« 第3回タビキング(その3) | トップページ | 最近の番組 »

2010年4月 2日 (金)

第4回エコ甲全国大会(その30)

 秋葉原に行ったら、まだクイズマジックアカデミー6が稼働している店がありました。ゲームを開始しても閑古鳥です。参加者16人のうち本当の人間は2人だけ。もう1人は明治大学の近くの店らしい。当然、決勝まで行けます。決勝の最後の問題がタイピングで、答えが全然わからなかったのですが、相手が「おつかれさま」と入力してきました。

 それではエコノミクス甲子園です。全国大会決勝の20問目、名大附属のみ正解で、愛光が「協力」、ラ・サールが「裏切り」。これで名大附属が76ポイント、愛光が78ポイント、ラ・サールが85ポイントです。
 21問目、完全な学問の問題で、名大附属とラ・サールが正解。ゲーム理論チャンスです。ラ・サールは優勝まであと15点ですから、名大附属は絶対に「裏切り」を選ばなければいけません。それがこともあろうに「協力」。今年のエコノミクス甲子園は、こんなバカな結末で終わるのか。ラ・サールは敗者復活から優勝です。

 優勝インタビューで「エコノミクス甲子園はラ・サールのためにある」と言うと、女の司会が本気になって否定します。ラ・サール出身の男の司会も「そんなことはないんです」。
 17時前に終了して、表彰式です。筆記の個人1位は灘の人でした。審査委員長は、自分でも筆記をやってみて、去年はトップをとれなかったので、今年はやらなかったそうです。優勝の副賞に金5グラムがついています。プレゼン賞は原宿の4チームです。

 シティの人が英語で講評します。この間に私は抜けます。もうすぐ公開が終了するのに見ていない映画があって、今日ちょうどそれを1000円で見られる映画館を発見したのですが、今から出ないと間に合いません。野中ともよが変な話をしに来るのか確認したかったのに。

|

« 第3回タビキング(その3) | トップページ | 最近の番組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/47975691

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回エコ甲全国大会(その30):

« 第3回タビキング(その3) | トップページ | 最近の番組 »