« 本質隠す事前番組(その2) | トップページ | 本質隠す事前番組(その4) »

2010年4月27日 (火)

本質隠す事前番組(その3)

 渋谷のHMVに行ったら、今年の高校生クイズの応援ソングを歌う人がゴールデンウィークにインストアライブをするという告知がありました。調べたら、それに必要な券はすでに出払っています。しかしネットで検索すると、この人は各地のHMVでインストアライブを何回もやっているようで、ちょっと前だと自由観覧で観客が少ないと書いてあるようなブログもあります。高校生クイズにかかわるとわかる前なら見られたんですけどね。

 それでは事前番組です。参加者の特典がいろいろ発表された後、最も重大な発表があります。今年は前回までの13会場に加えて、山梨・長野・富山・石川・福井でも地区大会が開催されます(いずれも1県のみの大会)。「より参加しやすくなったという高校生も多いはず」というナレーションです。地区大会の会場に行きやすくして参加者を増やそうというのなら、なぜ中国大会を山陽と山陰に分割するのではないのか。代表を選ぶのにも危機的な参加者数しかない高知や佐賀で予選をやってやれよ。中部地方のみがここまで徹底的に分割されて、他は今までと同じというのがまったく理解できません。これって、エコノミクス甲子園がわずか4年目で20会場になって、石川や福井では高クイよりエコ甲の参加者の方が多いというのがくやしいから、とにかく会場の数を増やしたかったとかじゃないの? それでスタッフが行きやすいところにだけ新会場をつくったと。

 次は先日の「世界一受けたい授業」スペシャルの映像をそのまま使います。東大寺学園が暗算をやって早押しをやるところです。大量のタレントが出ていましたけど、そのままこちらの番組に流用して大丈夫なのか。木原実に答えられたのはもちろんカットです。そしてその本番終了後の東大寺学園が茂木に、芸能人にからまれた話をしています。次長課長河本には「さん」をつけるのに、小島よしおは呼び捨てです。ここでナレーション。「次にたくさんの芸能人と触れ合いスターになるのは君かもしれない」。つまり参加することだけでなく、勝ち残ることも芸能人との関係でしかとらえていないのです。芸能人とさえ言っておけば高校生がそんなに食いつくと思っているのか。
 この後、やはり疑惑の裏付けが。

|

« 本質隠す事前番組(その2) | トップページ | 本質隠す事前番組(その4) »

コメント

第3回以来の同日2会場開催が2回ありますね。ウオッチャー泣かせw

投稿: DJコミュニティ改められTSM | 2010年4月27日 (火) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/48193958

この記事へのトラックバック一覧です: 本質隠す事前番組(その3):

« 本質隠す事前番組(その2) | トップページ | 本質隠す事前番組(その4) »