« 適当にたまった話 | トップページ | 22回四国岡山大会(その8) »

2010年5月19日 (水)

22回四国岡山大会(その7)

 今夜の「逃走中」ですけど、近年の回で最もよかったのではないでしょうか。それにしても斉藤洋介を起用するとは。かつて逃走中で、まったく何もせず、開始十数分後に自首して抜けた人です。

 それでは22回四国です。

----(ここから当時の引用)----

最終回直前の「タイムショック21」で、高校教師が出ていて、その紹介VTRで
「目標はクイズ研を作って全国制覇することだ」となっていましたが、全国制覇って、
いったい何をすることなんだ!

さて、四国・岡山大会の準決勝です。タイルの絵を伝えるのに手間取るかと思ったら、
間違った写真を撮ってくるチームが全然いません。一問一答も簡単な問題が多くて、
どんどん決まっていきます。でも2問連続で答えられるルールになっているのは、そう
しないとものすごく時間がかかるという結果がシミュレーションで出たんでしょうね。
先に勝ち抜けたチームが、インスタントカメラで勝手に自分たちの記念写真を撮って
います。それにしても、クイズで携帯電話を配るような時代になったか。ちなみに
リダイヤルはできないような設定にしてあったようです。

6ラウンドぐらいで終わりました。次は決勝です。当初から、第1会場のセットの裏に
船のかじに水車を取り付けたものが置いてあるのを確認していました。あれを使うの
でしょう。噴水のある円形のプールにそれが並べられています。番組が使えるのは
プールの4分の1ということで、子供たちが平気で周りを泳いでいます。某所からの
情報によると、当初は14回でやったような、負けた人を海に落としていくクイズを
やるつもりだったのが、筋肉番付などで事故が続出したため、日本テレビの番組制作
規定が厳しくなって、できなくなったらしい。

----(ここまで)----

 高校でクイズ研を作って全国制覇って、当時なら間違いなく高校生クイズですが、今は必ずしもそうとは言い切れません。

|

« 適当にたまった話 | トップページ | 22回四国岡山大会(その8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/48397386

この記事へのトラックバック一覧です: 22回四国岡山大会(その7):

« 適当にたまった話 | トップページ | 22回四国岡山大会(その8) »