« 22回近畿大会(その6) | トップページ | 22回近畿大会(その8) »

2010年6月21日 (月)

22回近畿大会(その7)

 ネプリーグの漢字の本、漢字問題ばかりが並んでいるのかと思ったら、意外に番組の裏話などが書かれています。CGで出てくるキャラクターの全種類が紹介されたりしています。ところで、Qさま!!の宮崎美子の漢字の本は、今まで書店で見かけたことが1回しかないんですけど、売れているからなのか売れていないからなのか。

 それでは22回近畿です。

----(ここから当時の引用)----

近畿大会の前に読売テレビは深夜の番組宣伝で、構成作家が○×クイズの攻略法
を紹介していたそうですね。その割には今年はホームページが全然更新されません
でしたが。これは他の開催局も同じです。

その近畿大会、ひらかたパークの入場券を買って入ろうとしたら、携帯電話に連絡が
あったのでした。「準決勝は大阪中央卸売市場ですから。僕らはすぐ出る急行に乗り
ます」。いったい何があったのか。あとで聞いたのはこういうことです。枚方公園駅
への帰りの道も、警備員がずらっと並んでいましたが、あるところを通ったら、目の
前で警備員どうしの会話で「…そうじゃなくて、中央卸売市場へ行ってから大阪城
だ」というのがいきなり聞こえてきたそうです。そういう情報を我々にもらさない
のが警備員の役割じゃないのか。

ひらかたパークの入場券を買ってしまったので、中に入ってみることにします。敗者
復活のチームが、背中に「15950」とか表示された時計を背負って走り出した
ところでした。今年もまた、2時間以内にひらかたパークで何かをしなければ次の
クイズに参加できないというゲームらしい。

大阪市中央卸売市場というと最寄り駅は千日前線の玉川。乗り換えが非常に面倒で、
どう行けばいいのかわかりません。久しぶりに1人だけでの移動です。淀屋橋まで
出て御堂筋線から本町で中央線に乗り換えて、さらに阿波座で千日前線に。これが
最も早いのではないかという結論を得ました。ひらかたパークに入ったりして、時間
をロスしてしまいました。高校生はバスで直行しているので、間に合うかどうか不安
です。

市場に着きましたが、静かです。今日は日曜日なので活動しているところはほとんど
ありません。入っていいのかどうかということは考えないようにして、堂々と中を
歩いていきます。それにしても、収録をやっている気配などまったくありません。
外からクイズ会場が見えなくても、どこかに中継車がありそうなものですが、何も
わかりません。

----(ここまで)----

 敗者復活がどんなゲームだったか、後で近畿大会の番組を見て書いていると思っていたら、記録がありません。今、手元にビデオがないので確認できません。
 なぜこの市場でクイズをやっているところが見られないのかは、次回書きます。

|

« 22回近畿大会(その6) | トップページ | 22回近畿大会(その8) »

コメント

22回の敗者復活は、ケータイの着メロでイントロクイズじゃなかったかと。

投稿: | 2010年6月22日 (火) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/48683751

この記事へのトラックバック一覧です: 22回近畿大会(その7):

« 22回近畿大会(その6) | トップページ | 22回近畿大会(その8) »