« 本質隠す事前番組(その1) | トップページ | 本質隠す事前番組(その3) »

2010年4月26日 (月)

本質隠す事前番組(その2)

 本日テレビ朝日では、プレッシャーSTUDYが再放送されていました。明日の2時間スペシャルの宣伝のためです。福澤朗が出るというのが目玉なんですね。おもしろいことに、今年の高校生クイズのメインパーソナリティ2人と共演しています。そして、宇治原が正解して「ジャストミート」と叫ぶのが放送されていました。

 それでは事前番組です。地区大会にはタレントが来るという映像が延々と続きます。次は昨年の中部大会でアンジャッシュ児嶋がすべるところとカレー大食いです。次は北九州大会の山本高広に対して高校生が山本高広のものまねをします。
 続いて四国岡山大会のノッチ。なお、全体を通して、映っていても有名でない人は名前が画面に出ません。ノッチの相方の安田であっても。ここで四国の第1問が放送されます。
 次は富士山大会でアントキの猪木が敗者復活の要求をして50メートルを6秒台で走るところです。そして近畿の天津木村のエロ詩吟を放送します。読売テレビは昨年使っていないので、あの内容が全部流れたのは初めてです。
 ダメ押しでラルフのナレーションが「すべての会場に芸能人が。君も地区大会に参加して一緒に盛り上がろう」。とにかく、実際は進学校以外が切り捨てられる番組だということはおくびにも出しません。

 CM後、古市アナが新しいメインパーソナリティを訪ねます。出てきたのはロザン宇治原です。古市アナが宇治原に、高校生を勧誘しろと言います。すると学生服を着た菅が現れます。宇治原が高校生クイズの魅力をプレゼンします。優勝すると世界旅行。そして参加賞として、茂木健一郎監修の「頭の良くなるタオル」をくれるそうです。さらにライオン製品詰め合わせ。あとは抽選で番組特製Tシャツと芸能人のお宝グッズが当たるということです。さらに今年は、参加者全員に海外旅行が当たるチャンスがあります。どうです、出たくなりましたか。昔は、そんなものがなくても今の何十倍もの人が出たくなるような魅力があったんですけどね。
 この後、今年最もわけのわからない話です。

|

« 本質隠す事前番組(その1) | トップページ | 本質隠す事前番組(その3) »

コメント

高校生がそんなものでだまされるほどバカではありませんからね。
twitterで「あんたらバカだろ?」って日テレに送ってやろうかなと思っているこの頃です。
芸能人にギャラ使う金があったら全国大会に力入れたらどうなんだっていう話ですよね…。

投稿: | 2010年4月27日 (火) 00時45分

視聴率の亡者ですよね、五味は。
F2層に媚びてまで数字を取りますから。

投稿: | 2010年4月27日 (火) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/48182758

この記事へのトラックバック一覧です: 本質隠す事前番組(その2):

« 本質隠す事前番組(その1) | トップページ | 本質隠す事前番組(その3) »