« 20回中国大会(その4) | トップページ | 20回中国大会(その6) »

2010年4月16日 (金)

20回中国大会(その5)

 今週、フジテレビで深夜に「のだめ×ウソホンティ」という番組をやっています。もちろん、のだめの映画の宣伝ですが、ちゃんと両者の出演者が出てウソホンティの形式で(のだめに関する)クイズをやって、文字とかBGMとかもウソホンティになっています。さすがにスタジオは使えなくてロビーみたいなところで収録していますが。ウソホンティはまだ復活させるつもりがあるのかな。

 それでは20回中国です。

----(ここから当時の引用)----

今度は先ほどの敗者復活のステージに長野アナが現れました。抽選会です。長野アナ
の方が藤村アナより先輩なのに、どうしてこちらが番組に出られないんだ。はっきり
言って、長野アナの方が藤村アナよりずっとうまい。そういえば、17回のとき、私
がかつて広島テレビのアナウンサー試験で最後の方まで残ったことを書きました。
そのとき合格したのが藤村アナで、そのとき新人アナウンサーだったのが長野アナ
です。脇田アナは「僕も昔、高校生クイズの司会をやらされたんだよ。自分の年齢で
あんな風に叫ぶのは、かなり無理してやった」と言っていました。その試験の1カ月
後ぐらいに中国大会に来たら、安井アナ(今は辞めて東京で「プラス1」の17時台
に出ている)に「アナウンサー試験に来ていた人じゃない」と声をかけられました。
なんでそんなことがわかるんだ。

五日市から紙屋町へ向かうには、広島電鉄を使えば乗り換えなしです。というか、
紙屋町から逆算して第1会場がここになったのではないか。広島電鉄を収録に使う
可能性が十分あります。

広島電鉄の五日市駅に行くと、やはりスタッフがいました。しばらく様子を
うかがっていると、高校生と藤村アナが現れて、ルール説明を始めました。先ほどの
クイズの結果発表は広島電鉄の車内で行われます。敗者を1チームずつ発表して
いって、そのチームは途中の駅で降ろされるそうです。なお、この電車に乗ること
さえできないチームが1つあって、早速発表されます。敗者復活が2チームだったの
は、途中駅の数の都合か? なお、今回の敗者復活チームには、準決勝でのハンデは
特にありませんでした。

----(ここまで)----

 この広島テレビの試験のときにいて、今も局アナをやっているのは他に、山口放送の瀬川アナ、南海放送の合田アナ、和歌山放送の北尾アナ。合田アナは一度いなくなって復帰したみたい。去年、CBCの神尾アナが移動になるのに気づかず、名古屋に行くのが1日遅くて番組を聞き逃した話は書きましたっけ。

|

« 20回中国大会(その4) | トップページ | 20回中国大会(その6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/48098474

この記事へのトラックバック一覧です: 20回中国大会(その5):

« 20回中国大会(その4) | トップページ | 20回中国大会(その6) »