« 22回近畿大会(その7) | トップページ | 22回近畿大会(その9) »

2010年6月22日 (火)

22回近畿大会(その8)

 この前の日曜日に帰れま10+プレッシャーSTUDY3時間スペシャルの事前番組をやっていましたが、プレッシャーSTUDYの部分は1カ月ほど前の再放送でした。その最初の問題で、鉛筆の原料を鉛と言っておわびが出たのを、ちゃんと黒鉛に修正されていました。ちなみに高校生クイズのYES-NOクイズでは、「鉛筆の芯には鉛が使われている」という問題が出たことがあります。

 それでは22回近畿です。

----(ここから当時の引用)----

中央卸売市場の構造を書いておきますと、広大な5階建てぐらいの建物で、フロアに
はトラックが通れるような広大な通路があり、そこから脇道へ入ると、小さなブース
が無数にあります。そのひとつひとつが、何かの卸売りをする店らしい。今日は大半
が閉まっていますが。それが何層にも重なっているのです。それとは別に、事務関係
が集積したエリアがあります。しかも野菜関係と魚関係はそれぞれ別棟であるため、
捜索すべき範囲はとてつもなく広い。

薄暗い中、いつ警備員に何か言われるかと思いながら、1時間半ぐらい歩き続け
ます。市場のほとんどすべてを歩き尽くしたつもりですが、クイズをやっている気配
などみじんも感じられません。クイズをやっていれば当然、うるさい音が聞こえて
くるはずですが。でも、私とはぐれた集団からの連絡では、高校生を乗せた観光バス
がここに入っていくのを見たそうです(ちなみに、彼らもクイズ会場を探している
はずなのに、これだけ長時間歩き続けてもまったく出会わないということで、いかに
ここが広いかがわかる)。しかしそのバスすら見つけられません。両棟の屋上の駐車
場にもありませんでした。

結局、これ以上ここにいても、すでに準決勝が終わっていて、決勝が見られなくなる
可能性が高いということで、断念しました。その後、日本テレビの番組公式ホーム
ページに、近畿大会の準決勝の写真が掲載されましたが、確かに市場の中でやって
います。しかし、私が思っていたのと違って、特定のブースの中でかなりこぢんまり
とやっています。私は広いエリアに大きなセットを組んでいると思っていて、確かに
そこまでしらみつぶしに各ブースをのぞくことはしませんでした。各階へ何となく顔
を出して、音がしないとあきらめていました。クイズをやったブースの番号も写って
いるので、あらためて中央卸売市場に行って、実際はどこの場所だったのか確かめて
敗因を分析したいと思います。

なお、準決勝を見られなかったにもかかわらず、準決勝のルールはわかっています。
それについては次回。

----(ここまで)----

 実は準決勝の会場は、大阪市中央卸売市場ではなく大阪府中央卸売市場(茨木にある)だったのです。こんなところに橋下徹の言う府と市の二重行政が。

|

« 22回近畿大会(その7) | トップページ | 22回近畿大会(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/48690748

この記事へのトラックバック一覧です: 22回近畿大会(その8):

» ストーカー対策の極意 [ストーカー対策の極意]
このサイトはストーカーを解説したサイトです。 是非ご覧になってください。 [続きを読む]

受信: 2010年6月22日 (火) 10時47分

« 22回近畿大会(その7) | トップページ | 22回近畿大会(その9) »