« 30回沖縄大会(その1) | トップページ | 30回沖縄大会(その3) »

2010年6月28日 (月)

30回沖縄大会(その2)

 前回は、飛行機の最終便に乗るので日付が変わる前に送信する時間がないということで、史上初めて、予選が終わっていないうちにその予選のリポートを載せました。しかし、折り返して最終便になる飛行機に落雷したということで、代わりの機材が来るまで出発が2時間半遅れました。羽田空港から午前2時に出る無料リムジンバスで帰りました。私はそこからすぐ自宅に行けるので問題ありませんでしたが、その先のタクシー代や宿泊代を15000円まで請求できるそうです。

 それでは沖縄大会です。すぱるたいんづが登場します。沖縄のお笑いコンビです。私は知りません。しかし10年前に北海道大会で「大泉なんとかというタレントが降りてきました」と、当時大泉洋を知らなかったことを考えると、この先どうなるかわかりません。今年も参加者の最も多い学校が表彰されます。昭和薬科大附属ですが、どうやら全参加者の半分近くいます。もはや沖縄大会ではなく昭和薬科大会です。
 続いて松下優也が特別な演出もなくあっさり登場します。あまり反応がありません。松下が沖縄に来たのは小学校の修学旅行以来だそうです。関西から小学校の修学旅行で沖縄に行くのか。番組の応援ソングを歌った後で、8月25日に出るという新曲を初披露します。それにしても曲自体の巧拙はともかく、これが高校生クイズに合っているのか?

 すぱるたいんづに「マブヤー」という声がかかります。メンバーの実の弟が琉神マブヤーを演じているそうです。「ここ8チャンネルだから」と細かいことを気にしています(マブヤーは琉球放送)。ここですぱるたいんづが「応援のマニフェスト」というのを発表します。一生懸命応援する。大爆笑をとる。そして「敗者復活戦を実行する」。今年はこんなところで発表するのか。演出上、先に言っておかないと帰ってしまうような流れになってるのかな。

 11時10分過ぎに鈴木アナの声が聞こえます。そしてジェットスキーで現れます。しかし、パワーなどとあおるのはすべて録音で、本人は口パクでやっています。スピーカーの録音と本人の肉声が両方聞こえてきます。以前、海に落ちて機材が水につかったからかな。

 この後、予想外の新ルールが。そんなことができる時代になったか。

|

« 30回沖縄大会(その1) | トップページ | 30回沖縄大会(その3) »

コメント

>これが高校生クイズに合っているのか?

応援ソングのことですか?8月25日に出る新曲のことですか?
それとも両方?

投稿: | 2010年6月28日 (月) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/48740981

この記事へのトラックバック一覧です: 30回沖縄大会(その2):

« 30回沖縄大会(その1) | トップページ | 30回沖縄大会(その3) »