« 本質隠す事前番組(その7) | トップページ | 22回四国岡山大会(その1) »

2010年5月10日 (月)

日本人の質問(その46)

 かつて北陸大会と近畿大会が同じ日だった第3回ですが、おそらく第2回と同じく近畿北陸大会にする予定だったのが急に分けることになったのだと思います。そして機材を北陸に持って行かれたため、近畿ではYES-NOクイズの正解発表に、第1回で使って第2回はお蔵入りしていた幕が使われました。そして早押し機がないので早押しをしないですむような決勝でした。正誤判定音が、5回までのウルトラクイズで使われていた古い音でした。

 それでは「クイズ日本人の質問」です。

----(ここから)----

キツツキは、虫をとるための長い舌が、どうやって口の中にしまわれている?
舌の中を通っている舌骨が、あごの下からふたまたになって頭の後ろを回ってくちばしの
あたりまで伸びている。筋肉でこの舌骨を押し出して舌を伸ばす。舌はギザギザでネバネ
バしている。
飛行機の出発時刻とは、飛行機がどうしたとき?
出発許可が下りたところでプッシュバックを始める。つまり車輪が動き出した瞬間が出発
時刻。
どうして「桑港」と書いて「サンフランシスコ」と読む?
「ソーホーシスコ」と聞こえたために、「桑方西斯哥」と表し後ろに「港」をつけた。こ
の最初と最後の字をとって簡略化した。
やすりの表面に、どうやってギザギザをつける?
熱を加えて柔らかくしてギザギザをつける。これを焼き入れして再び硬くする。このとき
のうわぐすりは味噌に食塩や硝石を加えたもの。やすりの表面に水蒸気の膜ができるのが
防がれるので、一気に冷やされる。
やかんのふたにある穴は、何という名前?
息抜きという。1900年代になってからできた。
渡り鳥がV字型になって飛ぶのはなぜ?
ある鳥がつくった上昇気流の中を飛ぶと楽に飛べる。V字型になると、全ての鳥が楽に飛
ぶことができる。
プードルのヘアスタイルの由来は?
16~18世紀に、ウォータードッグという水中作業犬が混入され、フランスに渡って改
良された。もともとは水辺の猟犬なので、作業しやすいように毛がカットされた。
「やじうま」という言葉の語源は?
「おやじ馬」から。若い馬の尻について歩くところから。自分に関係ないことについて騒
ぎ立てることをいう。

----(ここまで)----

 今見ると、雑学本っぽい問題が並んでいますね。本当に視聴者からの質問を集めたのか?

|

« 本質隠す事前番組(その7) | トップページ | 22回四国岡山大会(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/48321869

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の質問(その46):

« 本質隠す事前番組(その7) | トップページ | 22回四国岡山大会(その1) »