« 21回沖縄大会(その7) | トップページ | 21回沖縄大会(その9) »

2010年5月 5日 (水)

21回沖縄大会(その8)

 テレビ東京の「なんでも実況ショー」を、奈良テレビで1週間遅れで見ました。大半の実況を福澤朗がやっていたんですね。結婚式で使う肉を焼くところで「ジャストミートファイヤー!」。

 それでは21回沖縄です。

----(ここから当時の引用)----

1つ目のお題は「セールスポイント」。鈴木アナは「熱くて、濃い」ことだそうで、
これで「自分は当てはまらない」と帰る高校生は絶対にいません(そもそも沖縄の人
は顔が濃いし)。2つ目は「好きな沖縄料理」。ここまでは全員残すためのお題で
あることは言うまでもありません。ここからまともに落とします。「鈴木アナの誕生
日と同じ数字が自分の誕生日に含まれている」(4月25日生まれなので4か2か5
が含まれている)「血液型がA型」「星座がおうし座」ときて、10人残りました。
ところで、「残るのは個人単位で、最後まで残った3人のいる3チームが復活」と
いうことを正確に説明していなかったので、混乱が起きました。最近、スタッフの
入れ替わりが激しくて、こういうのが徹底されていないのでしょうか。

10人でジャンケンです。鈴木アナとあいこだと残るというルールで4人になり、
その4人同士でジャンケンして3人に絞りました。帰っている人たちに古川アナが
あわてて抽選会のお知らせをしています。そしてもう1つ、鈴木アナが驚くべき
お知らせをします。最後の近畿大会の後、全国のすべての敗者の中から1チームに、
鈴木アナが電話をかけるそうです。そのチームはいきなり全国大会進出です。
「いわば僕の21世紀枠です」。この企画自体はいいと思います。私はずっと前から
全国のすべての敗者から1チームを全国大会に出す敗者復活戦ができないかと思って
いました。しかし問題はその決め方です。今回はどうも17回がダブって見えるだけ
に、何か恣意的なことをするのではないかという危惧があります。受付のときに顔を
チェックして印をつけているんじゃないだろうな。もし、全国放送を見て、これで
選ばれたチームが美人なら、高校生クイズは今年で終わります。

----(ここまで)----

 21世紀枠ですけど、外見では選んでいないようですが、選ばれたのが桜蔭ということで、怪しいものを感じています。女子校としてもっとも偏差値が高いといわれるところですから。そしてこの回以外で、地区大会の途中で名前が聞かれたことすらない学校です。28回以降なら、全国大会に出てほしくてたまらないでしょうね。菊川怜の出身校でもありますし。なお、21回の全国大会では、桜蔭の姿はほとんど映りませんでした。

|

« 21回沖縄大会(その7) | トップページ | 21回沖縄大会(その9) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/48273195

この記事へのトラックバック一覧です: 21回沖縄大会(その8):

« 21回沖縄大会(その7) | トップページ | 21回沖縄大会(その9) »