« クイズを見てあきれる | トップページ | 21回沖縄大会(その2) »

2010年4月21日 (水)

21回沖縄大会(その1)

 世界的に有名な、ネットで本を販売するところがありますね。そこに、世界中でやっていて日本ではみのが溜める番組のサウンドトラックのCDが出品されていました。非常に珍しい。出しているのはアメリカの店ですが、注文しました。
 しかし到着予定日から1週間たっても届きません。こういうときのマニュアルに従って、まずはその店にメールを出しました。日本語で書きました。すると1日ぐらいたってから、郵送で紛失したのだろうという返事が来ました。そしてさらに1日ぐらいたったら、こちらが何もしていないのに、返金手続きが始まりました。私が本当に受け取っていないのか確認できていないのに。あま、じゃない、あのネット書店すげー。このサービスが世界を支配した理由か。でもここを読んで悪用するヤツがいそう。それにしても、あのサウンドトラックは結局手に入りませんでした。

 それでは、おそらく今の司会者は今年で最後ということで、その人が最初に来た21回沖縄大会です。

----(ここから当時の引用)----

私が初めて飛行機に乗ったのは、大学卒業の前年、就職試験で最終面接に残って、
相手の会社から航空券を支給されて向かったときです。自分で金を出して飛行機に
乗ろうなどと考えたこともありませんでした。それが、国内線にマイレージが導入
されてから変わりました。無理してでも飛行機に乗ろうとする。さらにクレジット
カードも航空会社系のマイルに直結するものだけを使うようになるし。そういえば
@niftyの料金をJALカードで払うとマイルが2倍になるというのが今月で
終わるそうですね。そうしてためたマイルを何に使うのかというと、毎年6月中旬に
沖縄に行くための無料航空券に替えるのです。これだけは私にとってずっと前から
確実に日程が決まっている用事なので、2カ月前から早々に無料航空券を申し込めば
いいから使いやすい。

今年は沖縄大会の日程が番組の公式ホームページで発表されたのが、ちょうどその
2カ月前で危なかった。発売初日に無料航空券を申し込めないところでした。それに
しても、今やどの系列局も、第一会場がどこであるかホームページで自主的に発表
しますね。数年前にはとても考えられないことです。隠してもネットで情報が漏れる
から開き直って公開するしかないということでしょう。

6月16日、勤務を終えてから沖縄行きの最終便に乗って、翌日、那覇市中心部の宿
を出発します。今年の会場は昨年と同じ、北谷町のサンセットビーチです。那覇から
数分おきにバスが出ているところなので行きやすい。しかしバス内にも沿道にも3人
組の姿は見られず、バスを降りても全く人気がないので不安になります。本当に
きょうなんだろうな。しかしビーチの入口には、昨年と同様、白い半円のパイプ状の
門があって、番組名が書いてありました(昨年は黄色だったが。なお、ここに来る
途中のパチンコ屋のところに、黄色の門が設置してあるのがバスから見えた。これが
昨年の沖縄大会に貸し出された物だったりして)。一安心ですが、続けて次の会場を
探さなければなりません。一昨年から沖縄でも移動するようになったので気が抜け
ません。しかしどうやら、今年は移動がないらしいという証拠をつかみました。それ
にしては決勝のセットの用意が何もなくて不安です。

----(ここまで)----

 このころはまだ、系列局がホームページで予選について掲載することに驚いているのです。その少し前まで完全秘密主義でしたからね。私は13回のころ、札幌テレビに「高校生クイズの北海道大会は○月○日ですよね」と電話したら、「なんでそんなことを聞くんだ」と怒られたことがあります。
 そういえば、私が初めて飛行機に乗ったのは札幌テレビの最終面接で、実は内定したけど入社しませんでした。

|

« クイズを見てあきれる | トップページ | 21回沖縄大会(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/48142763

この記事へのトラックバック一覧です: 21回沖縄大会(その1):

« クイズを見てあきれる | トップページ | 21回沖縄大会(その2) »