYシャツをプレゼント。いとうあさこは新体操のリボンをプレゼントです。そしてジョイマンは高木の胸毛をプレゼントというオチです。ここで「ギャランドゥ」がかかります。
 ダイアン、麒麟、アンジャッシュはコメントが短い。アンジャッシュは県代表に即興コントをつくるそうですが、本当に最後までいるのでしょうか。昨年も有吉宏行が代表にあだ名をつけると放送していて、実際はさっさと帰ったということがありました。

 沖縄大会の模様になります。書きクイズは2問放送して3問目の答えも放送します。そして早押しを2問放送して「一進一退の攻防戦」というナレーションです。さらに2問放送して「王手」。そしてペーパートップの女子チームが押したところでCMになります。
 この後、今年はそんな注釈が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

30回沖縄大会(その8)

 昨日の「徹子の部屋」は金田一秀穂でした。プレッシャーSTUDYで漢字の問題に正解するところと答えられないところの映像が両方使われていました。どちらもかなり前の回のようでした。瓢虫で「てんとうむし」と読むのを知らなかったことについて、中国に行くとヒョウタンがくびれていなくてまん丸なので、初めて意味がわかったと言っていました。

 それでは沖縄大会です。ペーパークイズの結果発表の4列目はブー。5列目に興南がいます。昨日、事前番組の突撃ハイスクールで取材したそうです。予選前日に高校生を勧誘しても出られるようになった高校生クイズ。この列がピンポンで、合格したのは興南です。
 6列目は全部昭和薬科でブー。7列目は昭和薬科が3チームでブー。8列目は昭和薬科が4チームいます。ピンポンで、最初の2チームがブーの後、昭和薬科が2チーム続けて合格。これで残り1チームです。
 9列目、ブー。10列目、ブー。11列目、ピンポン。これで残りの列は失格です。最後の列のみ、赤ゲートに立つチームの立候補を募ります。最初に昭和薬科の女子が立ってブー。次の女子もブー。次の男子もブー。その次の男子もブーで、最後まで残った昭和薬科の男子が決定しました。結局、5チーム中4チームが昭和薬科です。

 16時前から決勝です。ペーパークイズでトップだったのは昭和薬科の女子チームです。興南は昨日のラルフの取材で出ることにしたそうです。
 書き問題のセットですが、解答権表示も設置されました。決勝のルールは「書き&早押しクイズ」。書き問題を3問やってから早押しで、合計7ポイント先取です。昨年のエコノミクス甲子園の地区大会決勝と同じルールではないか。そして、早押しで間違えると1ポイント減点になります。地区大会の早押しで間違えると減点というのは、第1回であったような気がしますが、とにかくとんでもなく異例です。さらに、0ポイントの状態で早押しに間違えると失格になります。地区大会決勝のクイズで失格があるというのは史上初です(決勝以外なら20回北陸の準決勝がある)。関東などでクイズ研が無謀な押しをするのを防ぐためのルールでしょうか。
 この後、今年はそんな問題が出るのか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

出演者紹介の事前番組(その2)

 今年は高校生クイズとコラボしていない「クイズマジックアカデミー」ですが、今「全国大会」をやっています。昨年は全国オンライントーナメントと同じで工夫がありませんでしたが、今年のはなかなかおもしろい。ただ、プレー回数が多いほど有利なルールに戻ったので、普通の人は上位を狙えません。また、昨年は全国大会をやると昇級に有利になっていましたが、逆に今回は昇級が遅くなります。

 それでは事前番組です。小島よしおはサイン入り海パンを提供します。ここで流れるBGMが「タモリ倶楽部」のオープニングです。
 そしてオードリーから重大発表があるといいます。関東大会にAKB48のうちの2人が来るそうです。その2人はいったい誰か、というところでCMになります。ところが、CMが明けても結局明かさないまま、その話題は終わりになります。

 ここで「突撃ハイスクール」です。今回訪ねたのは東京学芸大附属高校。茂木健一郎の母校です。ここで「クイズ王子」と「クイズなでしこ」を探します。まず、番組のポスターを見せて、ここについているQRコードで携帯電話で応募できるというのをやっています。BGMは木村カエラです。ところでこのポスター、実物を見ると、いわゆる表面に光沢のあるポスターではなく、プリンターで印刷したものです。こんなところで経費節減が。
 かわいい女子がいるといううわさの天文部へ。ここで○×クイズを出します。第1回で出て、昨年の北九州でまた出た問題です。次にここで、かっこいい男子を紹介してもらいます。バスケットボール部で、本当にイケメンの生徒に田臥の問題を出します。ここで女子を紹介してもらうと、ダンス部に堀北真希に似た人がいるというところで、一転して沖縄の興南高校に変わります。
 ここは鈴木アナ自身が沖縄大会の前日に訪問しました。大会前日の昼に勧誘してそのまま出られるほど、高校生クイズの参加が緩くなっているのです。かつて、参加申込書を返送してさらに予選通知ハガキが届いていた時代が信じられません。
 この後、今度はそんなBGMか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

30回沖縄大会(その7)

 本日の事前番組の裏で、東京では「雑学王」の3時間スペシャルをやっていました。春にやった3時間スペシャルの再放送かと思ったら、4月以降のレギュラー放送を再編集して、今夜決着がつく解答者10人の軌跡をたどったものでした。ところが、ワールドカップ日本戦の裏でまったく見られていない回の問題だけ1問も放送されません。この回の問題を流すのが、視聴者にとっては最も新情報になるはずなのに。まさかこの回は問題を手抜きしていたわけではないよね?

 それでは沖縄大会です。14時前に集合がかかって準決勝が始まります。まだ70チーム近く残っています。準決勝のタイトルは「一Q入魂ペーパークイズ」ということで、昨年とタイトルが同じです。しかし20分で100問という単純なルールに戻っています。決勝へ進めるのが5チームであることも発表されます。結局、大量のチームの中からペーパークイズだけで絞るという方式は変わっていません。

 終わってから、中央の舞台からずれたところで、すぱるたいんづのライブが始まります。続いて抽選会です。その間にブーブーゲートと決勝のセットが設置されます。しかし決勝の解答席にはつい立てがあって、ボードクイズをやる模様です。ついに今年は地区大会での早押しクイズをやめて、「純粋な知識量を競ってもらいます」ということになるのか。

 15時過ぎから結果発表です。昨年と同じ、ダブルブーブーゲートがあります。しかし、5チームずつ乗る青ゲートと1チームずつ乗る赤ゲートで、合格の音が昨年と逆です。青がピンポンで赤がファンファーレになっています。
 1列目、5チームとも昭和薬科大附属です。この時点で、この5チームは全部不合格だけど、最終的に決勝に残るのはほとんどが昭和薬科ということがほぼわかります。昨年からそういう演出のパターンになっています。当然ブーです。そして2列目も全部昭和薬科で、ブー。あまりに昭和薬科が多いので、2列目までこの演出が続きました。
 3列目、ピンポン。1チーム目の女子がファンファーレです。昭和薬科でした。残りのチームは全部ブー。
 この後、今年はそんなことが可能なのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

出演者紹介の事前番組(その1)

A_300_250_1

 ミクシィを見ていたら、こんなバナー広告がありました。これを見るとまさに高校生クイズボタンで、押したくなります。しかし残念なのはYESとNOの色が逆なことです。

 それでは7月3日の事前番組第2弾です。関東では第1弾のときと同様、裏で「雑学王」の3時間スペシャルをやっていて、クイズが好きな人はそっちを見ると思いますが。

 沖縄で司会者が登場するところから始まります。そして番組のオープニングがあって、第1問を発表するSPEEDの映像があります。沖縄大会に出た人は声しか聞けないのに。正解を示す幕が落ちる瞬間にCMになります。「緊急告知 AKB48も参戦決定」だそうです。
 CMが明けて、改めて正解が出ます。するとSPEEDが「間違っちゃった皆さん、まだまだチャンスはありますよ」。そして1問でも正解すれば勝ち抜けというルールを公表します。ということは、他の地区でも同じだということか。ここで一緒に参加していて不正解だった松下優也が映ります。2問目も放送。松下も正解してバッジをもらっています。そして3問目では、現場では言っていなかった解説まで放送されています。163チーム参加して153チームが○×を通過したということまで放送されました。

 ここから、予選会場に来る芸能人のメッセージになります。オードリーの春日は高校時代、高校生クイズに出ようとしたら、友だちが他のチームを組んでいたそうです。オードリーは会場で、サイン入りノートをプレゼントします。このように、各芸能人が何をプレゼントするかを発表します。次は狩野英孝で、サイン入り特別イケメングッズを出すということですが、詳細が決まっていないようです。そしてフォーリンラブ。バービーは高校時代からアンタッチャブル山崎にそっくりという写真が出て、南九州大会の代表チームには「ほっぺにチュー」。そんなのいらないということよりも、決勝が終わるまで芸能人が残るということなのか。
 この後、そのBGMのセンス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

30回沖縄大会(その6)

 クイズ本の間違いといえば、「挑戦!!クイズ王への道」は間違いが多かった。あまりに間違いが多くて、どれが正しい問題かわからないので、クイズの勉強には使えないという代物でした。さらに例えば日本テレビのことを「4チャンネル」と表記してあるなど、読者に対する想像力が欠如している編集でした。
 視聴者参加の復活といえば、また高校生が出た今週のヘキサゴンは、レギュラー放送同士では初めて、「ナニコレ珍百景」の視聴率を下回りました。これで、やっぱり素人を出すのはダメとかいうことになるのかな。

 それでは沖縄大会です。三択が終わったところで、すぱるたいんづが出てきます。結局、敗者復活の要求はあるのか。復活には条件があります。舞台のところからゴムチューブが伸びていて、これを引っ張って、前方にある5本のビーチフラッグを取ることができれば、取った本数だけ敗者復活を認めるというものです。制限時間は2人で1分です。
 しかしこれは高校生の真ん中でやっているので、我々にはまったく見えません。1人目が40秒かけて結局取れなかったようでした。そして2人目がやっている最中にゴムが切れます。これで5チーム復活決定です。

 続けて敗者復活戦が行われますが、ここでようやく、○×クイズで負けたチームも参加できると発表されます。
 そのルールは、チームの代表が歩数計をつけて、1分間体を動かして、歩数計の数を増やしたチームが復活というものです。あの、クイズができるチームを残さないようにするルールになっていた23回のガッツコースの敗者復活戦と同じです。大半のチームが知識クイズで勝ち残っているとはいえ、これは今年の全国大会は一昨年・昨年とは少しずれる可能性がある気がしてきました。芸能問題が出ていることも含め、今年はガチガチ勉強クイズのつもりでやってきた超進学校や数学オリンピックメダリストたちの意表を突く企画をやるかもしれません。

 カウント数260以下を座らせたところで残っているのは19チーム。280以下が座って残っているのは13チーム。310以下が座ると残りは8チーム。ここですぱるたいんづが三好アナに「こんなに頑張ったんですから」と言って、8チームとも復活を認めさせます。
 この後、なぜそれが逆になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

30回沖縄大会(その5)

 「脱出ゲームDERO!」はよくできていて、水曜19時でなければもっと視聴率を取れると思うんですけどね。さて、今夜2時間スペシャルを見ていたら、この番組まで一般視聴者の出場募集を始めました。2人1組で応募するそうです。裏のヘキサゴンにしてもプレッシャーSTUDYにしても、1人で応募するのではないのと、芸能人と一緒になってクイズをやることが特徴です。日本では20年ほど前から一般視聴者がゲームをやる番組が急速になくなって、リアクションのある芸能人にやらせた方がいいということになっていましたが、ここに来てついに転機を迎えたかのように見えます。同じ芸能人ばかりいろいろな番組に出てゲームをするのが飽きられたということでしょうか。そして素がおもしろい一般人を、芸能人と一緒にゲームをさせることで、新鮮味を出すとともに、トークが盛り上がらないといった演出上のリスクを分散させます。後は業界の不況の中、経費節減にもなりますし。高校生クイズは、クイズ自体に芸能人を参加させられないので、周りを芸能人で固めるとともに、わけのわからない問題を出して高校生のクイズ芸を見せる番組になっています。

 それでは沖縄大会です。三択が3問終わった時点で全問正解は5チーム。4問目、ワールドカップの中継を熱心に見る人ならわかるかもしれません。これで全問正解は3チーム。全問不正解も7チームぐらいいます。
 5問目を出すときに、違うチーム同士で相談するなと言います。5問目は沖縄に関する生物の問題。これで2チーム勝ち抜けました。全問不正解は2チームです。
 6問目、「日本で2番目に大きい島は? 1北海道 2四国 3九州」。2を出した1チームに対して、正解発表していないのに「なんでやねん」と言います。

 この問題で17チーム勝ち抜けます。するとクイズを続けるかどうか「全権を握っているのはパラパラ君」。ここで「○」が出ます。
 7問目、日本史の問題ですがかなり難しい。これでKKKを含め9チーム勝ち抜け。ようやく全問不正解がなくなりました。パラパラ君の中に入っているスタッフの名前のコールが起こります。「○」が出ます。
 8問目、数学の問題で、これは簡単に計算できます。ほとんどが正解で30チーム勝ち抜けます。パラパラ君から「×」が出ます。最終的に敗者になったチームも結構います。

 この後、23回の企画が帰ってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »