« 学問偏重 | トップページ | 20回中国大会(その2) »

2010年4月12日 (月)

20回中国大会(その1)

 昨日「噂の!東京マガジン」を見たら、北野誠があっさり復帰しているではないか。番組内で「ところであんた誰?」とか、「それはあんたが1年休む前の話や」などと、いなかったことをネタにされています。あとはナイトスクープですが、探偵を増やしすぎたからもう入れないかな。あ、参院選に出る岡部まりの代わりとか。

 それでは久々に、過去に書いたリポートです。今回は、この前話題にした、20回中国大会です。

----(ここから当時の引用)----

ようやく予選も半分を終わり、次は中国大会です。会場は広島市西部の、五日市駅
から南に歩いたところにある、新しい埋立地です。まだ何もできていませんが、住宅
地を造成しようとしているのがわかります。各区画ごとに住宅の基礎の建築が
始まっていて、そのひとつひとつに設置された仮設トイレがすごい数です。これなら
高校生クイズで仮設トイレを用意しなくてもいいのではないか。

また、ネットに高校生クイズの情報を流している人たちに会いました。私はまだ、次
の会場がどこであるかわかっていないのですが、向こうはもうわかったそうです
(「こんなに簡単にわかってしまってはつまらない」と言っていたらしい。すっかり
私と同じ境地になっています)。しかし、それとともに「まっぷる」を見せられ
ました。2001年4月にオープンする紙屋町地下街を先取りして紹介というような
内容が載っています。ということは、今回の決勝地である、広島市中心部の紙屋町
地下街というのは、まだ建設中なのか? 過去にこのようなパターンとしては、6回
の四国で、建設中の瀬戸大橋の上でやったことがありますが、地下街の工事現場で
やられたのでは、見られるわけがないではないか。まあ、こんな段階であきらめる
わけにはいきませんが。

今年初めての、平日の予選です。「ズームイン!!朝!」は山口県の錦帯橋からの
中継でした。やはりわざわざ高校生クイズの担当局と違うエリアから放送して
います。広島テレビにはズームインの中継と高校生クイズの予選を同時にやるのは
きついのでしょう。来週の東北大会の日は山形県からの中継なのではないか。司会者
の移動のため、クイズ開始時刻が通常より遅くなっています。

一昨年から舞台に大画面がつくようになりましたが、中国大会だけはなぜか一昨年も
昨年も大画面が来ませんでした。今年が初めての大画面です。それで張り切っている
のかどうか、読売テレビのように注意事項を表示したり予選の番組の放送日を表示
したりしています。

----(ここまで)----

 五日市駅の南のエリアは、建物の建設は進んだのでしょうか。航空写真を見ると、何もないように見えますが。
 当時は高校生クイズのために当日のズームインを現地から中継していたんですね。最近はレギュラー番組を優先して高校生クイズの方が代理になることが増えました。

|

« 学問偏重 | トップページ | 20回中国大会(その2) »

コメント

今年はW杯の年。
ということは、今年はラルフが抜ける所もあるんですかね?
去年は全大会に出ましたけど。

投稿: | 2010年4月12日 (月) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/48064305

この記事へのトラックバック一覧です: 20回中国大会(その1):

« 学問偏重 | トップページ | 20回中国大会(その2) »