« 22回四国岡山大会(その1) | トップページ | 22回四国岡山大会(その3) »

2010年5月12日 (水)

22回四国岡山大会(その2)

 新聞のラジオ欄を見ていて、あることに気づきました。ラジオ日本で巨人戦のナイター中継ができない日に放送される番組(ラジオ関西と岐阜放送でも放送)のメインパーソナリティが、高校生クイズの元構成作家(第1回から20回ぐらいまで担当していた人)ではないか。一放送作家がこんな長時間番組のメイン出演者をできるのか。ラジオ日本のこの枠には鉄道マニアコーナーがあるので、鉄オタのこの人が選ばれたのかな。私は、寝台特急「富士」が東京から鹿児島中央まで復活運転したときに、この人と乗り合わせたことがあります。

 それでは22回四国です。

----(ここから当時の引用)----

その四国・岡山大会、今回の会場は、高松駅前の「サンポート高松」です。高松駅前
といえば第1回・第2回で高松港が会場だったとき以来です。その後、大規模な
再開発が行われ、高松駅の場所が変わったりして、昨年ようやく完成しました。高松
の港のエリア一帯が、巨大公園のようになっています。こんなに交通の便がいい会場
なら、当日「超割」で来ても間に合ったかもしれないのに。四国岡山大会は、当日の
飛行機で間に合う場所が会場になることはまずないので(もっと遠い北海道や九州は
当日の飛行機で行けるのに)、超割を申し込む勇気はありませんでした。ということ
で、「サンライズ瀬戸」で来ました。前回の中国は開始ギリギリだったのでよく
わかりませんでしたが、各会場恒例のライブでは、セットのバックの絵もそれに
合わせたものになるということがわかりました。その前に抽選会も行われています。
参加者には裏表に○と×が描かれたうちわが配られています。

とりあえず、次の会場を探さなければなりません。どうも一部スタッフが、海に突き
出た灯台の方に歩いていくようなので行ってみると、海を背にしたところにこれから
何かのセットを組もうとしているようです。少なくとも準決勝までは移動がないこと
が確実です。それにしても、きょう7月7日は梅雨の中で唯一晴れた日で、ここから
瀬戸内海を臨む風景がものすごくきれいです。この場所で決勝までやってもおかしく
ないと思います。沖縄でも全然日焼けしなかったのに、今日はあっという間に黒く
なりました。

最終的にどこに移動するのかわからないまま、10時を回りました。鈴木アナは舞台
中央から跳ね上がってきました。2年前と同じ手法です。実は人が下から押し上げて
いるらしい。先週の中国ではそういう仕掛けはありませんでしたが、急遽、穴を
開けたのだろうか。

第1問はかなり苦しい。いきなり、四国で来年開かれる、聞いたことのないイベント
の話を出して、それに関する一般的知識の問題です。沖縄と同様、一般問題として
提出されたものを無理やり四国に結びつけて第1問にしたと思われます。

参加者の中でおもしろかったのは、「ファイアー福澤サイコー」と「27時間テレビ
『みんなのうた』ON AIR中」というのぼりを持ったチームです。

----(ここまで)----

 この日はフジテレビの27時間テレビが放送されていました。それにしても今や、高校生クイズの会場にのぼりを持ってくるチームは完全に消滅しました。

|

« 22回四国岡山大会(その1) | トップページ | 22回四国岡山大会(その3) »

コメント

関東のクイ研は今でものぼり持ってきてますよ

投稿: | 2010年5月12日 (水) 16時44分

元構成の方とはマイミクです。
彼については以前朝日新聞に掲載されてましたよ。

投稿: クイ辛抱 | 2010年5月13日 (木) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/48339093

この記事へのトラックバック一覧です: 22回四国岡山大会(その2):

« 22回四国岡山大会(その1) | トップページ | 22回四国岡山大会(その3) »