« 21回九州大会(その1) | トップページ | 「実力」重視の高校生クイズ »

2010年6月 4日 (金)

21回九州大会(その2)

 書店で「ちびまる子ちゃん大図鑑」という本を見つけました。

 過去のアニメの登場人物などが網羅されているのですが、原作者が選ぶ傑作選でトップにきているのが、ベルトクイズQ&Qでした。あの回が放送されてから20年近くたつんですね。私がたまたまこの回を携帯テレビで見たのが、毎日新聞社のある建物の中です。当時から毎日新聞社の建物に入るという人生だったわけです。

 それでは21回九州です。

----(ここから当時の引用)----

鈴木アナはスタジアムの控室から高校生の間を割って登場します。中央でキックオフ
と言ってボールを蹴ると同時に高校生が走ってきて○×に移動します。第1問の書き
出しは「大リーガー新庄の」。前の予選でイチローだったから今度は新庄なのか。
サッカーと関係ないじゃないか。しかも問題自体は新庄とは何の関係もありません。
でも九州には関係あるのでまあいい。

鈴木アナは「遠くは鹿児島から、そして地元福岡から」と言って佐賀の高校生の
ブーイングを受けます。福岡放送の番組宣伝用の収録を高校生の中で行って、さらに
この暑さにクールなプレゼントと言って高校生に向かって放水します。鈴木アナは
司会を20年30年やると宣言しました。これが10年後にはすっかりやる気を
なくしているのだろうか(それ以前に番組がなくなっている可能性が高いと思う
が)。

さて、正解が発表されて、福岡アナが敗者復活の要求をします。彼は10年前に出場
して1問目で負けたそうです。こういうことを言う地元アナウンサーはたびたび
いますが、こんなクイズで勝つより局アナになる方がよほど難しくてその後の人生
では大勝者であることを思うと違和感を覚えます。

----(ここまで)----

 一応、新庄は九州出身なので問題文に使ったと思われます。
 このときは番組が第30回を迎えることになるとは思っていませんでした。

|

« 21回九州大会(その1) | トップページ | 「実力」重視の高校生クイズ »

コメント

最近の〇×は昔に比べてインパクトがありませんね。作家の質が落ちたんでしょうか。

投稿: OJコシュ二〒ィ | 2010年6月 5日 (土) 05時32分

今年会場の数が増えましたが、今年増えた会場でも○×をやるのでしょうかね?
一回戦からいきなり前進3択をやる、なんていう会場もありそう。

投稿: | 2010年6月 5日 (土) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/48538860

この記事へのトラックバック一覧です: 21回九州大会(その2):

« 21回九州大会(その1) | トップページ | 「実力」重視の高校生クイズ »