« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

2月22日と5月31日

 本日、日本テレビでは「脱出ゲームDERO!」の総集編をやっていました。その中で、正解が「谷亮子」という問題を、当人の似顔絵つきで堂々と放送していました。自民党あたりから抗議がこないのだろうか。

 今まで書く機会がありませんでしたが、フジテレビの「なんで推理SHOW ハテナの出口」。深夜2時ごろにこんな番組をつくれるとは、業界の不況の中でもまだ余力があるということか。しかし取り上げる情報に関してはコストを削っているのか、他で見たネタが非常に多く見られます。ほっとゆだ駅の温泉の信号なんて、これまでにも数限りないテレビ番組で取り上げられていますが、同じ月の「クエスタ」ともかぶっています。
 さらに、せっかくおもしろい情報を見つけたので、情報を出すことを優先して、クイズとしてはまったく成立しない問題にしていることがたびたび見受けられます。例えば第1回では「亀山井田川郵便局にこんなに客が並んでいるのはなぜ」という問題が出ました。私は亀山井田川郵便局という名前だけで一発でわかりますが(2度行ってるし)、一般の人には一生解けません。そもそも郵便局には5桁の局コードがついていることを普通の人は知りませんし、しかもこの日が平成22年2月22日であることが問題の中に一切出てこないのです。情報を優先してクイズになってないというと、クエスタと同じです。

 以前、職場に来客が持ってきてほったらかされていたJALの株主優待割引券を持っています。8月の運賃がピークになる時期にちょっと北海道へ行く用事があるので、これを使いたい。しかし航空券は2カ月前にしか買えず、株主優待券は5月31日までしか使えません。そこでオープン券を買うために有楽町のJALプラザに行きました。すると、国内線航空券の順番待ちが三十数人になっています。そして係員がすぐに「株主優待券ですか」と寄ってきて、オープン券を買う記入例を書いたクリップボードを渡されました。今月で期限切れの株主優待券で8月の航空券を買おうという人がこれだけいるのか。ただ、JAL側の仕切りがしっかりしていて、そんなに待ちませんでした。しかし、買った航空券を入れる袋が廃止されていたことを知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

1Q36の話

 昨日はクイズのオープン大会を見ました。テーマ「クイズ番組」で、「クイズ!紳助くん」の「なにわ突撃隊」とか北日本放送の「ビバ!クイズ」とか絶妙のマニア度がたまりません。あと、「日本の駅」のジャンルも見ましたけど、「『鉄子の旅』1巻の152ページと153ページに描かれている駅は?」。これは一般人にはまったく理解できないが鉄道マニアなら十分わかる情報が含まれています。問題作りがよくできていました。
 2つの間には相当時間が空いたので、その間に「旅フェア」にも行ってきました。しかしその道中で、テレビを見ます。先にコメントをつけられてしまいましたが、日本テレビで「前代未聞!?海外の人気クイズに挑戦!1Q36」という番組がありました。世界各国の変わったクイズ番組を紹介するというものです。1936は世界で初めてのクイズ番組が放送された年です。

 基本的には、日本にもってきて通用するような企画はありませんでした。ただ、アメリカで「ザ・クイズショウ」を本当にやっているような番組がありました。解答者の知られたくない秘密が次々と問題になって、最後まで正直に答え続ければ莫大な賞金が得られるというものです。判定にはウソ発見器が使われています。

 最後に取り上げられたのがロシアの番組。高校生のクイズで、優勝するとモスクワの超名門大学(入試の競争率が25倍)に入学できるというのです。1年間かけて優勝者を決めるそうです。
 「松尾芭蕉の芭蕉とは何のこと?」という問題に「ロシアの」女子高生が即答して、司会者が「これは常識だったね」と言います。スタジオには大統領も来ています。日本で高校生が出る全国規模のクイズ大会も、優勝賞品を有名大学入学にできれば、劇的に参加者が集まるかもしれません。

 ところで、最後のコーナーとして、出演者がアメリカのクイズ王と対戦して負ければ賞金が0になるというのをやっていました。こんな放送枠で賞金を出し過ぎと思っていたら、そうやって回収することになっていたのか。このクイズ王はアメリカと日本で3つの大学を卒業して、貿易会社の副社長をやっているそうです。日本の演歌とか、ワールドカップでの日本チームの問題にも対応できます。しかしルール自体は、タレントがクイズ王に勝てる可能性もある、うまいやり方だと思いました。これは高校生クイズでも使えます。

 さすがにこの番組は、ネタがないのでレギュラー化されることはないと思います。あと、スタッフロールを見たら、高校生クイズの構成作家がかかわっていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

16回近畿大会(その7)

 「クエスタ」は内容がだいぶ改善されてきました。問題文が「これは何?」だけでなく、問題文自体に情報が入るようになりましたし、解答者も慣れてきて質問が的確になってきました。あと、視聴者に対しては重要な質問に色がつくようになったし。今週は卵の研究者である八田教授が出ていましたが、ちゃんと解答者に板東英二と八田亜矢子を呼んでいました。でもこの教授、今月「すイエんサー」で見たばかりですけど。ところで、「ブラタモリ」が10月から復活することが発表されましたが、もしかしたらクエスタが半年で終わって木曜20時からになるのではないかと思っています。

 それでは16回近畿です。

----(ここから当時の引用)----

結局着いたのが5時15分ぐらい。海に面した広場にセットが用意されていた。
幸い、スタッフは着いているがクイズは始まっていない。決勝のルールは次のような
ものである。それぞれのチームの前には模型の船がある。チームの3人が板の上に
乗って、体を上下に揺すると、空気の力でその船が前に進んでいく。船が一番前まで
達すると早押し機のスイッチが入るというわけである。2ポイントとると通過席に
進む。通過問題のジャンルを選ぶと、その府県の相手チームの中の1人が阻止席に
向かう。通過側が勝つと全国大会進出、1人で阻止すると1ポイントに戻る。

それにしても、スタッフが大勢集まって、向かって右の方の船ばかりテストしている。
「空気圧が足りないらしいですよ」と教えてくれたのはなぜか、会場を警備している
ガードマンである。確かに船の進むのが遅い。修理したり試験したりを繰り返して
いるが、一向にクイズが始まる雰囲気がない。ついに6時を回った。美術スタッフが
携帯電話をかけている。「早押しテーブル12台いるから持ってきて」。なんと、
この企画を断念するらしい。これまでに、悪天候だとか時間がないとか予備の企画の
ほうがおもしろいとかいった理由でクイズ内容が変わったことはあるが、セットが
壊れて企画ができないというのは初めて見た。これでもし通過席がなかったら、ただ
の早押しクイズになってしまうところだった。もっとも、近畿では9回の決勝で本当
にただの早押しクイズをやっているが。

----(ここまで)----

 通過席が3人で阻止席が1人というルールは、この時期の近畿大会でよく行われていました。将来、全部の地区の決勝がただの早押しクイズになるとは思いませんでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

16回近畿大会(その6)

 「関西縦断ブログ旅」のDVDが出ますけど、最大の懸念事項はヱヴァンゲリヲンのBGMがちゃんと使われるのかということです。そこの権利をクリアしないと、DVDが出ても全然おもしろくないものになります。肖像権の方は最初から処理してあると思いますけど。「ワッキーの地名しりとり」のDVDなんか、当時はそんなことを考えていなかったので、最初の「矢場町」と言った人から始まって顔を隠されている人だらけです。一方で「探偵!ナイトスクープ」は街頭インタビューした人に名乗り出てくれと番組で呼びかけて、「30代女性は全員ピンクレディーが踊れるのか」などがDVD収録にこぎつけたことは驚異的です。いかに番組の影響力があるかということです。
 なんでこんなことを書いているかというと、昨日、変なつぶやきが流れてきました。

----(ここから)----

quizNTV 第30回高校生クイズ情報:今年は記念大会!ということで、高校生クイズがDVDになります!全国大会&地区大会の模様が収録される予定です。詳細は追って発表します。 #kouQ

----(ここまで)----

 去年までの大会はDVD化できないが、今年は事前にDVD化を周知することで肖像権を明確にするんでしょうね(参加申込書には数年前から、DVD化を承諾するというようなことが書いてあるが)。DVD化に値するようなゲーム内容にできるのでしょうか。昨年や一昨年だと地味だぞ。

 それでは16回近畿です。

----(ここから当時の引用)----

今年の東大寺学園は異常に強い。始まってから答えるのは東大寺学園の3チーム
ばかり。なんと、奈良県の決勝進出2チームが決まるまで、残りの21チームは1度
も正解できないという恐るべき事態になった。これまでの全国大会出場チームは、
キャラクターはあるがクイズに強そうなチームは全然なかった。これだと東大寺学園
があっさり優勝ということにもなりかねない。奈良県がいなくなってようやくゲーム
スタートという感じである。「ゲーム」と答えて「テレビゲーム」が開いたり、
「ゴミのポイ捨て」と答えて「マナーが悪い」が開くなど、高校生クイズとして
は非常に珍しい、恣意的な判定をしなければならないクイズである。私は、これが
あるから今まで高校生クイズでこの形式をやっていなかったのだと思ったのだが。
そしてここでも「落ちこぼれの県」が発生した。他の県がすべて決定した時点で
全チーム0ポイント。またしても問題の無駄遣いが相次いで、福澤が難しい問題を
読み飛ばし始める。ただ私は思うのだが、こういうときのために用意されている
「簡単な問題」が真に簡単でない。本当に早く終わらせたいなら、もっと思い切って
レベルを下げた問題ばかりを並べるべきではないか。

とにかく終わって、私は即座に会場を離れる。パネルの裏を通る。最後まで
開かなかった「関西の恥」の1位は「阪神タイガース」だった。まだ、次の会場の
ATC(アジア太平洋トレードセンター)の正確な場所がわかっていない。挑戦者と
スタッフはバスで1時間強で着く予定のようだ。とりあえずモノレールに乗る。
千里中央に出て本屋で調べる。なんだ、WTCの隣じゃないか。ということは
ニュートラムの中ふ頭駅から徒歩ということになる。大国町で乗り換えて、住之江
公園で乗り換えて、会場を目指す。しかし接続が悪い。あちらのバスが大阪市内で
渋滞につかまってくれればいいが。

----(ここまで)----

 最近はペーパークイズの時点で「落ちこぼれの県」がはっきりわかるので、思い切ってレベルを下げた問題を出しています。一昨年から芸能問題がまったく出なくなったはずなのに、ある県だけ「狩野英孝の麺を使ったギャグは?」といった、異様に簡単な芸能問題ばかりというのがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

16回近畿大会(その5)

 今、大橋巨泉が日本に帰ってきて番組に出まくるシーズンになっていますが、ナニコレ珍百景にしろ太田総理にしろ、おそらく見たことがないと思われるのにちゃんと番組の勘所をわかった言動をするのがさすがだと思いました。ところで、ナニコレで「恵美恵美」という名前の人が紹介されて巨泉が珍しがっていましたが、私はかつて「クイズダービー」の出場者に「恵恵」という人がいるのを見たんだけど。

 それでは16回近畿です。

----(ここから当時の引用)----

ペーパークイズが終わって採点と食事である。その間、何気なく公園内を歩き回って
いたら、森の中の広場に解答席が1台置いてあった。ペーパークイズの結果発表を
どこでやるのかということを探すのをすっかり忘れていた。発表方法は、ヘリウム
ガスを吸って声が変わるというものである。ボンベの中の気体を吸い込んで、声が
変われば合格、ただの酸素だったら不合格になる。この予選でも、各府県1チーム
ずつが並んで、その6チームは全員同じ結果という方式だった。最近はこの方式が
やたら多い。今年の予選のうち、もともとやり方が異なる北海道・関東・沖縄を
除くと、この方式でなかったのは四国だけである。東大寺学園がYES-NOで
4チーム残って、うち3チームが準決勝に勝ち進んだ。

準決勝のセットは、どう見ても「ダウンタウンDX」だ。このセットは読売テレビ
が自分で作ったので、字体も読売テレビが持っているフォントである。そのため一層
その思いを強くする。しかもクイズのタイトルが「テンベスト・アンケートクイズ」
ということで、読売テレビに大いにコビた企画になっている。
パネルには7つのアンケート結果が出ている。関西の高校生100人に聞いたもの
である。「関西のヒーロー」「チョームカつくタレント」「関西の恥やで」「おかん
の口ぐせ」「ストレス解消法」「親に見られたくないもの(女子高生編)」「無人島
に持っていきたいもの」。早押しで正解すると1ポイント獲得の上、アンケートの
パネルに挑戦できる。どれか1つのアンケートを選び、それに対する答えを言う。
ランキングに入っていれば、10位の2点から1位の7点まで、それぞれの点数が
加わる。合計10ポイントで決勝進出である。

----(ここまで)----

 このころはダウンタウンDXがクイズ番組でした。「お願い!名前を聞いて」と「DX国民投票」が本になっています。あと、「輝け!噂のテンベストSHOW」をやっていたことがわかります。現在のケンミンSHOWに至るまで、読売テレビのあの枠の番組はずっと「SHOW」がついています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

あまりにもどうでもいい話

 ファンタZEROグレープが東京のコンビニにありました。昨日から全国発売されたんですね。

 ZEROといえば、先日このようなことを書きました。

----(ここから)----

 テレビ東京の「なんでも実況ショー」を、奈良テレビで1週間遅れで見ました。大半の実況を福澤朗がやっていたんですね。結婚式で使う肉を焼くところで「ジャストミートファイヤー!」。

----(ここまで)----

 最初の部分を見ていなかったのでビデオを見たら、サファリパークの実況で、シロサイのラルフというのに襲われていました。

 車に群がるといえば、フジテレビで「胸キュン!ジェネレーション天国」をやっていましたが、裏のNHKのBSでは「日めくりタイムトラベル」を再放送していて、スーパーカー消しゴムについて真地勇志のナレーションでやるという、まったく同じ企画のVTRが流れていました。
 今週は日めくりタイムトラベルが4本再放送されています。この番組はなかなか再放送されないのですが、再放送があれば必ず見るようにしています。しかし唯一見ていない、昭和38年の回を再放送してくれません。この回の本放送は、2007年8月4日でした。私が出たのは8月6日です。

 今はなくなったものといえば、ポータルサイトを見ていたら読売新聞のこういう記事が載っていました。

----(ここから)----

 神戸市の人工島・ポートアイランド中心部にある日本一長い「動く歩道」(ムービングウオーク、約560メートル)が今春から停止している。

 歩道の区間に並行して神戸新交通・ポートライナーが延伸され、利用者が激減したことが原因。管理する市は撤去も検討中だが、「解体費用がかかる」と頭を抱える。

(中略)

 かつては「国内最長」が話題になり、陸上短距離走者が記録に挑戦するというテレビ番組も。現在は運行休止を知らせる張り紙があり、周りは雑草が生えた状態になっている。

----(ここまで)----

 「陸上短距離走者が記録に挑戦する」は、「トリビアの種」でベン・ジョンソンが走ったやつですね。前回、大阪市の三大破たん施設について書きましたが、この動く歩道も21回近畿大会で使われています。近畿大会の会場になったところが次々と使用不能に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

16回近畿大会(その4)

 昨日の「笑いがいちばん!」で、東京03のコントの後で、ぴろきが「こう見えても東京03の皆さん、とっても腰が低いんです。どんな先輩にも一度もあいさつを欠かしたことがないんです。ひっひっひっひっ…」。しかしこの番組の客層では意味がわからないのか、大した笑いには結びついていませんでした。これも一応、クイズ番組の話題です。

 それでは16回近畿です。

----(ここから当時の引用)----

3問目は問題制作会社渾身の作である。1問目で人数を減らさなかった分、
2問目以降で調整しようとしているかのようだ。私は今年の問題のパターンを
つかんだので、前回の北海道以来、1問も間違えていないが。4問目を前に、「土曜
の朝の『ズームインサタデー』を見てくれていますか。僕のパートナーの山岡三子
さんは…」この時点で次の問題が予想できた。宝塚歌劇団に関するあの問題に違い
ない。そら見ろ。この問題は「ウルトラクイズ史上最大の敗者復活戦」で出た。現在
の高校生がこの番組を見たわけがないし、本にもなっていないので、知らなくても
仕方がないが。

北海道だとこのくらいの人数で第1問かな。近畿は今年最も決定チームが出る
のが遅い。7問目でやっと決まった。全部終わるまでに14問使った。YES-NO
クイズの最中に決勝の会場がわかった。昨年の決勝はワールドトレードセンター
(WTC)だったが、やはり今回もそこにごく近い、大阪港の施設だった。名前も
よく似ている。勝者について行って、ペーパークイズを見る。森の中だった。特別な
企画がない、ただのペーパークイズだった。これは珍しい。他の地区が何も
やらなくても、近畿だけは必ず特別な企画が加わっていたのだが(先にYES-NO
クイズに正解したチームからしかペーパークイズにとりかかれないとか)。ペーパー
クイズの最中に、準決勝の会場の設営の様子を見に行く。解答席には得点表示器が
ついている。そしてパネルが据え付けられた。アンケートの結果のベスト10が
開くようになっている。高校生クイズでこの形式は初めてである。

----(ここまで)----

 史上最大の敗者復活戦でも出た問題といえば「宝塚歌劇団では一定の体重以上太ると退団させられる」です。
 この前の決勝会場のWTCと、この回の決勝会場のATCと、さらにはこの後の回の準決勝会場になるフェスティバルゲートは、大阪市の三大破たん施設です。そして第4回高校生クイズに出た橋下徹が府庁を移転しようとしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

16回近畿大会(その3)

 今夜、一部地域で「クエスタ」の宣伝番組の再放送をしていました。「今夜8時から放送」という字幕もナレーションも一切修正することなくそのまま流していました。そんなにクエスタに危機感をもっているのか。最近、かなり苦心している跡が見られて、正解を考えるために重要な質問だけ赤い字になったり、問題文も改善されています。しかしこんどは解答者が当たりすぎるようになりました。私は最近番組を見て、まったく間違えていません。

 それでは16回近畿です。

----(ここから当時の引用)----

本番の開始だが、司会者登場の演出が変にあっさりしている(後でわかったこと
だが、予定されていたものが中止になったらしい)。「いやあ、クイズをやるのも
命がけです。おなかは痛くないかーっ! 痛くなったらすぐ言ってください。万全の
体制をとってあります」。突然の会場変更にもかかわらず、参加者は2000チーム
を突破した。近畿が2000チームを超えたのは久しぶりである。今年は全体の
参加者数がやや持ち直した。前の年の視聴率との相関があるのかもしれない。

第1問は高校野球に関する問題だが、圧倒的多数が正解になるだろうということは
容易に予想できる。最初からサービスのつもりで出したのか、何か別の意図が
あったのかはわからない。正解発表はまたしても風船だが、今度は不正解の方が
割れて、中から水が出てくる。ここでも解答者の代表が舞台に上がるので、どちらか
が濡れることになる。昨年の代表で、全国大会の名札やライオンぬいぐるみを見せ
つけていたチームも敗れた。

続く第2問は◯×クイズの定番。私は自分が高校生のときに予想問題としてこの問題
を作った。ただし、普通の雑学本に載っている事項から少しずれているので、勉強
不足のクイズ研究会などは間違えるかもしれない。ちょうど「マムシはマムシに
噛まれても死なないが、コブラはコブラに噛まれると死ぬ」というのと同じような
タイプの知識である。今回の問題を選んだのは、「ピンポンブーお兄さん」として
「ジャストミートは目で殺す」にも載った人だが、彼はクイズ研を落とそうと画策して
いる。5問目も7問目も、クイズの定番知識に見せかけて、慎重に問題文を吟味しない
と間違える。

----(ここまで)----

 2問目は、隣の家から生えてきたタケノコを勝手に食べると罪になるという問題で、正解はNOです。木の実などは取ってはいけないが、タケノコはいいのです。5問目は女子新体操で宙返りをすると減点になるというもので、「宙返りをすると失格になる」ではありません。7問目は紙幣と硬貨の裏表が法律で決められているというもので、よく印刷物に「表」「裏」として載っているのは大蔵省の慣例によるもので法律ではありません。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年5月23日 (日)

16回近畿大会(その2)

 ちょっと前の見ていなかった番組のビデオを見ていますが、「オレたち!クイズMAN」は結構いい問題を出しているではないか。あれは枠が悪いというか、最初からつまらないだろうと思われていて見てくれないということかな。この前の「脱出ゲームDERO!」の視聴率が急に上がってましたけど、あれは逆に、ようやく番組の中身が認識されるようになったということか。

 それでは16回近畿です。

----(ここから当時の引用)----

9時になって中に入る。会場の「東の広場」に向かう。広場自体は広大なのに、
クイズ会場は一番端にちぢこまって存在している。第3回では中央に大きくとって
あって、司会の台の向きも反対だったと思う。これは隣でフリーマーケットをやって
いるからだろう。高校生クイズの方が数日前になっていきなり押しかけてきたので
どいてもらうわけにもいかない。会場に、紅白の幕で囲まれた一角がある。しかし
その上から12本のマイクの先がのぞいている。上の段に12ということは下の段と
合わせて24台の早押し機。つまりここで準決勝が行われるということだ。これは
極めて異例である。他の地区の予選ではいくらでもあるが、読売テレビは頑張って
場所を探すので、YES-NOと準決勝、準決勝と決勝は必ず場所を移動する。
やはり急遽変更することになった影響が出ている。

ということは、決勝も万博公園内でやるのだろうか。歩き回って探すことにする。
水道ごとに「手をよく洗いましょう」「生水は飲まないでください」という張り紙が
ベタベタ張ってある。水飲み場は使用禁止である。
私なら「太陽の塔」の真下でやる。で、行ってみるが何もない。ということは、
向こうの森の中か。森を歩くが何のセットもない。もう1つ考えられるのは、大泉
緑地公園を前提に後の企画を考えていたのだろうから、決勝会場は昨年同様、大阪港
の付近になるのではないかということである。それにしてもこの自然文化園は
予想よりはるかに広い。全部を確かめることができないまま、10時になって
しまった。三浦アナと中元アナの前説が始まった。読売テレビは豪華にアナウンサー
を2人用意する。他の局だと前説をやっただけで帰るが、ここは最後まで独自に
収録をする。

----(ここまで)----

 近畿大会はあれだけ移動していたのに、26回から制作の主導権が変わったらしく、一切移動しなくなりました。それまでは関西の構成作家らが独自企画をしていましたからね。
 中元アナってすぐ辞めて、一時引退したような形になっていましたが、今は広島の番組に出ていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年5月22日 (土)

16回近畿大会(その1)

 J-CASTニュースを読んでいたら、登坂淳一アナウンサーについてこんなことが書いてありました。

----(ここから)----

 また、そもそも登坂アナが注目を集めたのは、07年夏に頭髪がいきなり白くなってしまったのがきっかけ。ネットでは「病気なんじゃないのか」といった声が挙がっていたが、北海道日刊スポーツ新聞の記事の中で何が起きたのかインタビューに答えている。
 NHK和歌山放送局に勤務していたころ、98年に毒物カレー事件が起きた。半年間とても忙しく、ストレスもあって白髪になってしまった。以来月に一度染めていたが、美容師に「(髪が)傷んでいる」といわれ、染めるのをやめたという。そのため、急に白くなったと誤解されてしまったようだ。

----(ここまで)----

 髪の毛が突然真っ白になったのは、染めるのをやめたからだったのか。こういうことを聞くのが国民の要請に応えるインタビューです。

 それでは前回話が出た16回近畿です。

----(ここから当時の引用)----

前回の北海道で、書き忘れていることがありました。

>>会場にはロープが、北海道の形に張ってある。恒例の人文字をやるためだが、
>>面積が相当狭く感じる。この中に全員入ってしまうほどの人数しか来ないと
>>いう計算か。

参加者数は688チームでした。

>>もう1つ気になることがある。5台の早押し機は5色に塗り分けられている。
>>常識的には赤・青・緑・黄色・オレンジになるはずである。
>>ところが、赤・青の代わりに黄土色と紫が使われている。

それぞれの野菜の色なわけです。

--------------------------------------

北海道から夜行列車で東京に行き、8月3日はそのまま出勤する。終わったあとで
新幹線に乗り実家へ、寝たのが2時で起きたのが6時。眠くて体が動かない。土曜の
午前3時ごろの福澤朗はこういう状態だろうかと思いながら、出かける準備をする。

さて、新しい会場の万博公園に向かう方法はいろいろあるが、近鉄で難波まで出て、
地下鉄御堂筋線に乗って千里中央まで行って、大阪モノレールに乗るという、最も
ありふれたルートで行くことにする。万博公園で近畿大会が行われるのは実に第3回
以来である。当時私も出たわけだが、モノレールなどもちろんなかった。
地下鉄の難波駅で新大阪止まりの電車をやり過ごすと、ホームに残ったのは3人組
ばかりである。モノレールの一般客の中に、「これは高校生クイズだろ。会場が
変わったというのが昨日の夕刊に出てた」と言っている人がいた。参加者は、最初に
送られてきた予選通知ハガキと、速達で届いた「会場変更」というハガキの2枚を
手にしている。番組側は電話でも各チームに連絡し、また大泉緑地公園にスタッフを
配置して、間違ってやってきた人を連れ戻すということもやっていたようだ。番組が
把握したところでは、大泉緑地公園に行った人が1人だけいて、その人のいるチーム
は途中まで2人でクイズをやった。

自然文化園に入るために入場券を買おうとしたら、券売機が動いていない。開くのが
9時だったのだ。参加者はハガキを見せて中に入っている。これでは6時に起きて
早く来た意味がなかった。仕方ないので周りを歩く。過去、近畿大会の会場は第9回
に至るまで同じ場所を使ったことがなかった。広島中央公園は今年で11回連続だが
(使われた回数は12回)、全国で唯一、近畿大会だけが、2回連続で同じ会場を
使ったことがない。今年ついにその伝統が破れるかと思ったら、そういう手抜きを
するなと神様に言われた。

----(ここまで)----

 当時は北海道がたったの688チームしか来ないと思っていましたが、今から考えると信じられないくらい多い参加人数です。

 この回の近畿大会は、堺市でやるはずがO-157の事件が発生して、3日前に会場が変わったのです。会場が変わるという例は、他には26回北陸ぐらいしかありません。今年、口蹄疫の影響はどうなるでしょうか。
 近畿大会だけが2回連続で同じ会場を使ったことがないと書いていますが、このときに万博公園になって以来、ほとんど万博公園でしかやらなくなりました。逆に広島中央公園が11回連続と書いていますが、広島中央公園はこの回を最後に二度と使われていません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

日本人の質問(その47)

 今夜の「みんなでニホンGO!」は、前半で金八先生の言う「人は支え合って生きるということから生まれた漢字」というのを否定します。これを言い出したのは新渡戸稲造で、事実とは違うことをわかっていて教訓話として広めたということです。一方で後半は、「道」は生首を掲げて歩いたところからとか「真」は生首を逆さづりにしたところからといったのをやっていましたが、「世界一受けたい授業」で武田鉄矢がやっていたのと同じではないか。前半で武田鉄矢を否定して後半で武田鉄矢のパクリ。

 それでは、他の番組がこれをパクっているのではないかと思われる「クイズ日本人の質問」です。

----(ここから)----

コアラの体重測定はどうやる?
コアラは何かにつかまっていないと安心しないので、木の枝のついた体重計を使っている。
赤ちゃんの場合にはぬいぐるみを使う。
ボウリングの靴はなぜデザインが派手?
1960年代、アメリカのボウリング場が、盗難防止のため、貸しシューズをカラフルにした。
「ひっぱりだこ」とは、何を引っ張るところからうまれた言葉?
蛸を干すとき、足を四方八方に引っ張る。これが、多くの人が1つのものを手に入れよう
と争って引っ張るさまに似ている。
電柱のてっぺんに黒いふたがあるものがあるが何のため?
電話線用のものにある。ふたをとると中が空洞になっている。昔はふたはついていなかっ
たが、昭和56年に、野鳥が中に落ちて出られなくなるという事件があって以来、ふた
をすることになった。
「おじや」という食べ物の語源は?
煮るときの音の形容から。女房言葉なので「お」がついている。
東京オリンピックで聖火を、国内を車で運んだときは、種火を何を使って運んだ?
そば屋用の出前機に積んだ。車の後部座席に取り付けた。
スチールたわしの作り方は?
180メートルの1本の針金で作っている。平らにつぶして強い刃でしごく。髪の毛をし
ごくと丸まるところにヒントを得た。平らにすることで、手を傷つけずに汚れをとる
ガッツポーズの起源は?
1970年代初めにボウリング雑誌で、選手が喜びを表す動作に、その雑誌の名前(ガッ
ツボール)をとって「ガッツポーズ」と名付けた。英語ではビクトリーポーズという。

----(ここまで)----

 コアラの体重測定もボウリングの靴も、つい最近何かの雑学番組で見ましたが、こんなころにすでに出題されていたんですね。すっかり忘れていました。
 そして17回高校生クイズの因縁のガッツポーズ問題がここでも出ています。ガッツ石松ではないということになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

22回四国岡山大会(その8)

 前回、筋肉番付の事故のことを書きましたが、今さら「脱出ゲームDERO!」のレギュラー第1回のビデオを見たら、オープニングでオードリー春日が「ケガしないように気をつけてください」と言っていたんですね。この番組で言うとリアリティがあり過ぎます。

 それでは22回四国です。

----(ここから当時の引用)----

クイズは1県ごとの対戦です。問題が出ると3人で水車に水をかけて、かじを正面から
見て反時計回りに回します。回った回数が規定の数に達すると早押しのスイッチが入る
仕掛けになっています(この回数、問題ごとに調整しているらしい)。不正解だと次の
問題で必要な回数が1割増しになります。当然、1問やっただけで全員ずぶ濡れになり
ます。3ポイント先取で全国大会進出です。

まず最初の香川県の対戦が終わりました。次は岡山県です。ところが、この2チーム、
回すのが下手です。全然動きません。1問目で解答権をとるのにすごく時間がかかり
ました。スタッフがやり方を指導しています。しかし、2問目をやってみて、問題は
そんなところではないということがわかりました。

大勢のスタッフが解答席のところに集まっています。収録が止まったままです。そして
スタッフが、セットを分解し始めました。これまで、セットが壊れて応急処置をして
クイズを続行するというのはいくらでもありますが、セットを分解するところまで
いったのは史上初です(16回近畿のセット使用断念はクイズ開始前)。そして何か
工事をしています。後でわかったところでは、今回のセットはすべて木でできているの
ですが、最初の対戦で思い切り水を吸い込んだため、軸の木が膨張して、穴に引っ
かかったそうです。前日のシミュレーションでは、そこまで徹底的に水をかけなかった
ので、こんな問題が発生することには気づかなかったらしい。このセットは西日本放送
側が作ったらしいですが、ただ板に穴をあけて棒を通すという手抜きの構造に問題が
あったようです。で、今、穴を削って広げているらしい。

収録が30分以上止まりました。その後の対戦でも、1問ごとにスタッフが集まって
何かやっています。このため、全部の収録が終わったのは7時前です。いくら交通の便
がいいところとはいえ、これでは帰るのが大変です。スタッフが乗る、高松空港からの
最終の飛行機まで40分ぐらいしかないのではないか。大急ぎで消えていきました。
深夜にスポーツうるぐすを見たら鈴木アナがスタジオでしゃべっていましたので、間に
合ったようです。

----(ここまで)----

 東京の美術スタッフは、「オレが作るならベアリングを使う」と言っていました。ちなみに16回近畿というのは、シーソーのようにペダルを踏むとヨットの模型が前進していって、最先端まで到達すると早押しスイッチが入るというものでしたが、チームによって進み具合に差があって公平なクイズができないということで、そのセットを全部やめてただの早押しクイズになりました。その場で思いついた「トワイライト早押しクイズ」というタイトルがついていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

22回四国岡山大会(その7)

 今夜の「逃走中」ですけど、近年の回で最もよかったのではないでしょうか。それにしても斉藤洋介を起用するとは。かつて逃走中で、まったく何もせず、開始十数分後に自首して抜けた人です。

 それでは22回四国です。

----(ここから当時の引用)----

最終回直前の「タイムショック21」で、高校教師が出ていて、その紹介VTRで
「目標はクイズ研を作って全国制覇することだ」となっていましたが、全国制覇って、
いったい何をすることなんだ!

さて、四国・岡山大会の準決勝です。タイルの絵を伝えるのに手間取るかと思ったら、
間違った写真を撮ってくるチームが全然いません。一問一答も簡単な問題が多くて、
どんどん決まっていきます。でも2問連続で答えられるルールになっているのは、そう
しないとものすごく時間がかかるという結果がシミュレーションで出たんでしょうね。
先に勝ち抜けたチームが、インスタントカメラで勝手に自分たちの記念写真を撮って
います。それにしても、クイズで携帯電話を配るような時代になったか。ちなみに
リダイヤルはできないような設定にしてあったようです。

6ラウンドぐらいで終わりました。次は決勝です。当初から、第1会場のセットの裏に
船のかじに水車を取り付けたものが置いてあるのを確認していました。あれを使うの
でしょう。噴水のある円形のプールにそれが並べられています。番組が使えるのは
プールの4分の1ということで、子供たちが平気で周りを泳いでいます。某所からの
情報によると、当初は14回でやったような、負けた人を海に落としていくクイズを
やるつもりだったのが、筋肉番付などで事故が続出したため、日本テレビの番組制作
規定が厳しくなって、できなくなったらしい。

----(ここまで)----

 高校でクイズ研を作って全国制覇って、当時なら間違いなく高校生クイズですが、今は必ずしもそうとは言い切れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

適当にたまった話

 昨夜、「悪いのはみんな萩本欽一である」に気づかなかったことを書きました。そして今日、小島慶子のラジオを聞いていて知ったのですが、昨夜は「ヤノマミ」も再放送されていたのではないか。ちなみに先日紹介した鈴木おさむの本では、ヤノマミの内容自体より、この番組を作ることのできるNHKのスタッフに嫉妬するというようなことが書いてありました。Xビデオステーションは非常に役に立っているのですが、衛星放送と実家の方の番組は見逃しが発生してしまいます。もっとも、ヤノマミは来週また再放送されるようですが。そういえば、萩本欽一をビデオにとったというコメントの人は、衛星のヤノマミは見られないとツイッターに書いていたっけ。

 今夜の「お試しかっ!」では、ファミリーマートの各ジャンルの食べ物で売り上げトップの製品を当てないと帰れま10をやっていましたが、おにぎりでは、1位が焼鮭で、ツナマヨ2種類は2位と3位でした。ところが裏の「ネプリーグ」では、セブンイレブンのおにぎりで多く売れているのはという問題が出ていて、ツナマヨの方が紅鮭より多くなっていました。狙って出しているのか? というか、こんなの両方見ている方がおかしいのですが。

 以前の書き込みを読み返していたら、高校生クイズ事前番組について重要なことを書き漏らしているのに気づきました。「全国大会名場面集」の最初は、第3回の「大東京空中散歩クイズ」です。ここでナレーションが、当時は高層ビルがほとんどなかった東京と言うのですが、1984年の東京に高層ビルがないということはないだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

22回四国岡山大会(その6)

 「悪いのはみんな萩本欽一である」を昨夜、関西テレビで放送していたのに気づきませんでした。4月中はずっとチェックしていたのに、あきらめていました。ビデオに残すチャンスを逃してしまった。一方、「ノブナガ」の「ごはんリレー」のゴールを毎日放送でやっているのには、放送開始5分後ぐらいに気づきました。以前当ブログで「CBCより3週間遅れで放送された」と書いたことがありますが、遅れが4カ月にまで広がっていたのか。

 それでは22回四国です。

----(ここから当時の引用)----

それでは移動します。この施設の東の端は、ずっと海に向かって防波堤が突き出して
いて、その先端にはガラスでできた赤い灯台があります。防波堤の付け根のところに
準決勝のセットがあるのですが、高校生は防波堤の途中まで進んでいきます。ここは
ベンチや屋根が取り付けられた休憩所のようなところになっています。いったい何が
あるのか。私も高校生の近くにいると、鈴木アナがやってきました。高校生には弁当が
出されているようですが、「周りの景色をよく見ながら弁当を味わってください」と
いうようなことを言っています。それだけで鈴木アナは去りました。記憶クイズか何か
をやるのか。

しばらくして、高校生がセットのところに戻ってきます。先ほど弁当を食べていた
ところで何が見えたかと聞いています。ポイントになるのは景色ではなく、弁当を
食べていたところの向かいの壁にある絵だったのです。私は全然気づいていません
でした。高松市制111周年を記念して、このサンポートに飾る絵を市民から募集。
1枚の絵をタイル1枚にして、それが数百枚、防波堤の壁に並べられているのでした。

各チームにインスタントカメラと携帯電話が渡されます。チームが1人と2人に分かれ
ます。1人の方はこの場所で、1枚のパネルを渡されます。それには、タイルの絵の
うちの1枚が描かれています。残りの2人は、タイルのある場所に行きます。そして1
人の方が携帯電話で2人に絵の特徴などを伝えます。それをもとに2人は、どの絵で
あるか判断して、それをインスタントカメラで撮ってくるのです。早く戻ってきた順に
パネルと写真を司会者に見せて、それが一致していれば解答席につくことができます。
解答席は5つあります。これが埋まった時点でタイルのクイズは終了です。

次は解答席の5チームに、先に着いた順に一問一答の問題が出されます。これで合計2
ポイントとると決勝進出です。ただし1問正解すると続けてもう1問答えることが
できるので、いきなり勝ち抜けることもあります。これが終わるとまた全チームで
タイルのクイズに戻るという繰り返しです。

----(ここまで)----

 地区大会のクイズに携帯電話が使われるような時代になったんですね。ルールがわかりにくいですが、解答席についた5チームそれぞれに問題が出されるのです。だから解答席についた時点で問題に答えられることは保証されるのですが、勝ち抜けが出ればその県は終わりになるので、なるべく上位の席につく必要があります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

未発表の新刊

 前回、「わかるテレビ」のダイヤモンドのくだらない話について書きましたが、昨日から毎日新聞で、ダイヤモンドの鑑定の不正について大々的に報道しています。今、毎日新聞が報道することにどの程度の影響力があるのかわかりませんが、前夜の谷亮子VTRの人がかかわっていたらおもしろいのにと思って確認したら、別の団体でした。

 評価をかさ上げといえば、先日ネット書店で某クイズ番組のサウンドトラックのCDを買おうとしてこのようなことがあったことを書きました。

----(ここから)----

 しかし到着予定日から1週間たっても届きません。こういうときのマニュアルに従って、まずはその店にメールを出しました。日本語で書きました。すると1日ぐらいたってから、郵送で紛失したのだろうという返事が来ました。そしてさらに1日ぐらいたったら、こちらが何もしていないのに、返金手続きが始まりました。私が本当に受け取っていないのか確認できていないのに。あま、じゃない、あのネット書店すげー。

----(ここまで)----

 この前見たら、このCDの取り扱いが復活していました。そこでクリックしてみると、前回私が買ったのと同じ出品元ではないか。これって、私のところに届かないで戻ったのをまた売っているということ? それはいいのですが、金額が、前回私が買おうとしたのの倍ぐらいになっているのです。このCDは貴重でもっと暴利をむさぼれるということに気づいたか。

 ネットと書籍といえば、東大生協駒場書籍部の店長のツイッターでこのようなものを発見しました。

----(ここから)----

【青春出版社6月新刊】 『IQ東大脳にチャレンジ!』東京大学クイズ研究会 東京大学クイズ研究会が出題するスーパークイズ120問!初級→中級→上級→超上級とステップアップする仕組みです。知の総合力が面白いようにステップアップします。

----(ここまで)----

 ここ以外では、出版元のページを調べてもありませんし、アマゾンなどでも見つかりません。もしかして先走って発表してしまったのか。今、東大の生協に行くと、なんでも東大とつければ売れると思っているのかというくらい本がありますが、ついに東大クイズ研まで引っ張り出してきたか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

22回四国岡山大会(その5)

 参議院選挙は、国会が普通に終われば7月11日、場合によっては7月25日ということですが、高校生クイズの予選はこの2日だけ外してあります。司会者が開票速報に出るのかな。
 ところで今夜の「わかるテレビ」は、後半はよかったのに、最初の方でくだらないことをやって客が逃げたのではないかと思います。有名人の結婚指輪のダイヤモンドの重さランキングなどという、どうでもいいVTRがありましたが、その1位は「巨人軍の谷佳知選手があの方に贈った指輪」。10人ぐらい取り上げていて、1位の指輪をもらった人だけ誰であるか一切放送しないのです。くだらない企画をするからこんな事態に追い込まれる。

 それでは22回四国です。

----(ここから当時の引用)----

7月13日の毎日新聞の国際面に、ロシア版ミリオネアの司会が出ていますが、まだ
25歳なんですね。あの年でああいう「ため」をやっているのだろうか。

さて、四国・岡山大会は敗者復活戦です。ルールは、誕生日の抽選です。月と日、
それぞれの箱からカードを引いて、その誕生日の人がいるチームが復活になります。
最大6チームが復活できるそうです。これは異例です。普通は復活できるのは1チーム
だけです。逆に言うと、次のクイズの企画が予想できます。

出たのは12月2日。該当の人が1人しかいませんでした。そしたら、もう1回抽選を
やるそうです。今度出たのは11月19日。2人いました。生徒手帳で確認しています
が、2人とも生まれたのは1984年。つまり、この人たちが生まれたのは、私が近畿
大会に出て負けた翌日か。この番組、ここまで歴史を重ねてきたか。また抽選をやる
そうです。すると11月31日が出てやり直しになりました。今度は8月3日です。4
人います。生まれたのは1985年と1986年だそうで、私が近畿大会で負けた直後
と私が近畿大会で勝ち残る直前です。全部で7チームになりましたが、全員の復活を
認めるそうです。

続いて同じ場所で準々決勝です。予想通り、三択でした。5ポイント先取です。そして
敗者復活の7チームは3問余計に正解しなければなりません。3問目が宮部みゆきに
関する問題で、4問目が「模倣犯」に関する問題です。日本テレビも宣伝活動が大変
です。って、私も「模倣犯」を宣伝する紙面を作らされましたが。毎日新聞と日本テレビ
が組んでいるのが不思議です。クイズは7問以内で各県4チームのすべてが決定する
ということはなかったものの、当然、敗者復活のチームは勝てません。大半のチーム
が正解できるようなパターンの問題がときどき出るので、逆転のおもしろみがあり
ません。

----(ここまで)----

 当時はまだ、敗者復活チームには絶対勝てないハンデをつけるようになっていたんですね。この次の回から敗者復活の意味が完全に変わります。今は、メインのクイズはお飾りで、本当に全国大会に出てもらいたいチームを選ぶために「敗者復活戦」をやっているのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

22回四国岡山大会(その4)

 「ラジオ番組表2010春号」が出ました。

 表紙をめくるとMBSラジオの広告です。土曜日の早朝に、豊島美雪と浅越ゴエの番組が始まったのか。高校生クイズ全国大会出場者とアタック25出題者…。

 それでは22回四国です。

----(ここから当時の引用)----

ここから○×クイズが続きます。本日は先週の中国と比べてもはるかに参加者が多い
ので(でも1000チームには達しない)、そう簡単には決まりません。1つの県から
8チームしか参加していないということもありません。それでも高知は2問目で決定
チームが出ました。3問目、出ました。これまでここで何度も書いている、第1回から
必ず毎回出て、しかも正解が全部同じという、あるパターンの問題です。4問目の前に
鈴木アナが「まんま」と言っています。おそらく、当初4問目に予定していた問題を
そのまま出すということでしょう。

5問目で中央の舞台を撤去して走りクイズになります。ここで正解が圧倒的少数で、
全部の県から一気に決定チームが出ました。次の6問目は鈴木アナがスタート地点の前
までやってきて問題を出して一緒に走ります。でもその演出の割には、かなりくだら
ない問題で、もったいない。

○×クイズがなかなか終わりません。沖縄は4問しかやりませんでしたし、こういうの
は最近珍しい。しかし10問目で愛媛県6チーム、香川県4チーム、岡山県5チームが
決定して、これでちょうど、全部の県が8チームになったらしい。昨年の近畿と同様の
突然の終わり方です。

ここで次の準備の間に、海に面したクイズ会場をもう一度観察に行きます。するとその
途中の噴水のあるプールに、何かのセットが組み立て始められています。どこかに
「決勝用海パン」と書かれた箱があったという情報もあり、ここで決勝をやることは
確実です。つまり本日は移動がないということになりました。四国・岡山大会で移動が
ないのは運大王のときを除けば8年ぶりです。やはり、急遽オーストラリアへ行くこと
が決まって、予算を節約しなければならなくなったのでしょうか。

----(ここまで)----

 この前の予選が、史上初の、○×クイズの通過チーム数と同じしか参加しなかった島根です。この時点では、今後、高知で○×の通過チーム数より参加チーム数の方が少なくなるとは想像できませんでした。
 香川県で行われる予選では、これ以後、会場を移動したことがありません。今年はもしかしたら全部の地区で移動しないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

22回四国岡山大会(その3)

 東急線に乗ったら、「クエスタ」を宣伝する車内広告が出ていました。なんとか視聴率を上げようと必死ですね。ただあの枠はドラマをやっていたときもあんなものでしたが。改めて「新感覚ゲーム」というサブタイトルを見ると、数十年前の「二十の扉」をそのままやっているのにどこが新感覚なんだと思ってしまいます。

 それでは22回四国です。

----(ここから当時の引用)----

オーストラリアについては、ようやくスタッフの一部が現地へ行ってロケハンを始めた
あたりらしい。

四国・岡山大会の第1問の正解発表です。舞台の横に○と×の箱があります。その上に
巨大風船が乗っています。○×それぞれ代表1チームが入ります。正解発表でどちらか
の風船が割れて中から水が落ちます。昨年の近畿大会と同じ発表方法です。そういえば
昨年の近畿の番組では、テレビ欄に「女子高生ビショぬれ」とか書いてあって、そう
いう方法でしか視聴者の関心を喚起できないのかと思いました。

ただ、昨年の近畿と違うのは、正解の方の風船が割れることです。そして×の側は強制
的に昨年の代表の岡山朝日高校が選ばれました。鈴木アナが「全国大会で何度も何度も
その純白なパンティーを見せてしまった!」私の親は、なぜあのチームばかり繰り返し
映すのかと批判していましたが。

第1問の正解が発表されて、例によって山口アナが出てきます。鈴木アナが、山口アナ
とは同期入社と言っています。この、民放アナウンサー独特の感覚が理解できません。
普通、違う会社に入った人と同期入社と言うか? 確かに系列局では研修の一部を一緒
にやるようですが、こういうことは言いたくないが、日本テレビに入るのと西日本放送
に入るのとでは決定的に違うわけで。

それはともかく、敗者復活の条件として、問題に正解しなければなりません。その問題
は、6月30日のFIFAランキング最下位決定戦で対戦した国・地域を答えるという
ものです(ブータンはこれで勝ってランキングが上がったんだよな)。そして山口アナ
は先ほど風船が割れなかった方の箱に入ります。正解なら風船が割れるというもの
です。当然正解するのは最初からわかっていることです。

----(ここまで)----

 FIFAランキング最下位決定戦って覚えてますか。日韓ワールドカップの決勝のときに、FIFAランキングの最下位と下から2番目の国がFIFA公認で最下位決定戦をやったやつです。
 「全国大会で何度も何度もその純白なパンティーを見せてしまった」は、21回の鳥取砂丘でのバラマキクイズで、転びまくってスカートの中が映った女子高生のことです。大和ミュージアムのクイズで転んだ女子高生と同様、スカートの中が映るといつまでも使われ続けるわけで。そんなことを書いてしまうと、余計参加者が減るか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

22回四国岡山大会(その2)

 新聞のラジオ欄を見ていて、あることに気づきました。ラジオ日本で巨人戦のナイター中継ができない日に放送される番組(ラジオ関西と岐阜放送でも放送)のメインパーソナリティが、高校生クイズの元構成作家(第1回から20回ぐらいまで担当していた人)ではないか。一放送作家がこんな長時間番組のメイン出演者をできるのか。ラジオ日本のこの枠には鉄道マニアコーナーがあるので、鉄オタのこの人が選ばれたのかな。私は、寝台特急「富士」が東京から鹿児島中央まで復活運転したときに、この人と乗り合わせたことがあります。

 それでは22回四国です。

----(ここから当時の引用)----

その四国・岡山大会、今回の会場は、高松駅前の「サンポート高松」です。高松駅前
といえば第1回・第2回で高松港が会場だったとき以来です。その後、大規模な
再開発が行われ、高松駅の場所が変わったりして、昨年ようやく完成しました。高松
の港のエリア一帯が、巨大公園のようになっています。こんなに交通の便がいい会場
なら、当日「超割」で来ても間に合ったかもしれないのに。四国岡山大会は、当日の
飛行機で間に合う場所が会場になることはまずないので(もっと遠い北海道や九州は
当日の飛行機で行けるのに)、超割を申し込む勇気はありませんでした。ということ
で、「サンライズ瀬戸」で来ました。前回の中国は開始ギリギリだったのでよく
わかりませんでしたが、各会場恒例のライブでは、セットのバックの絵もそれに
合わせたものになるということがわかりました。その前に抽選会も行われています。
参加者には裏表に○と×が描かれたうちわが配られています。

とりあえず、次の会場を探さなければなりません。どうも一部スタッフが、海に突き
出た灯台の方に歩いていくようなので行ってみると、海を背にしたところにこれから
何かのセットを組もうとしているようです。少なくとも準決勝までは移動がないこと
が確実です。それにしても、きょう7月7日は梅雨の中で唯一晴れた日で、ここから
瀬戸内海を臨む風景がものすごくきれいです。この場所で決勝までやってもおかしく
ないと思います。沖縄でも全然日焼けしなかったのに、今日はあっという間に黒く
なりました。

最終的にどこに移動するのかわからないまま、10時を回りました。鈴木アナは舞台
中央から跳ね上がってきました。2年前と同じ手法です。実は人が下から押し上げて
いるらしい。先週の中国ではそういう仕掛けはありませんでしたが、急遽、穴を
開けたのだろうか。

第1問はかなり苦しい。いきなり、四国で来年開かれる、聞いたことのないイベント
の話を出して、それに関する一般的知識の問題です。沖縄と同様、一般問題として
提出されたものを無理やり四国に結びつけて第1問にしたと思われます。

参加者の中でおもしろかったのは、「ファイアー福澤サイコー」と「27時間テレビ
『みんなのうた』ON AIR中」というのぼりを持ったチームです。

----(ここまで)----

 この日はフジテレビの27時間テレビが放送されていました。それにしても今や、高校生クイズの会場にのぼりを持ってくるチームは完全に消滅しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

22回四国岡山大会(その1)

 昨日の「徹子の部屋」は宮崎美子でした。内容は昔の映像と漢字検定1級です。「Qさま!!」の映像がそのまま使われていました。漢字検定は、番組でなくても団体で受験するときは専用の部屋を用意してくれるということを知りました。宮崎は初めて1級の問題集を見たとき、200点中7点しか取れなかったそうです。勉強すればできるようになるということです。そういえば、局アナ時代は宮崎宣子のような位置づけで、漢字が読めないので有名だった有賀さつきが、今では漢字の魔女などと言われているわけですし。

 それでは今回は、同じ日に2カ所で予選があった22回四国岡山大会です。

----(ここから当時の引用)----

さて、すでに発表されている通り、今年の高校生クイズにはニューヨーク予選という
のがあります。ニューヨークの高校に在籍して日本語ができれば参加することができ
ます。かつての冬の大会の時代の離島クイズと同じで、勝ち残った3人がチームを
組んで、全国大会に出られるというものです(もちろん日本までの旅費は日本テレビ
が出す)。6月22日の読売新聞夕刊(東京版)によると、鈴木アナの発案だそう
です。自分が高校時代に海外にいたので、高校生クイズに出ることができなかった
からだって。それなら日本にいたら本当に出たのか?

このクイズ、番組のホームページで日程と会場まで公表されているのですが、私は
見に行くことができません。休みがとれないとか金がないといった問題ではなく、
同じときに四国・岡山大会があるからです。先日の事前番組第2弾では、日本テレビ
の女子アナ3人が、ニューヨーク予選の司会の座をかけてクイズをやっていました。
その結果、阿部アナが勝ったのですが、ここで鈴木アナが「司会をできるのは僕に
勝ってからだ」と言って早押しで対戦して、結局鈴木アナが勝って「ラルフが司会を
維持」というようになっていました。しかし鈴木アナも四国がある以上、物理的に
ニューヨークの司会はできません。意味のない企画をやらずに素直に阿部アナを派遣
すればいいのに。

----(ここまで)----

 今回の部分では、四国の話が何もないではないか。事前番組で「ニューヨーク予選の司会の座をかけて」とか言いながら、結局司会をやったのは、そのときまったく関係なかった小野寺アナです。テレビ番組の企画なんていい加減で責任を取らないと自ら言っているようなものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

日本人の質問(その46)

 かつて北陸大会と近畿大会が同じ日だった第3回ですが、おそらく第2回と同じく近畿北陸大会にする予定だったのが急に分けることになったのだと思います。そして機材を北陸に持って行かれたため、近畿ではYES-NOクイズの正解発表に、第1回で使って第2回はお蔵入りしていた幕が使われました。そして早押し機がないので早押しをしないですむような決勝でした。正誤判定音が、5回までのウルトラクイズで使われていた古い音でした。

 それでは「クイズ日本人の質問」です。

----(ここから)----

キツツキは、虫をとるための長い舌が、どうやって口の中にしまわれている?
舌の中を通っている舌骨が、あごの下からふたまたになって頭の後ろを回ってくちばしの
あたりまで伸びている。筋肉でこの舌骨を押し出して舌を伸ばす。舌はギザギザでネバネ
バしている。
飛行機の出発時刻とは、飛行機がどうしたとき?
出発許可が下りたところでプッシュバックを始める。つまり車輪が動き出した瞬間が出発
時刻。
どうして「桑港」と書いて「サンフランシスコ」と読む?
「ソーホーシスコ」と聞こえたために、「桑方西斯哥」と表し後ろに「港」をつけた。こ
の最初と最後の字をとって簡略化した。
やすりの表面に、どうやってギザギザをつける?
熱を加えて柔らかくしてギザギザをつける。これを焼き入れして再び硬くする。このとき
のうわぐすりは味噌に食塩や硝石を加えたもの。やすりの表面に水蒸気の膜ができるのが
防がれるので、一気に冷やされる。
やかんのふたにある穴は、何という名前?
息抜きという。1900年代になってからできた。
渡り鳥がV字型になって飛ぶのはなぜ?
ある鳥がつくった上昇気流の中を飛ぶと楽に飛べる。V字型になると、全ての鳥が楽に飛
ぶことができる。
プードルのヘアスタイルの由来は?
16~18世紀に、ウォータードッグという水中作業犬が混入され、フランスに渡って改
良された。もともとは水辺の猟犬なので、作業しやすいように毛がカットされた。
「やじうま」という言葉の語源は?
「おやじ馬」から。若い馬の尻について歩くところから。自分に関係ないことについて騒
ぎ立てることをいう。

----(ここまで)----

 今見ると、雑学本っぽい問題が並んでいますね。本当に視聴者からの質問を集めたのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

本質隠す事前番組(その7)

 鈴木おさむのビジネス本が出ました。

 プレッシャーSTUDYについて書いてあります。当初はQさま!!メンバーがクイズをやっていましたが、毎分視聴率は何回やっても上がりません。しかしプロデューサーは、この企画には芽があるから育てようと言ったそうです。そして視聴者にリサーチした結果、おバカが答えられないのではなく頭のいいタレントが正解するところを見たいということがわかって、現在の人気につながったということです。鈴木は自分がプロデューサーなら打ち切っていただろうということで、必ずしも鈴木の力によって人気番組になったわけではないんですね。

 それでは事前番組です。全国大会名場面集。次は13回のクッキングです。今の高クイでは絶対にやりません。6回の敗者復活のカラオケ。一節太郎の顔を消していないところがあります。そして戸畑工業の映像はいつまでも使われ続けるんでしょうね。あんなリーゼントは見られませんから。
 13回の敗者復活のボーリングがあって、CMです。ちなみに参加者募集CMは、各地区の会場が決まっていないため、関東用の「西武ドーム」というところをぼかしています。

 次は「おもしろ高校生」。2回の外国人、70代の定時制女性、そして子持ち全国大会が映ります。
 「決勝の舞台」。第3回はディズニーランドというナレーションがあって、第4回の映像が出ます。去年の間違いがそのままではないか。さらに、第6回の決勝は富士山頂というナレーションで、第10回の映像です。これはわざとやっているのかもしれません。22回のメルボルン、27回のヴァンテアンがあって、「今年の高校生クイズで新たなドラマを生むのは君かもしれない」。しかしそのドラマは、ここで描かれてきたような映像にはなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

本質隠す事前番組(その6)

 高校生クイズの公式ツイッターで、大変なことが発表されましたね。今年から、高専生は5年まで参加できるというのです。つまり、高校に入るか高専に入るかで、出場可能年齢が異なることになります。昨年が最後と思っていた高専4年生は参加するでしょうか。それにしても、今ごろ急に発表されたということは、ここまでの応募が非常に少ないということなのだろうか。予選会場数ではエコノミクス甲子園に対抗して、こちらでは高専ロボコンに対抗しているということではないと思うけど。

 さて、各地で事前番組が放送されていますが、放送リストを調べると、なぜか札幌テレビと広島テレビだけ55分枠になっています。何か間違っているのかと思って、両局のホームページを何度もチェックしたりテレビ番組表サイトを見たりしましたが、特に変更されていません。昨年も事前番組にロングバージョンとショートバージョンがありましたが、日本テレビで40分しか流さないで他の局が長くなることがあるのか? それで、見に行ってきました。

 松下優也の後、CMなしで第1回関東の福留の「燃えているかーっ」が出ます。続いて11回沖縄大会の日の日の出のときに、福澤が紋付き袴で「紅蓮の炎が」とかいう映像、そして21回の全国放送のオープニング映像を撮るためだけにラルフが関ケ原に行って鎧甲を着た映像です。そしてナレーションが「高校生クイズ名場面集・地区大会編」。
 まず19回北海道のジャガイモ。3回東北の将棋倒し。9回北陸の滝修行。18回中国の船こぎ。25回中国の甲板掃除。女子チームが転んでスカートの中が映るところが使われます。
 まだ続きます。20回四国のうどん。7回九州のムツゴロウ。19回沖縄の水中。15分埋めなければいけないので、過去にないボリュームの総集編になっています。
 さらに「全国大会編」になります。7回の3人バラバラで、「知力は100問ペーパークイズを全問正解できればクリア」というナレーションになっています。これは事実と異なりますが、ここで正確なことを言ってもしようがありません。そして山形東が自動販売機で当たりが20回出ないところです。
 こんなのを放送して「どうだ、高校生クイズはおもしろいだろ」とやっても、今年の地区大会も全国大会もこんなクイズは全然やらないのをわかっているのに。

 総集編、まだ終わりません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年5月 7日 (金)

21回沖縄大会(その10)

 どうでもいいことですが、このようなことを書きました。

----(ここから)----

 妹尾自身、ABCラジオで長年続いていた番組が、昨年秋に、明らかに経費節減と思われる不自然な終わり方で局アナの番組に変わっていましたから、って、このブログでそういう話をしてもしようがありませんね。

----(ここまで)----

 4月から週1回、妹尾和夫の番組が復活していたことがわかりました。

 それでは21回沖縄です。

----(ここから当時の引用)----

最終ラウンドは、1チームが早くも2ポイントになりますが、そこからなかなか抜け
られず、いい展開になります。伏せている人たちに「足をプルプルやって」って、
これも福澤伝授のやり方です。最終的に、逆転で決まりました。全国大会進出が決定
すると「ラルフパワー!!」と叫ぶことがわかりました。この「パワー」という
フレーズは、叫ぶよりもむしろ通常会話で多用されます。ファイアーのように連呼
することもありません。最後に負けたチームにもすべて鈴木アナ自身がインタビュー
しています。

表彰式で最後に「パワー」と叫んだりすることもありません。ここでスタッフが
周囲の敗者に「フラッグやってみたい人」。これを撮影してどこかで使うらしい。
一方、鈴木アナが問題を録音し直しています。「トラ」という言葉のアクセントが
間違っていたからでしょう。鈴木アナと小野寺アナが砂浜の端の方で収録を
していますが、鈴木アナがまだ大物という感じではないので、主役に見えない。

3時過ぎにすべての収録が終わりました。うわさではスタッフは5時ごろの飛行機で
帰るらしい。そういうのが事前にわかっていればいいのだが。こちらは日程がどこ
まで遅くなるかわからないので、常に最終便しか予約するわけにはいきません。大分
時間が余る(ということで、この1回目は空港のラウンジで書いた)。

----(ここまで)----

 最初の予選から、問題を録音し直していたんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

21回沖縄大会(その9)

 「池上彰の学べるニュース」、今回は3時間淡々とニュースの解説をしていました。前回のスペシャルではドバイで現地取材をしていて、一方、フジテレビの番組ではマカオで現地取材をしていて、そんなものまったく興味ないのにと思いました。番組を作る側は、それが目玉だと思って予算を投入しているのです。昨日関西テレビで「偉人変人たかじん」という番組をやっていて、前回はよかったのに今回は海外取材のVTRに長時間を割いていて、見るのをやめました。なぜわざわざコストをかけてつまらなくする。「雑学王」が、ひたすら筆記問題を出すだけの番組になりましたが、最初からそうしていればいいのに、漢字の読み方とか日本のしきたりとかが長時間入るからつまらなくなっていました。

 それでは21回沖縄です。

----(ここから当時の引用)----

○×クイズをやった会場で決勝のセッティングをします。その横で抽選会をやって
います。決勝のセットは、砂浜にちょっと埋め込めばいいだけのお手軽なものです。
以前と比べると、予算がないのかと勘ぐってしまいます。決勝は早押しスイッチが6つ
あります。残っている合計18チームを3つに分けて、それぞれ6チームのうち2
チームずつがまず残って、その6チームで最終対戦をして代表1チームを決めます。
3年続けて沖縄の決勝は2段階方式になりました。それにしても、この形式をとると
いうことは、決勝は18チームと決まっていたわけですね(12チームでも可能)。
つまり、先ほどの復活チーム数が3だったのは、やはり全部同じ数のボールが入って
いたのか。

決勝のルール。砂浜に6本のビーチフラッグが立っています。解答者18人が向こう
を向いてうつぶせになっています。問題が出ると、チームの誰か1人が立ち上がって
旗に向かって走って、旗を抜くと解答権があります。抜くとスイッチが入るというの
は難しい機構だと思いましたが、実は旗の柄にスイッチがついていて、それを握る
だけなのでした。予選ラウンドは1問正解で勝ち抜け、最終ラウンドは3人全員が
正解すると全国大会進出です。まず見本ということで小野寺アナがやります。

予選第1ラウンドは2問で一瞬で終わりました。と同時に雨になります。そういえば
天気予報によると本日は全国で沖縄だけが晴れでありません。しばらく中断のあと、
第2ラウンド。違うチームの旗をとってアウトになったチームがあります。ここで
負けた女子チームなどに長々とインタビューします。横に古川アナもいるのに鈴木
アナ自身がやる。ここ数年の、明らかに番組から引いた態度をとっていた福澤アナ
とは対照的です(彼は17回から辞めることを考えて、あとは惰性でやっていたと
想像している)。第3ラウンドが終わったところで米軍機が真上を飛びます。沖縄は
そういうところであるのを再認識します。

----(ここまで)----

 抜くとスイッチが入るという機構について、技術スタッフがこの文章を読んで開発して、その後の企画で使われたらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

21回沖縄大会(その8)

 テレビ東京の「なんでも実況ショー」を、奈良テレビで1週間遅れで見ました。大半の実況を福澤朗がやっていたんですね。結婚式で使う肉を焼くところで「ジャストミートファイヤー!」。

 それでは21回沖縄です。

----(ここから当時の引用)----

1つ目のお題は「セールスポイント」。鈴木アナは「熱くて、濃い」ことだそうで、
これで「自分は当てはまらない」と帰る高校生は絶対にいません(そもそも沖縄の人
は顔が濃いし)。2つ目は「好きな沖縄料理」。ここまでは全員残すためのお題で
あることは言うまでもありません。ここからまともに落とします。「鈴木アナの誕生
日と同じ数字が自分の誕生日に含まれている」(4月25日生まれなので4か2か5
が含まれている)「血液型がA型」「星座がおうし座」ときて、10人残りました。
ところで、「残るのは個人単位で、最後まで残った3人のいる3チームが復活」と
いうことを正確に説明していなかったので、混乱が起きました。最近、スタッフの
入れ替わりが激しくて、こういうのが徹底されていないのでしょうか。

10人でジャンケンです。鈴木アナとあいこだと残るというルールで4人になり、
その4人同士でジャンケンして3人に絞りました。帰っている人たちに古川アナが
あわてて抽選会のお知らせをしています。そしてもう1つ、鈴木アナが驚くべき
お知らせをします。最後の近畿大会の後、全国のすべての敗者の中から1チームに、
鈴木アナが電話をかけるそうです。そのチームはいきなり全国大会進出です。
「いわば僕の21世紀枠です」。この企画自体はいいと思います。私はずっと前から
全国のすべての敗者から1チームを全国大会に出す敗者復活戦ができないかと思って
いました。しかし問題はその決め方です。今回はどうも17回がダブって見えるだけ
に、何か恣意的なことをするのではないかという危惧があります。受付のときに顔を
チェックして印をつけているんじゃないだろうな。もし、全国放送を見て、これで
選ばれたチームが美人なら、高校生クイズは今年で終わります。

----(ここまで)----

 21世紀枠ですけど、外見では選んでいないようですが、選ばれたのが桜蔭ということで、怪しいものを感じています。女子校としてもっとも偏差値が高いといわれるところですから。そしてこの回以外で、地区大会の途中で名前が聞かれたことすらない学校です。28回以降なら、全国大会に出てほしくてたまらないでしょうね。菊川怜の出身校でもありますし。なお、21回の全国大会では、桜蔭の姿はほとんど映りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

21回沖縄大会(その7)

 昨年2月の「ヤッターマン」のビデオを見ました。ドクちゃんの豆知識で、「コアラのマーチ」について、「昔ある店とコラボしてコアラのマーチ味のシェーキを発売していた」と言っています。これって当然ロッテリアです。この番組のスポンサーがマクドナルドだということをわかっているのか?

 それでは21回沖縄です。

----(ここから当時の引用)----

鈴木アナの使うフレーズ、「ならば」とか「何が何でもこの問題突破して」とか
「正解は、正解は」とか、明らかに福澤アナから指導を受けています。○×クイズの
4問目、全チームが同じ答えになります。全員不正解なら、その場で敗者復活です。
でも全員正解でした。6問目、一方の答えが2チームしかいません。するとまた鈴木
アナが舞台を降りてそれぞれのエリアと直接会話します。これも多い方が正解で、
この時点で15チーム。絶妙の落とし方です。1、3、5問目はまともな問題で、
2、4、6問目では落ちないようにしてあります。そして最後の7問目、また全
チームが同じになりました。で、全員正解。まさに最初から15チームにするため
に1問1問難易度を調整していたような感じです。

したがって敗者復活はないことになりました。去っていく敗者たちへのあいさつが、
福澤アナとまったく同じです。と、そこへ古川アナが登場。敗者復活をやってくれと
言います。そして敗者たちがラルフコールをすると、あっさり「敗者復活戦、開催!」
どうせ敗者復活をやることは決まっているのだから、くだらないやりとりをするより
この方がよほどいい。

敗者復活戦のルールは「ラルフといっしょ」だそうです。これから古川アナが箱から
お題を引いて、それが鈴木アナと一致している人だけが勝ち残り。最後まで残った人
がいるチームが復活して決勝進出です。これって北海道の持ち物チェックと同様、
最初から全部のお題の順番が決まっているのは明らかです。復活するチーム数は
また、箱から数字を引いて決めます。出た数は3です。

----(ここまで)----

 当時はラルフと福澤の使うフレーズが同じだったのか。今はそんな感じはしません。
 ここまでの私の文章を読むと、ずっとヤラセを疑っていますね。当時はパソコン通信で広く読まれないので、はっきり書いています。今ではこういうのが当たり前なのでいちいち書かなくなったというのもありますが。この先もこういう調子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

いろいろな再放送

 土曜日に関西テレビで「わかるテレビ」の前回のが再放送されていました。民主党政権に期待するようなつくりになっていて、今からすると違和感がありますが、もっとすごいのは、「来週、酒井法子被告の初公判がある」と繰り返していることです。よく放送できたな。そういえば、1カ月ほど前の「旅の香り」のスペシャルで、サンミュージックの社長が出ていて、「昨年はテレビでよくお見かけしました」とかヒロシが「今年の目標は去年の社長よりテレビに出ること」など、酒井法子ネタをつっこみまくっていました。そういえば、昨年の高校生クイズの北海道大会の後、札幌駅のマクドナルドで隣の若い女性2人が携帯電話を取り出してニュースサイトにアクセスしました。そして「のりピーまだ逃げてるのかな」。

 覚せい剤といえば、今年度から「鶴瓶の家族に乾杯」が深夜に再放送されるようになりました。本放送のときはプレッシャーSTUDYを見ているので、非常にありがたい。で、見ていたら続けて「SONGS」の再放送があります。鈴木雅之の回で、過去の映像に田代まさしが映りまくっているではないか。民放だったらそのまま映さないような気がします。

 NHKといえば、「クエスタ」の宣伝番組が5日に再放送されます。今度は関西も放送があります。そういえば今日、毎日放送では「クイズイマジニア2」が放送されていましたが(東京では昨年末にやっていた)、ここで20の質問で当てるクイズをやっていて、クエスタよりもよほど正解に迫っていました。今度の木曜日に「イマジニアスーパー」というのをやるようですが、どんな番組になるのでしょうか。質問だけで正解を見つける番組にしてほしいな。でもその日は裏のクエスタは休みです。

 スーパーといえば、「世界一受けたい授業」のスペシャルの再放送を見たら、東大寺学園のコーナーで、高校生クイズ出場者募集のスーパーが画面に加えられていました。最近スポンサー名を出すときにやる、バックに映っている文字をぼかすというのもやっていました。本当に人集めに必死です。その割には、募集開始が昨年よりはるかに遅かったですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

21回沖縄大会(その6)

 航空会社の早期割引運賃について、7月分までの販売が始まりました。夏にある用事のための航空券を取ろうとしたのですが、調べたら、JALのあの便がなくなっているではないか! 全体にJALが使いにくくなっていて、1回でもJALを使おうとするとスケジュールがうまくいきません。そのため全部ANAになってしまいました。会社更生法以降の縮小傾向ですが、これでは使ってもらえないからますます悪循環です。
 ちなみにこの文章は、大阪空港のサクララウンジで打っているのですが、前回来たときに比べて席が減っているように思うのですが。そして客も少ない。

 それでは21回沖縄です。

----(ここから当時の引用)----

鈴木アナが「沖縄本島以外から来た人はいますか」と聞きます。そしてまた、舞台を
降りて、手を挙げたチームの方に近づいていきます。この演出、徹底しています。
第1問の正解発表は、沖の○と×のボードをどちらかが突き破るという、見飽きた
企画ですが、そのジェットスキーを操縦するのは、鈴木アナ自身なのです。これも
史上初の演出です。司会者自身が動き回る今回の演出は非常にいい。しかし海上から
「○は自信あるか」などとあおっていると、操縦を誤って変なところを突き破って
しまうのではないかと、見ているこちらが不安になります。

YES-NOクイズから○×クイズに変わったので、当然、移動音楽も変わって
いました。第2問、圧倒的に一方に偏ります。ここで少ない方が正解なら、その全
チームが決勝進出と言います。ルールがわからんぞ。7問限定ということは全員7
問答えないといけないということではないのか? 説明が不十分です(先に書いて
おくと、この後にもルールの説明が不十分でわけのわからない場面が出てくる)。
こういうのが制作側に徹底されていないというのは不安を感じます。企画全体が
どうもケチくさいのと併せて、なんか大失敗の17回に裏方の事情がすごく似ている
ような気がするのですが。そこが今年の心配材料です。

----(ここまで)----

 この回ではありませんが、鈴木アナが沖縄大会であおっていて、ジェットスキーから海に落ちたことは実際にあります。
 移動音楽は16回まではずっと同じだったのに(2回を除く)、17回で変わって18回で走りクイズの方だけ戻ったものの、以後はほぼ毎回違う曲です。ウルトラクイズのファンなら、移動音楽自体が番組のイメージを想起させますから、この曲を変えることは許されないと思いますが、高校生クイズではもはや予選を放送しないし出場者も3年しかかかわらないしということで、軽く見てるんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

21回沖縄大会(その5)

 「NEWS ZERO」のホームページのラルフコラムが1年ぶりに更新されました。しかし高校生クイズのことは書いてありません。この時期だから募集しなければいけないのに。

 それでは21回沖縄です。

----(ここから当時の引用)----

第1問は、どう見ても一般問題として作られたものを無理やり出しています。もう
ご当地クイズは限界か。○と×に分かれて、鈴木アナが低い舞台の上から「パワー」
の発音練習をします。別に司会が変わったからといって新しいフレーズをつくること
はないと思うのですが。福留時代のように普通にやればいいのに。「パワー」を叫び
ながら鈴木アナが高校生の中に入っていきます。新しい司会の最大の特徴はこれ
です。舞台を降りて常に参加者の視点に立つ。だから司会の台があんなに低いの
です。他の予選ではどのようなセットになるのでしょうか。参加者は196チームだ
そうです。そんなにいるか。

○×クイズを特別なルールでやります。箱の中に1から21までの数を書いたボール
が入っていて、引いた数の問題数だけ○×クイズをやるそうです。そして全問正解
したチームはすべて決勝進出。また、その数が10チーム以下なら、全部の敗者を
対象に敗者復活戦をやるということです。この前、中部大会でやったのと同じ企画
ですが、どうせ同じ数のボールしか入っていないのではないか。そして引いた数は
やっぱり7。他の予選でも同じ企画をやるのかどうかわかりませんが、7に近い数
ばかり出たら、ネットで情報が流れてすぐにヤラセがバレるぞ。それにしても、○×
クイズの次がいきなり決勝とは驚きました。第2回や第3回を見ているようです。
移動しないことも含めて、なんか予算がないように見えるのですが。第21回の実現
はかなり危なかったのではないか。

----(ここまで)----

 このときの第1問って何だったっけ。「アイスクリームには賞味期限がない」だったかな。沖縄では以後、花火の問題など、一般問題を流用した第1問が定番になります。
 このとき、7問限定○×クイズがあって、私は「どうせ最初から7問に決まってるんだろ」と思ってたんですね。この回は他の地区でこの企画は行われていませんが、昨年、大声によって問題数を決めるというのは、ほぼこれをそのまま踏襲しているわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »