« 21回沖縄大会(その3) | トップページ | 本質隠す事前番組(その1) »

2010年4月24日 (土)

昔と先の話

 舛添の行動で思い出したことがあります。ちょうど3年前の「たかじんのそこまで言って委員会」のビデオを見たら、公務員制度改革について舛添要一が、公務員と対決するだけではうまくいかないと言って、「彼らの力を利用しながら必ずまとめますから」。そして隣にいる原口一博に向かって「民主党なんか話題にも上らんでしょ。こういう人たちを相手にしないで、自民党の中だけでしっかりまとめますから」。それに対して後ろから橋下徹が、どのくらいまでにと聞くと、連休明けぐらいと言います。公務員制度改革を連休明けまでにまとめるだと? 自民党の中だけでしっかりまとめる? 民主党なんか相手にしないと言っていて、自分が野党に落ちたら離党です。昔の番組を見ると、よくこんなことが言えたなと恐ろしくなることのオンパレードです。CMでは、ドコモが「ナップスターができる」と宣伝してるんですよ。

 全学一般教養ゼミナールで思い出したことがあります。私は「電子コミュニケーションとネットワークの利用」というのを受講しました。担当教官は竹内敬人となっていましたが、なぜ化学の教授がと思っていたら、教室に現れたのは吉村伸という助手です。助教授以上の名前でないと講座を開けないから名前を貸していたのです。この吉村、「竹内教授の授業を聞きにきたヤツは帰れ」に始まって、異常に態度が悪い。しかし実はこれは、学生がいやになってどんどん人数が減ってから、本当にやる気のある者だけにインターネットのアカウントを与えるための演技だったのです。途中から、学生時代の友人という古瀬幸広という人も来て講義をしました。吉村伸と古瀬幸広って、90年代ごろにインターネットに詳しかった人は必ず知っている名前のはずです。私がこの講義を受けた当時は、日本でインターネットにつながる施設が数えるほどしかありませんでした。これが私とインターネットとの出合いです。

 全然クイズに関係ありませんね。それではクイズの話。NHKのBSでやっている「cool japan」に出ているウクライナの人は、ものすごい美人です。本当に一般人かと思います。ちなみにgoogleで「cool japan う」と入力した時点で「cool japan ウクライナ」と出ますので、多くの人が同じことを考えていることがわかります。なお、出演しない週もあります。そんなことを書くのではなかった。5月2週目の放送のテーマが「雑学」で、クイズの有名オープン大会が取材されたようです。この会場の担当はウクライナの人ではなかったのかな。

|

« 21回沖縄大会(その3) | トップページ | 本質隠す事前番組(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/48164325

この記事へのトラックバック一覧です: 昔と先の話:

« 21回沖縄大会(その3) | トップページ | 本質隠す事前番組(その1) »