« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

21回沖縄大会(その4)

 本日昼にNHK(関西を除く)で「クエスタ」の宣伝番組を45分もやっていましたね。過去の番組を編集して、ダメな質問例もやっていましたが、ロケによる新しいVTRもかなりありました。これって、民放が不振なドラマのてこ入れをするときに使う手法ではないか。さすがに危機感を持っているんでしょうね。今夜の本編は、今までに比べれば多少マシでした。問題が、正解が出せるようなものになっていましたから。

 それでは21回沖縄です。

----(ここから当時の引用)----

そういえば、今年の東京のスタッフのTシャツは薄い黄色です。もともと東京の
スタッフのTシャツはずっと黄色だったのですが、9回あたりから違う色を使うよう
になって、その後めまぐるしく変わりました。黒とか濃い青といった、炎天下の活動
にふさわしくない色もありましたが(昨年のオレンジは、途中から誰も着なく
なった)、原点に戻ったことになります。ただし昔の黄色とは少し色合いが違い
ます。また、Tシャツの前と後ろにミズノのマークが入っています。予算がなくて
タイアップでつくってもらったのか?

古川アナの前説は続きます。鈴木アナの紹介をするのに、「沖縄では深夜1時ごろに
やっていた『とんねるずの生でダラダラいかせて』でいじめられ、いや、かわい
がられていた…」。深夜1時か。そして、携帯電話の電源を切れと言います。以前は
いくらでも使えたんですけど、ここまで普及しすぎると、規制せざるを得なくなった
わけです。ヘリコプターがやってくるとラルフコールをさせます。どうも準備に時間
がかかっているようで、古川アナが延々としゃべっています。同じことを繰り返して
大変そうです。

「果たしてラルフはどのように登場するのか」。別に海からやってこようと空から
やってこようと、今さら驚かないぞ。ところが、私は鈴木アナの登場に心底驚かされ
ました。収録が始まる前に普通に歩いてきたのです。これは想像もつかなかった!
福留時代のウルトラクイズはずっとこうでしたが(登場の演出はなく、いきなり司会
台に立っているところから番組がはじまる)、高校生クイズでは昨年の和歌山大会
だけでしょう。鈴木アナは高校生の中央に入ります。この状態から収録がスタート
して、ここで問題を出して、鈴木アナが高校生と一緒に砂浜を走るらしい。これは
過去20回まったくなかった新しい演出です。新時代を飾るにふさわしい。ちなみに
小野寺アナも走ります。

----(ここまで)----

 以前は地元のスタッフが白いTシャツなのに対し、東京から派遣されるスタッフは色つきのTシャツでした。理由はわかりませんがやらなくなりました。
 驚いたのは、この前の回までは、会場で携帯電話を使うことが規制されてなかったんですね。まだ携帯電話を持っていない人の方が多かったぐらいだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

本質隠す事前番組(その5)

 昨日の日刊ゲンダイに、宮崎美子と麻木久仁子を比較する記事が載っています。クイズでは宮崎の方が優秀ということになっています。そして麻木はプレッシャーSTUDYで、同じチームの芸能人が間違えると「何やってるのっ!!!」の怒号がスタジオ内に響き渡るそうです。それで麻木を怖がる芸人が後を絶たないんだって。これについて麻木本人がツイッターで書いています。

----(ここから)----

kunikoasagi 今、記事見ました。クイズに間違えた人を麻木が怒鳴り付ける声がスタジオに響き渡るってやつですね!こんな人がホントにいたら私もコワイよ(^w^) RT

----(ここまで)----

 それでは事前番組です。今年も「突撃ハイスクール」があります。藤田アナが向かったのはお茶の水女子大附属高校。ここは山崎直子宇宙飛行士の母校です。卒業文集と当時の写真が出ます。うわっ、こんなだったんだ。深い意味はありませんよ。そんな失礼なことは書けません。
 大自然科学部というところに行きます。ここで世界自然遺産に関する○×クイズを出します。そしてメンバーを高校生クイズに勧誘です。次は菓子研究クラブ。ここでも菓子に関する○×クイズ。体育館に向かって中国武術部で○×クイズ。ここでの問題は「世界の国で最も人口が多いのは中国である」。
 そして校内放送をして、高校生クイズ参加希望者を体育館に呼びます。合計60名来ます。

 ということで番組はここまでです。ちなみにこの番組、新聞のテレビ欄では「高校クイズ」の5文字だけで終わっていましたので、どれほどの人が気づいたのでしょうか。クイズファンにとってはアタック25の真裏だし。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年4月28日 (水)

本質隠す事前番組(その4)

 日本テレビでは今度の日曜日に、「世界一受けたい授業」のスペシャルが再放送されます。2週連続で、東大寺学園の早押しクイズを流すのです。高校生クイズの宣伝に必死な感じです。

 それでは事前番組です。応援ソングの過去の映像が流れます。そして今年の人を隠してCMになりますが、ここで流れる参加者募集CMに、応援ソングを歌う人の名前が出ているではないか。松下優也という人はまったく知りません。この応援ソングは、聞いたことのある人とない人が交互に出てきますね。「JUNON」で今年ブレークしそうな男性アーティスト1位に選ばれたそうです。
 13会場にかけつけてライブをするそうです。13会場というのは、昨年予選が行われた13都市のことです。こうなるとやはり、予選会場を後になって無理やり増やしたことが感じられます。
 ここで松下に、予選が最初に行われるのは何県という問題が出ます。これを正解します。沖縄から始まるということはわかりましたが、くわしい日程は一切放送されませんでした。なお現在、携帯サイトのみに予選日程が掲載されています。第3回の北陸と近畿がともに1984年11月18日に行われて以来26年ぶりの、同じ日に2カ所で行われる予選があります(正確には、22回の四国岡山大会とアメリカ大会も一応同じ日だが)。
 この後、昔はこんなにひどかったのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

本質隠す事前番組(その3)

 渋谷のHMVに行ったら、今年の高校生クイズの応援ソングを歌う人がゴールデンウィークにインストアライブをするという告知がありました。調べたら、それに必要な券はすでに出払っています。しかしネットで検索すると、この人は各地のHMVでインストアライブを何回もやっているようで、ちょっと前だと自由観覧で観客が少ないと書いてあるようなブログもあります。高校生クイズにかかわるとわかる前なら見られたんですけどね。

 それでは事前番組です。参加者の特典がいろいろ発表された後、最も重大な発表があります。今年は前回までの13会場に加えて、山梨・長野・富山・石川・福井でも地区大会が開催されます(いずれも1県のみの大会)。「より参加しやすくなったという高校生も多いはず」というナレーションです。地区大会の会場に行きやすくして参加者を増やそうというのなら、なぜ中国大会を山陽と山陰に分割するのではないのか。代表を選ぶのにも危機的な参加者数しかない高知や佐賀で予選をやってやれよ。中部地方のみがここまで徹底的に分割されて、他は今までと同じというのがまったく理解できません。これって、エコノミクス甲子園がわずか4年目で20会場になって、石川や福井では高クイよりエコ甲の参加者の方が多いというのがくやしいから、とにかく会場の数を増やしたかったとかじゃないの? それでスタッフが行きやすいところにだけ新会場をつくったと。

 次は先日の「世界一受けたい授業」スペシャルの映像をそのまま使います。東大寺学園が暗算をやって早押しをやるところです。大量のタレントが出ていましたけど、そのままこちらの番組に流用して大丈夫なのか。木原実に答えられたのはもちろんカットです。そしてその本番終了後の東大寺学園が茂木に、芸能人にからまれた話をしています。次長課長河本には「さん」をつけるのに、小島よしおは呼び捨てです。ここでナレーション。「次にたくさんの芸能人と触れ合いスターになるのは君かもしれない」。つまり参加することだけでなく、勝ち残ることも芸能人との関係でしかとらえていないのです。芸能人とさえ言っておけば高校生がそんなに食いつくと思っているのか。
 この後、やはり疑惑の裏付けが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

本質隠す事前番組(その2)

 本日テレビ朝日では、プレッシャーSTUDYが再放送されていました。明日の2時間スペシャルの宣伝のためです。福澤朗が出るというのが目玉なんですね。おもしろいことに、今年の高校生クイズのメインパーソナリティ2人と共演しています。そして、宇治原が正解して「ジャストミート」と叫ぶのが放送されていました。

 それでは事前番組です。地区大会にはタレントが来るという映像が延々と続きます。次は昨年の中部大会でアンジャッシュ児嶋がすべるところとカレー大食いです。次は北九州大会の山本高広に対して高校生が山本高広のものまねをします。
 続いて四国岡山大会のノッチ。なお、全体を通して、映っていても有名でない人は名前が画面に出ません。ノッチの相方の安田であっても。ここで四国の第1問が放送されます。
 次は富士山大会でアントキの猪木が敗者復活の要求をして50メートルを6秒台で走るところです。そして近畿の天津木村のエロ詩吟を放送します。読売テレビは昨年使っていないので、あの内容が全部流れたのは初めてです。
 ダメ押しでラルフのナレーションが「すべての会場に芸能人が。君も地区大会に参加して一緒に盛り上がろう」。とにかく、実際は進学校以外が切り捨てられる番組だということはおくびにも出しません。

 CM後、古市アナが新しいメインパーソナリティを訪ねます。出てきたのはロザン宇治原です。古市アナが宇治原に、高校生を勧誘しろと言います。すると学生服を着た菅が現れます。宇治原が高校生クイズの魅力をプレゼンします。優勝すると世界旅行。そして参加賞として、茂木健一郎監修の「頭の良くなるタオル」をくれるそうです。さらにライオン製品詰め合わせ。あとは抽選で番組特製Tシャツと芸能人のお宝グッズが当たるということです。さらに今年は、参加者全員に海外旅行が当たるチャンスがあります。どうです、出たくなりましたか。昔は、そんなものがなくても今の何十倍もの人が出たくなるような魅力があったんですけどね。
 この後、今年最もわけのわからない話です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

本質隠す事前番組(その1)

 1カ月ほど前にフジテレビで「悪いのはみんな萩本欽一である」という番組が放送されました。私はテレビ雑誌でタイトルが気になっていたのにすっかり忘れていて、後で動画サイトで見ました。BPOのバラエティ番組に対する意見書を踏まえた番組で、萩本欽一が素人のおもしろさを利用することでバラエティ界に革命をもたらしたが、萩本が24時間テレビの司会をすることで「いい人」のイメージをつけられてしまって人気がなくなっていく過程が法廷コントの形式で描かれます。今、テレビ界で素人を使いづらくなって、「THE1億分の8」も結局芸能人しか出なくなった? そんな中、高校生クイズも6桁×5桁の暗算を見せる芸人が登場するような番組にせざるを得なかったわけで。

 さて、関東では第30回高校生クイズの事前番組が放送されました。最初の映像は、第1回と第11回と第21回の高校生クイズです。そして新たなメインパーソナリティと応援ソングのアーティストの顔が隠されていて、それに加えて「参加するだけで海外旅行ゲットのチャンス」。出てもらうためにそんなことまでするか。

 CM後はひたすら、昨年出た芸能人を映すだけです。芸能人が来るから出てと繰り返しているのですが、現実は超有名進学校だけを代表にして、放送では全国大会しか使わないと思われるのに(全国大会に出ても一切放送されないチームもある)。
 関東大会に茂木健一郎と菊川怜が出ます。茂木は「BRAIN! イェ~」。さらにオードリーが出て来て、第1問が読み上げられます。春日が水びたしになった後、敗者復活の要求でアメフトをやります。カメラワークに結構凝っていて、これは去年の予選の番組で使われてたっけ。
 南東北のサンドウィッチマンの漫才、中国で有吉宏行が「ゲイのハーフ」と言ったところ、北東北の鳥居みゆきの登場場面と続きます。
 この後、それを全部放送するのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

昔と先の話

 舛添の行動で思い出したことがあります。ちょうど3年前の「たかじんのそこまで言って委員会」のビデオを見たら、公務員制度改革について舛添要一が、公務員と対決するだけではうまくいかないと言って、「彼らの力を利用しながら必ずまとめますから」。そして隣にいる原口一博に向かって「民主党なんか話題にも上らんでしょ。こういう人たちを相手にしないで、自民党の中だけでしっかりまとめますから」。それに対して後ろから橋下徹が、どのくらいまでにと聞くと、連休明けぐらいと言います。公務員制度改革を連休明けまでにまとめるだと? 自民党の中だけでしっかりまとめる? 民主党なんか相手にしないと言っていて、自分が野党に落ちたら離党です。昔の番組を見ると、よくこんなことが言えたなと恐ろしくなることのオンパレードです。CMでは、ドコモが「ナップスターができる」と宣伝してるんですよ。

 全学一般教養ゼミナールで思い出したことがあります。私は「電子コミュニケーションとネットワークの利用」というのを受講しました。担当教官は竹内敬人となっていましたが、なぜ化学の教授がと思っていたら、教室に現れたのは吉村伸という助手です。助教授以上の名前でないと講座を開けないから名前を貸していたのです。この吉村、「竹内教授の授業を聞きにきたヤツは帰れ」に始まって、異常に態度が悪い。しかし実はこれは、学生がいやになってどんどん人数が減ってから、本当にやる気のある者だけにインターネットのアカウントを与えるための演技だったのです。途中から、学生時代の友人という古瀬幸広という人も来て講義をしました。吉村伸と古瀬幸広って、90年代ごろにインターネットに詳しかった人は必ず知っている名前のはずです。私がこの講義を受けた当時は、日本でインターネットにつながる施設が数えるほどしかありませんでした。これが私とインターネットとの出合いです。

 全然クイズに関係ありませんね。それではクイズの話。NHKのBSでやっている「cool japan」に出ているウクライナの人は、ものすごい美人です。本当に一般人かと思います。ちなみにgoogleで「cool japan う」と入力した時点で「cool japan ウクライナ」と出ますので、多くの人が同じことを考えていることがわかります。なお、出演しない週もあります。そんなことを書くのではなかった。5月2週目の放送のテーマが「雑学」で、クイズの有名オープン大会が取材されたようです。この会場の担当はウクライナの人ではなかったのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

21回沖縄大会(その3)

 東京大学の教養課程に「全学一般教養ゼミナール」というのがありました。今はシステムが変わっているようです。必修科目でも選択科目でもなくて、完全に受講は自由です。各教官が、自分のやりたいテーマで小人数講義をするものです。
 当時、国際政治学の助教授だった舛添要一の講義要項には「毎週、英語および日本語の大量の論文を読むことを課す。生半可な覚悟では受講できない。途中でやめることは絶対に認めない」と書いてありました。ところが学期の途中でいきなり、舛添自身が退職しました。あの講義は単位がつかなかったのではないか。このころから舛添はそういう人だったということです。

 それでは21回沖縄です。

----(ここから当時の引用)----

もう一つは言うまでもありません。さっき「司会者交代特番」と書きました。これを
スムーズに行うためには、かなり早い段階から「ラルフ、ラルフ」と繰り返し周知
しなければなりません。高校生たちは司会者が目当てなのではなく、企画自体が
おもしろいから来るのであって、誰が問題を出そうとついてきますが、福澤だと
思って会場に行ったら知らない司会者が出てきたというのでは「なんだ、あいつは」
ということになって盛り上がらなくなります。だからいかに事前に司会者交代を
知らせるかが重要です。10年前は、参加規定書を開くと上半分全部を使って、福澤
アナの写真と「オレの名前は福澤朗 オレの合言葉はジャストミート」と書いてあり
ました(その後、花王にジャストという洗剤があるのでこのフレーズは使えないと
いうことになり、予選通知ハガキには「福澤朗との合言葉はFire」と書かれて
いた)。そういう意味で、今回早くも事前番組を2本もつくったのは正解です。なお
6月10日に一部地域で放送された事前番組は非常におもしろかった。なぜ今まで
こういう番組がつくれなかったのでしょうか。ここ数年、本編を見ないように仕向け
て番組を終わらせたいと思っているかのようなひどい内容の事前番組が続きました
が、これまで繰り返し言われてきたことがようやく実現に向けて動き出したという
ことで、まるで小泉改革を見ているようです。

あ、もうこんな行数だ。想像もできないような鈴木アナの登場の仕方については
次回。

----(ここまで)----

 ここ数年のひどい事前番組というのは、予選の内容を一切放送せず、単に出場者の高校生をバカにするような演出だったり、逆に高校生活の単なるドキュメンタリーで「おまえがドキュメンタリーを作りたいけど枠がないから高クイを利用してるだけだろ」と思うような番組が福澤時代後期に続きました。これらを見ることによって高校生クイズ本編を見たいと思うとは考えられません。2001年の司会者交代特番というのは、福澤・ラルフしか出演しないのに西武ドームを借り切って収録したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

21回沖縄大会(その2)

 この前書くのを忘れていましたが、高校生クイズに出場した高校生で最もいい思いをしたのは、20回中国大会の代表ではないでしょうか。広島市の最も中心地に自分の名前がずっと刻まれているわけですから。今でも紙屋町交差点の地下に行けば番組プレートが見られます。

 それでは21回沖縄です。

----(ここから当時の引用)----

クイズ開始の10時が近づきます。沖縄テレビの古川アナが前説をしていますが、
ここで、番組のバッジがもらえるジャンケン大会をやると言います。今年はそんな
ものを作ったのか。10チームに当たるのですが、2回ジャンケンしただけで5
チームになってしまいました。沖縄の参加者、見るからに少なそうです。番組が成立
するのか?

ここで前説が日本テレビの小野寺アナに交代します。おそらく「TVおじゃマンボウ」
でしょう。そしてまた古川アナに戻ります。沖縄テレビの深夜番組の関係者が参加
しているらしい。こういうのはかつての「TVおじゃマンモス」に限らず各局が独自
によくやっています(8回の北海道では「アタックヤング」のリスナーから募った
参加者が全国大会に進出してしまった)。

「今年は大きく変わった点が2つあります」。1つ目は、YES-NOクイズが○×
クイズになったことです。5月3日に一部地域で放送された司会者交代特番でこれが
発表されて「超ダサい」と思いました。なんか、2月に「MACWORLD
Expo」の基調講演を聴きに行ってジョブズが花柄と水玉のiMacを発表した
ときと同じ感覚です。これが変わることは、番組に本質的に何の意味もありません。
そして、20回やってきたものを今回だけ呼び方を変えるなんて、実に格好悪い。
それなら第1回から○×クイズにしろよ。で、どうせ全国放送では1問も放送され
ないのだろうから、一般視聴者には変わったことがわからないわけですね。来年また
YES-NOクイズに戻るかも(一応、来年も番組があることを前提として)。

----(ここまで)----

 今回の文章はいろいろ時代を感じさせますが、最もなつかしいのは花柄と水玉のiMacですね。いつの間にかiPhoneの会社になっていますが。変わっていないのは、当時から予選の○×クイズは全国放送で使われないということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

21回沖縄大会(その1)

 世界的に有名な、ネットで本を販売するところがありますね。そこに、世界中でやっていて日本ではみのが溜める番組のサウンドトラックのCDが出品されていました。非常に珍しい。出しているのはアメリカの店ですが、注文しました。
 しかし到着予定日から1週間たっても届きません。こういうときのマニュアルに従って、まずはその店にメールを出しました。日本語で書きました。すると1日ぐらいたってから、郵送で紛失したのだろうという返事が来ました。そしてさらに1日ぐらいたったら、こちらが何もしていないのに、返金手続きが始まりました。私が本当に受け取っていないのか確認できていないのに。あま、じゃない、あのネット書店すげー。このサービスが世界を支配した理由か。でもここを読んで悪用するヤツがいそう。それにしても、あのサウンドトラックは結局手に入りませんでした。

 それでは、おそらく今の司会者は今年で最後ということで、その人が最初に来た21回沖縄大会です。

----(ここから当時の引用)----

私が初めて飛行機に乗ったのは、大学卒業の前年、就職試験で最終面接に残って、
相手の会社から航空券を支給されて向かったときです。自分で金を出して飛行機に
乗ろうなどと考えたこともありませんでした。それが、国内線にマイレージが導入
されてから変わりました。無理してでも飛行機に乗ろうとする。さらにクレジット
カードも航空会社系のマイルに直結するものだけを使うようになるし。そういえば
@niftyの料金をJALカードで払うとマイルが2倍になるというのが今月で
終わるそうですね。そうしてためたマイルを何に使うのかというと、毎年6月中旬に
沖縄に行くための無料航空券に替えるのです。これだけは私にとってずっと前から
確実に日程が決まっている用事なので、2カ月前から早々に無料航空券を申し込めば
いいから使いやすい。

今年は沖縄大会の日程が番組の公式ホームページで発表されたのが、ちょうどその
2カ月前で危なかった。発売初日に無料航空券を申し込めないところでした。それに
しても、今やどの系列局も、第一会場がどこであるかホームページで自主的に発表
しますね。数年前にはとても考えられないことです。隠してもネットで情報が漏れる
から開き直って公開するしかないということでしょう。

6月16日、勤務を終えてから沖縄行きの最終便に乗って、翌日、那覇市中心部の宿
を出発します。今年の会場は昨年と同じ、北谷町のサンセットビーチです。那覇から
数分おきにバスが出ているところなので行きやすい。しかしバス内にも沿道にも3人
組の姿は見られず、バスを降りても全く人気がないので不安になります。本当に
きょうなんだろうな。しかしビーチの入口には、昨年と同様、白い半円のパイプ状の
門があって、番組名が書いてありました(昨年は黄色だったが。なお、ここに来る
途中のパチンコ屋のところに、黄色の門が設置してあるのがバスから見えた。これが
昨年の沖縄大会に貸し出された物だったりして)。一安心ですが、続けて次の会場を
探さなければなりません。一昨年から沖縄でも移動するようになったので気が抜け
ません。しかしどうやら、今年は移動がないらしいという証拠をつかみました。それ
にしては決勝のセットの用意が何もなくて不安です。

----(ここまで)----

 このころはまだ、系列局がホームページで予選について掲載することに驚いているのです。その少し前まで完全秘密主義でしたからね。私は13回のころ、札幌テレビに「高校生クイズの北海道大会は○月○日ですよね」と電話したら、「なんでそんなことを聞くんだ」と怒られたことがあります。
 そういえば、私が初めて飛行機に乗ったのは札幌テレビの最終面接で、実は内定したけど入社しませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

クイズを見てあきれる

 この前、東大に行ったら、「たけしのコマ大数学科」に出ている人を初めて見ました。非常に地味で、テレビに出ている人のように見えません。というか、一般人のレベルで見てもそれほどではない。そういえば先週の「ガリレオ脳研」で、見たことのない「現役女子東大生タレント」という人が出ていましたが、あのレベルでもタレントになれてしまうのか。そういえば今思い出しましたが、先週の「プレッシャーSTUDY」で、コマ大に出ている東大大学院生タレントが、「違憲」の反対語を答えられないのにはかなり驚きました。

 先週の「クエスタ」のビデオを見ました。毎回つまらないと書いて、もう書きたくないのですが、本当に番組として危険な状態なので書かざるを得ません。最終コーナーの前まで両チームとも1問も正解できないというのはどういうことだ。問題が悪いというのと、解答者に問題があるというのの両方です。私は(正解が画面に出ない問題のうち)2問正解したぞ。その中の1問は、この人は何のエキスパートでしょうという問題で、小野田舞という名前に異様に聞き覚えがあって考えたら、「笑ってコラえて!」に出た電卓日本一の人ではないか。ここも笑コラをパクるのか。私が解答者なら「その人は電卓に関係ありますか」と聞いてしまいそうです。
 さらに最終コーナーでは、「肩車と風車」で「風に関係ありますか」、「コンカツとトンカツ」で「結婚に関係ありますか」と聞いたのを違反ヒントにしているのに、相手チームが「そろばんと電卓」で「電気を使いますか」と聞いたのはスルーです。もうグダグダです。NHKの午後8時から全国ネットで流していいのか。

 話は変わって、高校生クイズの事前番組第1弾が放送されるそうですね。東京では今度の日曜日の13時20分から14時だそうですが、高校生クイズに出てもらいたいクイズ研系は、完全に裏の「アタック25」を見るんじゃないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

日本人の質問(その45)

 クイズマジックアカデミーをやっていたら、問題の間違いを発見しました。「所さんの20世紀解体新書」を答えるのですが、問題文が「テレビ朝日の番組」になっています。ここに書いたら関係者が読んで直るかな。

 さて、当ブログで「クイズ日本人の質問」の問題を検索している人が意外にいます。久しぶりに載せます。

----(ここから)----

「新米社員」などというときの「新米」があまりよい意味でないのはなぜ?
もともと「新前かけ」からきている。丁稚奉公するとき新しい前かけを支給された。
東京駅地下の銀の鈴待合所の隣にある「り」と書かれた扉の中には何がある?
理容室になっている。社員専用のもの。
スズムシは羽でどうやって音色を出している?
右羽の裏にやすり、左羽の裏にまさつ片がある。やすりにはギザギザが約300あり、羽
を立ててこすって音を出す。
地図記号の茶畑はなぜ点3つになっている?
茶の実を図案化したもの。種が3つ、三角形に入っている。
中華料理の前菜の「クラゲ」はどんな種類のもの?
備前クラゲという種類で、直径が1メートルある。中国や日本の九州の近海でとれる。刻
んでから70~75度の湯に入れてでき上がり。
「七輪」という名前の由来は?
1回の煮たきに使う量の木炭(200~300グラム)がおよそ七厘で、経済的であると
いうこと。
鳩レースは、それぞれの鳩が自分のすみ家に帰るのに、どうやって公正に記録を出す?
鳩時計というもので、帰った時刻を記録する。鳩についている標識を入れると、自動的に
記録される。勝手に鳩時計を開けると失格になる。
洗濯ばさみは、工場でどうやって組み立てている?
1つ1つ手作業でつくる。握ると開く逆ばさみを使って、バネをとりつける。

----(ここまで)----

 東京駅の理容室って今もあるのかな。私は見たことがありません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

20回中国大会(その7)

 1カ月前の「オレたち!クイズMAN」のビデオを見たら、「笑ってコラえて!」にも出ていた資格マニアの人が出て、問題を考えなくても問題文の表現だけで正解の選択肢を選べる方法について解説しています。
 そういえば、今夜のクイズMAN2時間スペシャルに出る人は、今度の水曜日の笑コラにも出ます。映画の宣伝ですからね。私が銀座で見たスペシャルゲストクイズの人です。

 それでは20回中国です。

----(ここから当時の引用)----

クイズは2県ずつ2回に分けて行われます。昨年の全国大会の準決勝と同じリフトが
4台あります。解答者の前には大量の電球が置いてあります。問題が出ると目の前の
電球を1つ持ってリフトに乗ります。自分の命綱をリフトに取り付けて「安全第一」
と叫ぶとリフトが上昇します。高校生がケガをするのが最も困るわけですから、この
あたりのルールは徹底しています。さて、リフトが天井に近づくと、天井に取り付け
られた筒(ソケット)に電球をねじ込んで、電球がつくと同時に早押しのスイッチが
入ります。通常は表示が立ち上がるようになっているわけですが、ここでは天井に
逆さに取り付けられています。こういう設備をつくる高校生クイズの技術力は
すごい。高校生クイズのスタッフが発明して、あらゆるバラエティー番組に使われて
いる仕掛けは多数あります。こんなおもしろいものをどうして全国放送で見せない
のか。

電球の中には5個に1個、つかないものがあります。その場合は再び降りて別の電球
をとらなければなりません。正解するごとに1人抜けていって、3人とも勝ち抜けた
チームが全国大会進出です。

山口県の代表は、第1会場に一番乗りして紹介されたチームでした。表彰式が終わる
と私は速攻で会場から逃げ出します。それまでも私がヘルメットをかぶっていない
ので、工事現場の人に交じってビクビクしながら見ていました。早くしないと先ほど
の入口が封鎖されている可能性もあります。まだ16時半ぐらいです。これで2日後
にはまた名古屋で高校生クイズを見ているとは信じがたい。

----(ここまで)----

 当時はクイズの展開とか全然書いていなかったということがわかります。まだ全国放送で少しは予選が流れる可能性がありましたし、他のサイトでどんどんネタバレするような状況でもありませんでしたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

20回中国大会(その6)

 NHKのBSで「総合診療医ドクターG」という番組が始まりました。再現ドラマで患者が症状を訴えて、それがどういう病気であるかを本物の研修医が当てるというものです。こんなものをクイズ番組にしてしまっていいのか? 司会は浅草キッドだし(NHKだから「玉袋筋太郎」ではなく「玉ちゃん」)。

 それでは20回中国です。

----(ここから当時の引用)----

まだ乗り込まないようなので、私はやってきた電車で先行することにします。紙屋町
の上空にはヘリコプターもいました。広島市の中心部でクイズをやるのは、実に脇田
アナが司会をやった16年前以来です。さて、紙屋町の交差点に立って周囲を見回す
と、確かに地下街の入口がたくさん建設されています。しかしどこも網のようなもの
がかけられて封鎖されています。当たり前か。挑戦者にくっついて堂々と入っていく
つもりでしたが、まだ余裕があると思って銀行に行っているうちに着いたらしくて
見失いました。後で知ったところでは、どうやらゴールでは「実は降ろされた方が
勝者」というどんでん返しもあったようです。8回の中部と同じパターンです。

しかし、よく探すと、交差点の南東にある入口のところに、高校生クイズのTシャツ
を着た老人が座っています。この人は工事現場側の人でしょう。入口の周囲には
フェンスがありますが、中をのぞくと、降りていく階段にすき間があって、どうやら
ここから下に入れるようです。フェンスの扉を開けて、Tシャツを着た人に「高校生
クイズはこちらでよろしいでしょうか」と言います。すると「ここを降りて右に
ずっと行ったところです」と、あっさり通してくれました。まさか、この下で高校生
クイズが行われることを知っている人間が、番組と何の関係もないなどとは思わ
なかったのでしょう。私はただ、この人に質問しただけで、何もウソは言って
いません。

降りる階段も、通れる部分は非常に細い。中は暗くて完全にコンクリートがむき出し
で、危険な感じです。もちろんここに居合わせる人は全員ヘルメットをかぶって
います。私がここで事故に遭っても完全に自己責任です。まさに良い子が真似しては
いけないことをやっています。クイズ会場は交差点の真下です。地上から何か音楽が
聞こえてきました。どうも広島そごうの4時のからくり時計らしい。福澤「そごうも
精一杯やっております」。

----(ここまで)----

 まさに建造物侵入の遺伝子。この予選は、そごうが民事再生法を申請した直後です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

20回中国大会(その5)

 今週、フジテレビで深夜に「のだめ×ウソホンティ」という番組をやっています。もちろん、のだめの映画の宣伝ですが、ちゃんと両者の出演者が出てウソホンティの形式で(のだめに関する)クイズをやって、文字とかBGMとかもウソホンティになっています。さすがにスタジオは使えなくてロビーみたいなところで収録していますが。ウソホンティはまだ復活させるつもりがあるのかな。

 それでは20回中国です。

----(ここから当時の引用)----

今度は先ほどの敗者復活のステージに長野アナが現れました。抽選会です。長野アナ
の方が藤村アナより先輩なのに、どうしてこちらが番組に出られないんだ。はっきり
言って、長野アナの方が藤村アナよりずっとうまい。そういえば、17回のとき、私
がかつて広島テレビのアナウンサー試験で最後の方まで残ったことを書きました。
そのとき合格したのが藤村アナで、そのとき新人アナウンサーだったのが長野アナ
です。脇田アナは「僕も昔、高校生クイズの司会をやらされたんだよ。自分の年齢で
あんな風に叫ぶのは、かなり無理してやった」と言っていました。その試験の1カ月
後ぐらいに中国大会に来たら、安井アナ(今は辞めて東京で「プラス1」の17時台
に出ている)に「アナウンサー試験に来ていた人じゃない」と声をかけられました。
なんでそんなことがわかるんだ。

五日市から紙屋町へ向かうには、広島電鉄を使えば乗り換えなしです。というか、
紙屋町から逆算して第1会場がここになったのではないか。広島電鉄を収録に使う
可能性が十分あります。

広島電鉄の五日市駅に行くと、やはりスタッフがいました。しばらく様子を
うかがっていると、高校生と藤村アナが現れて、ルール説明を始めました。先ほどの
クイズの結果発表は広島電鉄の車内で行われます。敗者を1チームずつ発表して
いって、そのチームは途中の駅で降ろされるそうです。なお、この電車に乗ること
さえできないチームが1つあって、早速発表されます。敗者復活が2チームだったの
は、途中駅の数の都合か? なお、今回の敗者復活チームには、準決勝でのハンデは
特にありませんでした。

----(ここまで)----

 この広島テレビの試験のときにいて、今も局アナをやっているのは他に、山口放送の瀬川アナ、南海放送の合田アナ、和歌山放送の北尾アナ。合田アナは一度いなくなって復帰したみたい。去年、CBCの神尾アナが移動になるのに気づかず、名古屋に行くのが1日遅くて番組を聞き逃した話は書きましたっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

20回中国大会(その4)

 3月はじめに次のようなことを書きました。

----(ここから)----

 ポータルサイトを見ていたら、ANAの旅割の広告が出ていました。もう6月搭乗分まで発売しているのか。それで、6月27日夜の那覇~羽田の便を調べたら、スーパー旅割はすでに空席待ちになっています。

----(ここまで)----

 そして4月5日にこのようなメールが来ました。

----(ここから)----

ANAインターネット予約サービスをご利用いただきありがとうございます。
お預かりしていた空席待ちの席がご用意できました。
[予約の詳細]より、内容をご確認ください。
□確認期限
4月29日までに予約の確認を行ってください。確認期限を過ぎると、ご予約は自動的に取消されます。
※お支払いは、予約の確認後に表示される「お支払い期限」までにお済ませください。
□便情報
[1] 6月27日 ANA 994 沖縄(那覇)(20:50) - 東京(羽田)(23:10) 普通席 スーパー旅割

----(ここまで)----

 別にこの日に何があるというわけではありません。当ブログには関係ない話でしたね。29日までに何かの発表がないかな。

 それでは20回中国です。

----(ここから当時の引用)----

最初のセットで、三択の問題が簡単で、あっという間に1グループが抜けてしまい
ました。収録時間のめどを立てるために、1グループ目はすぐ抜けるようにしている
のだろうか。その後はなかなか進みませんでした。その間に、会場の後方に別の
セットがつくられています。ここで敗者復活戦をやるわけです。今度は藤村アナが
登場しました。ルールは四国と同じで、誕生日を抽選して該当する人がいるチームが
復活できるというものです。ただし、複数いる場合はジャンケンをして1チームに
絞ります。そして、それを2回繰り返して合計2チームが復活するというのです。
敗者復活で「2チーム」と指定されているのは極めて珍しい。なぜ2チームなの
でしょうか。しかも、ジャンケンで2チームにすればいいものを、なぜ抽選を2回
繰り返すのか。

敗者復活をやっている間に、会場の前方では別のセットがつくられています。準決勝
もここでやるのです。今度は司会が藤村アナです。まず、大画面を使った映像四択
クイズが5問出ます。広島テレビは初めて大画面が来たからか、変に張り切って
いますね。そういう企画ができるのは読売テレビだけだと思っていましたが。これが
難しい。私はまったくわかりませんでした。続いて五感を試すクイズのセットが
4カ所用意されています。各チームは思い思いの順番で各セットのクイズに挑戦して
答えを解答用紙に書きます。聴覚のクイズは、風鈴の音を聞いて、その風鈴の素材を
当てるというものです。触覚は、箱の中を手で触ってある名産品を当てます。嗅覚も
同様に、箱の中のにおいを嗅いで名産品を当てます。そしてもう1つは宮島の
しゃもじが大量に積んであって、何本で1キログラムになるかを当てるというもの
です。このペーパークイズの結果は別のところで発表されます。

----(ここまで)----

 一昨年に地区大会の準決勝で五感ペーパークイズというのがありましたが、元ネタがこんなところにあったのか。私は完全に忘れていました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月14日 (水)

20回中国大会(その3)

 以前、こんなことを書きました。

----(ここから)----

 どうでもよかったですね。もう一つ。長野県飯田市のコンビニでファンタZEROのグレープを見つけました。

----(ここまで)----

 先週末、別の用事で飯田に行ったら、そのコンビニにファンタZEROグレープはありませんでした。ところで、そこへ向かう途中で電車が非常に混んでいると思ったら、御柱祭をやっているのでした。全然気づいていませんでした。せっかくなので、木落としを見に行きました。その帰り、上諏訪駅でファンタZEROグレープを見つけました。本当にどうでもよかったですね。

 それでは20回中国です。

----(ここから当時の引用)----

各県8チームが決まって、その場で準々決勝が行われますが、司会が福澤アナです。
珍しい。18回以降、予選での福澤アナの出番はどんどん減って、この前の近畿の
ように7時間もどこかに消えているということにもなるわけですが、藤村アナに司会
を任せられない事情でもあるのか?

各県2チームずつが1組となった、4グループによる団体戦です。前から鳥取・島根
・山口・広島の順に並んでいます。後方には巨大なお好み焼き(ハンバーガーにしか
見えない)があります。お好み焼きは2つのパーツに分かれて置いてあります(そう
いえば、広島のお好み村のある店には、16回の中国大会の日付の福澤アナのサイン
がある)。早押しの問題が出されると、最後尾の広島のチームがお好み焼きを取りに
行きます。2つのパーツを前に送っていきます。鳥取のうちの1チームの3人が
それぞれヘラを持っています。その上に、お好み焼きの上のパーツを逆さにして置き
ます。その上に、下側のパーツを組み合わせます。その際、ヘラを持っている3人が
手を出してはいけません。逆さのお好み焼きができると、それをヘラで持ち上げて
ひっくり返して、巨大な皿に置きます。すると早押しのスイッチが入るという仕掛け
です。四国のときと同様、2番目にスイッチを入れたグループまで解答権が回る
可能性があります。答えられるのはヘラを持っている鳥取の3人だけです。正解する
と、鳥取のもう1チームを含めた6人で三択に答えます。先ほどのヘラは実は三択の
札にもなっているのです。三択に正解すると、鳥取の6人が最後尾に回って、次は
島根の6人が三択をやります。連続正解すれば山口、広島と進めますが、三択に
間違えるとその位置で止まって早押しに戻ります。最終的に広島が先頭に来て三択に
正解したグループが勝ち抜けです。2グループが準決勝に進むことができます。これ
だけ書いてきても、極めて複雑なルールです。高校生がちゃんとやれるのか(三択に
正解すると続けて三択をやるというルールは事前には説明されず、収録が始まったら
そうなっていた)。

----(ここまで)----

 地区大会の準々決勝でこんなクイズをやれていた時代がなつかしい。今は地区大会に準々決勝はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月13日 (火)

20回中国大会(その2)

 先週の「いい旅・夢気分」では、山梨へ行っていました。桃園の人が、桃の木の寿命は30年と言います。するとジュディ・オングが「『魅せられて』を歌ったときに植えられたのはもう今年で終わり」。そして福留功男が「『ニューヨークへ行きたいかー』と言い始めて植えたのは終わり」。

 それでは20回中国です。

----(ここから当時の引用)----

収録開始を前に、広島テレビの脇田義信・編成制作局長が開会宣言をします。昨年は
ほとんどの予選で地元局の偉い人が来て開会宣言をしていましたが、今年は今の
ところ四国でしか見ていません。しかし、この脇田局長は、他の局の役員と違って、
話がやたらうまい。当たり前で、彼はかつてアナウンサーとして2回・3回の中国
大会の司会までやっているのです(2回・3回は東京のアナウンサーが全部の予選に
行くのではなく、一部で地元の人が司会をやった。当番組の将来の姿を先取りして
いる)。

福澤アナが登場して第1問の発表となります。「ほう、ご当地系の問題ですね」。
しかし読み上げられた問題は、問題文の最初に広島名物の名前が散りばめられている
ものの、この部分を書き換えればどこの予選でも出せる問題です。東京のスタッフは
中国大会がもっとも第1問をつくるのを苦手としているように見えます。

第1問の正解発表の後で、もちろん藤村アナが登場します。今回敗者復活をやる条件
は、モーニング娘。の出したシングルのタイトルをすべて答えることだそうです。
昨年はジャンケンの打ち合わせを間違えたようですが、今年はちゃんと答えました。

前回の近畿大会で、あるパターンの問題が第1回から出続けていて、その答えが一度
もあちらになったことがないというのを書きました。ところが、この中国大会の4問
目でまたそのパターンの問題が出ました。2つの予選で立て続けに出たことと、4問
目という位置づけの怪しさから、もしかしたら初めてあちらの答えになるのではない
かと思ったら、その通りでした。まあ、近畿大会を見たから正解できたのであって、
いきなりこの問題を聞いていたら絶対間違えていたと思います。この問題で圧倒的
多数が落ちました。

YES-NO走りクイズになりますが、最初に県ののぼりで、各県のチームがシート
に駆け込む位置を示しただけで、収録中には県ののぼりが立っていません。これは
四国も同じでした。四国と中国だけ、金がなくてアルバイトをあまり雇えなかったの
だろうか。11問目を出す前に福澤アナが「28」と言っていました。福留時代は
ほとんどその場で勝手に出題順を変えていましたが、最近は非常に珍しい。この11
問目で決着がつきました。

----(ここまで)----

 脇田局長はすでに亡くなっています。当時はモーニング娘。の出したシングルをすべて答えるなんていうことが問題として成立したんですね。今だとそもそもどこまでをモーニング娘。とするのかわかりません。

 第1回の「ミッキーマウスはネズミ年生まれである」以来、干支を答えさせる問題が毎回出て(「美川憲一はさそり座である」という応用パターンも)、必ずNOだったのですが、20回の「ミッフィーの作者はウサギ年である」で初めてYESが出ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

20回中国大会(その1)

 昨日「噂の!東京マガジン」を見たら、北野誠があっさり復帰しているではないか。番組内で「ところであんた誰?」とか、「それはあんたが1年休む前の話や」などと、いなかったことをネタにされています。あとはナイトスクープですが、探偵を増やしすぎたからもう入れないかな。あ、参院選に出る岡部まりの代わりとか。

 それでは久々に、過去に書いたリポートです。今回は、この前話題にした、20回中国大会です。

----(ここから当時の引用)----

ようやく予選も半分を終わり、次は中国大会です。会場は広島市西部の、五日市駅
から南に歩いたところにある、新しい埋立地です。まだ何もできていませんが、住宅
地を造成しようとしているのがわかります。各区画ごとに住宅の基礎の建築が
始まっていて、そのひとつひとつに設置された仮設トイレがすごい数です。これなら
高校生クイズで仮設トイレを用意しなくてもいいのではないか。

また、ネットに高校生クイズの情報を流している人たちに会いました。私はまだ、次
の会場がどこであるかわかっていないのですが、向こうはもうわかったそうです
(「こんなに簡単にわかってしまってはつまらない」と言っていたらしい。すっかり
私と同じ境地になっています)。しかし、それとともに「まっぷる」を見せられ
ました。2001年4月にオープンする紙屋町地下街を先取りして紹介というような
内容が載っています。ということは、今回の決勝地である、広島市中心部の紙屋町
地下街というのは、まだ建設中なのか? 過去にこのようなパターンとしては、6回
の四国で、建設中の瀬戸大橋の上でやったことがありますが、地下街の工事現場で
やられたのでは、見られるわけがないではないか。まあ、こんな段階であきらめる
わけにはいきませんが。

今年初めての、平日の予選です。「ズームイン!!朝!」は山口県の錦帯橋からの
中継でした。やはりわざわざ高校生クイズの担当局と違うエリアから放送して
います。広島テレビにはズームインの中継と高校生クイズの予選を同時にやるのは
きついのでしょう。来週の東北大会の日は山形県からの中継なのではないか。司会者
の移動のため、クイズ開始時刻が通常より遅くなっています。

一昨年から舞台に大画面がつくようになりましたが、中国大会だけはなぜか一昨年も
昨年も大画面が来ませんでした。今年が初めての大画面です。それで張り切っている
のかどうか、読売テレビのように注意事項を表示したり予選の番組の放送日を表示
したりしています。

----(ここまで)----

 五日市駅の南のエリアは、建物の建設は進んだのでしょうか。航空写真を見ると、何もないように見えますが。
 当時は高校生クイズのために当日のズームインを現地から中継していたんですね。最近はレギュラー番組を優先して高校生クイズの方が代理になることが増えました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

学問偏重

 NHKオンデマンドを何気なく使っていて、大変なことに気づきました。「あさイチ」と「テストの花道」が配信されているではないか! ジャニーズがネットでの動画を解禁したのか。もしかしたら、これらの番組にレギュラー出演させる条件として、オンデマンドで流させるというのがあったのかもしれません。「50ボイス」の特別版でNHKの新番組出演者のボイスというのをやっていましたが、これについては井ノ原の出る映像だけ消されていました。

 さて、「世界一受けたい授業」のスペシャルで、東大寺学園が出ました。このところ番組の存在自体が認識されていなくて参加者も激減している高校生クイズが、ついに他の人気番組の場を借りて出場者募集をするようになったか。他の番組をこのように使うというのは、第1回の放送前に「11PM」で高校生クイズ特集をやった例ぐらいしか知りません。
 20時ごろに、茂木健一郎が東大寺学園を引き連れて来ます。メンバーのうちの1人が京大に入ったと言いますが、他の2人がどうなのかは言いません。京大に入った人は、暗算10段で珠算10段だそうです。5桁×6桁の暗算をやってみせます。なんでこの情報が、昨年の高校生クイズでは出てこなかったのでしょうか。それにしても、外見運大王の17回を担当したくりぃむしちゅーや、23・24回のゆとり高校生クイズの爆笑問題はどう思っているのでしょうか。
 東大寺学園と全タレントが早押しをやって、1問でも東大寺学園に勝てたらポイントが入るそうです。問題は4問放送されました。私は答えの単語自体は全部知っていましたが、あの段階で答えられるのは1問目だけです。それにしても学問の問題ばかり。実際のクイズ番組ってそんなものではないだろ。「今ちゃんの『実は…』」の宇治原クイズ対決でも、放送される何十問もの問題がすべて学問です。90年代のクイズ王ブームと今との違いは、完全に学校で習う知識だけを競っているということです。問題の難易度が増すというのは、その事実を習う課程が高校→大学→専門の研究者と上へ行くだけで、ジャンルが横に広がるのではありません。
 4問目を、まったく予想外に木原実が取りました。気象に関係ありますからね。東大寺学園は、自分の解答権がついていないのは機械が壊れたと思ったそうです。東大寺学園を倒すのは木原だったという、いえ、深い意味はありません。
 ところがその後のアハ問題では、東大寺学園はまったく答えられないどころか、まともに答えようともしていないようです。それで茂木が、問題によって脳の使うところは違うので、できることとできないことがあると言います。そんな中にあって、今年も高校生クイズは前者の、学問の難しい知識だけを競うというのを見せられたら、いくらここで宣伝されても普通の高校生が出場しようと思うでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

大会リポートが尽きたので

 今週から朝日放送で「せのぶら!」という番組が始まりました。前半は妹尾和夫が大阪の街を歩いて、後半は妹尾がスタジオでテレビショッピングという…って、「ちい散歩」そのものではないか。私はちい散歩がそのうちABCでも放送されるのではないかと思っていましたが、フォーマットだけ同じで別の番組を作るか。放送業界の不況に対処するビジネスモデルです。妹尾自身、ABCラジオで長年続いていた番組が、昨年秋に、明らかに経費節減と思われる不自然な終わり方で局アナの番組に変わっていましたから、って、このブログでそういう話をしてもしようがありませんね。

 それでは話が変わって、今夜の「熱中スタジアム」のテーマはお江戸です。出演者が投扇興をやります。しかしそもそも、扇が前の方に飛びません。そんな中、中田敦彦が最初に投げた扇がいきなり目標に当たりました。しかしその後は全然ダメでした。すると品川祐が「最初勢いあってしりすぼみって、ちょっとオリラジっぽいよね」。

 ちょっと近づいてきましたよ。それでは本題です。当ブログで昨年度のクイズの話を私が全部書き終わるのを見計らって、高校生クイズの公式ページが2010年仕様に更新されました。一つわかったのは、司会がラルフらしいということです。これまでの例に従うと、今年が最後ですね。そして高校生クイズもツイッターを始めています。これで高校生クイズの情報を流すというのですが、果たしてどの程度書かれるものか。これができて4時間後ぐらいにアクセスしたのですが、まだフォローしているのが30人しかいませんでした。そこまで高校生クイズは注目されなくなっているのか。
 今見直したら早速、明日の「世界一受けたい授業」スペシャルに、高クイの昨年優勝チームが出ることが書かれています。テレビ欄によると芸能人100人と対決するらしいですけど。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2010年4月 9日 (金)

第3回タビキング(その8)

 「スタジオパークからこんにちは」。水曜日は所ジョージで木曜日は名倉潤という、NHKらしくないゲストが続いています。「クエスタ」は「二十の扉」をそのまま復活させたものだとNHK側がはっきり言っていました。そして名倉は二十の扉自体を知りませんでした。二十の扉の音声が放送されましたが、それ以上に、「ボキャブラ天国」の「メスラクダ」のネタがそのまま放送されたのには驚きました。あと、クエスタの紹介で、「名倉さんは今朝チューしましたか」が放送されていました。スタジオパークの司会者が「それで、今朝はチューしましたか」と聞いていました。

 それではタビキングです。決勝の11問目。「カナダのサトウカエデの木から」。若い方が押します。「メープルリーフ」。メープルシロップと言わないと正解になりません。これもなんか、わざと間違えたようにも見えました。休みの間の12問目で老人が正解。これで4対3です。
 13問目、「アラビア語で赤い城」で若い方が押して正解。これで決定しました。2人が握手します。

 優勝者には5万円分の旅行券もくれるということがわかりました。表彰状とともに、関空会社の副社長から贈られます。この人は国交省からの天下りなんだろうかなどと考えてしまいます。航空券はチャイナエアラインの支店長から贈られます。
 準優勝の賞品は、ホテル日航関西空港のエステつきペアチケットとクオカードです。この年齢でエステと言われても。
 予定の16時30分ちょうどに終わりました。これだけ参加者が増えたら来年もありそうです。○×クイズで本当に絞るようになったので、早押しばかりやってるクイズ研系には不利かもしれませんが。ちなみに私は、○×全問正解でした。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010年4月 8日 (木)

第3回タビキング(その7)

 先日このようなことを書きました。

----(ここから)----

 4月の番組まで載っているテレビ雑誌が出始めましたが、確かに「クマグス」のスペシャルがゴールデンタイムにあります。

----(ここまで)----

 昨夜やっていましたが、クマグスのスタッフがつくっているものの、クマグスとはまったく関係ない番組になっていました。それより、本放送のときに裏番組を見ていて見られなかった「みんなでニホンGO!」の再放送を見たら、アンタッチャブル柴田の映像が堂々と使われていました。

 それではタビキングです。5問目、料理の問題で正解はほうれん草ですが、若い方がブロッコリーと答えます。休みの間に老人が正解。7問目の正解はシロッコ。学校の授業でしか聞いたことのない言葉ですが、スルー。

 8問目、「イギリスの大衆酒場のパブは何の略?」。老人が「パブリック」と言うと「パブリック?」。しかし答えられません。正解はパブリックハウスでした。
 次は若い方が正解してマッチポイントです。

 10問目、「中世ヨーロッパのジュ・ドゥ・ポームを期限とし」でテニスを老人が正解します。なんか、若い方がわかっているのに押さなかったように見えました。この後、さらに空気を読む?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

第3回タビキング(その6)

 木村拓也といえば、20回高校生クイズの中国大会決勝は、答えがわかると天井に電球を取り付けるというものでした。ここで「SMAPの木村拓哉と広島カープの木村拓也」まで読んだところで、フライングがあったとして問題がキャンセルになりました。他の地区にも使い回されず、結局この問題は何を聞こうとしたのか永遠の謎になりました。

 それではタビキングです。決勝に残ったメンバーを1人ずつ呼びます。1人目は泉佐野在住で「泉南の龍こと」と老人が紹介されます。2人目は大阪市から来た「浪速の虎こと」で若い方です。それぞれ龍と虎の登場音を作ってあります。
 優勝賞品は、チャイナエアラインの大阪~台北往復航空券と京急オリジナルクオカードです。インタビューで「意気込みを」と言って、老人に若い方の名前を言ってしまいます。若い方は、妻とお腹の子供のために頑張ると言います。
 早押しで5ポイント先取です。不正解は1回休み。ここでまた、「正解は主催者側の判断に従います」と読み上げます。

 1問目、若い方が正解。2問目「かつての西ドイツの首都・ボンに生まれた」で若い方がベートーベンを正解。3問目、若い方が正解です。このまま終わってしまうのか。
 4問目、「本部はパリ。1971年フランスで設立」。老人が押して「WTO」と答えます。正解は国境なき医師団なのですが、司会者が、知識不足でWTOが国境なき医師団の別名なのかわからないと言って、しばらく止まります。ここでちゃんと確認する態度はいい。かつて高校生クイズさえ、これで大失敗したことがありますからね。

 この後、もしかして空気読んでる?

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010年4月 6日 (火)

第3回タビキング(その5)

 「雑学王」を見ました。「クイズ雑学王」とまったく同じで、なぜ番組名が変わって新番組と称しているのかわかりません。ゴールデンだったのが深夜になったというと人聞きが悪いから? ところが問題が出ると、ナレーターが杉本るみではありません。ここを局アナにして経費節減するために、「クイズ雑学王」は終わったということにしたのかな。

 それではタビキングです。セカンドラウンドの5問目。「日付変更線が通る唯一の海峡は?」。若い女が押して「ドーハ海峡」。二重の意味で間違っています。6問目、老人が正解します。7問目は若い女、8問目は老人が正解。これで若い男が3ポイント、老人が2ポイント、若い女が1ポイントです。
 9問目「国連旗に描かれていない大陸は?」。老人が「グリーンランド」と答えます。10問目、「ルワンダの国旗に描かれているアルファベットは?」でスルーです。
 11問目、ペスカトーレをフリにして「カルボナーラはどこの国?」で若い男が正解。これで4ポイントです。12問目、世界初の国立公園を老人が正解。13問目もほぼ同じ地域に関する問題で老人が正解。これで4対4に追いつきました。
 14問目、老人が正解して逆転でトップ抜けです。続く15問目はどう見ても日本国内に関する問題ですが、これで若い男が正解して決定。

 負けた3人の女性にインタビューします。「知識不足に気づいたので来年に向けて勉強したい」などと言います。この3人にはリクルートからパスポートケース、京浜急行からクオカード、関西空港会社からトラベルセットが贈られます。こんなところで京急がスポンサーになっているのか。関空から羽田に来て京急を使えということですね。
 16時10分ごろからファイナルラウンドです。ここでそんな演出が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

第3回タビキング(その4)

 教育テレビで「スザンヌの『勉強できない!』脱出計画」という番組が何回も放送されていて、見てみたら、高校講座ベーシック10の紹介でした。なんかオードリーと蒼姉妹が教育テレビに出てるなというのは認識していましたが、高校生に対して中学からの基礎を楽しく学ばせるものだったのか。個々のVTRにタレントが大量に出ています。語学講座がアイドル番組になっていますが、高校講座もこんなことになっているとは知りませんでした。教育テレビで所ジョージと城島茂が司会をする番組が始まったくらいですから、不況でも経営の安定しているNHKにタレントはどんどん流れ込んでくるのでしょうか。

 それではタビキングです。セカンドラウンドは、「頭脳と体力も使っていただきます」。クイズのタイトルは「カウントアップクイズ」。体に歩数計をつけて、答えがわかれば15秒動いて、最も数の多い人に解答権というものです。完全に高校生クイズです。
 まずは全員で走ってみてテストします。ここで司会者が「問題の答えは、主催者側の判断を正解とします」と読み上げます。そんなお断りが必要なのか? 昨年何かトラブルがあったっけ。私が当ブログに何か書いたという記憶はないけど。

 1問目、「アウストラロピテクスが初めて発見された国は?」。15秒間「スリラー」が流れます。男2人が動きます。若い方が勝って正解。2問目、「メトロポリタン美術館がある公園は?」。今度は「YMCA」が流れます。男2人が動いて、途中から若い女も動きます。また若い男が勝って正解。老人はきつそうです。
 するとスタッフの指示が出て、次からただの早押しになります。

 3問目、老人が押して不正解。ここで初めて、不正解は1問休みで立つと言います。4問目、若い男が正解。ここで全員に水を飲ませます。
 この後、意外に盛り上がる展開に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

感謝祭より聞きたいこと

 この前の水曜日の深夜に日本テレビでは、電波少年のDVD発売に合わせた番組が放送されていました。松村・松本とTプロデューサーが例のCGのセットで思い出を語ります。この並びで、誰も拉致されないで普通に会話しているというのが違和感があります。DVD収録予定のVTRがかなり放送されました。村山富市もアラファトも収録されるんだな。今になって見ると、テレビでできることはこの時点でやりつくした感じがして、今の放送業界の不況も当然かという気がします。この系譜を受け継いでいるのは「ロケみつ」ですけど、あれは毎回ロケを中断しては帰って、また次のロケのときにその場所まで行くので、ずっと監禁されるわけではありません。

 話は変わって、TBSテレビで「オールスター感謝祭」をやっているときに、TBSラジオでは「夜もキラ☆キラ~TBSラジオオールスター感謝祭」をやっていました。4月からの新番組の宣伝を目的に、土曜の夜にも「小島慶子キラ☆キラ」をやるのです。赤坂5丁目ミニマラソンはテレビと同時中継です。
 ところで、昨日の日刊スポーツ(東京版)に、小島慶子が退社してフリーになるという、かなり大きい記事が載りました(これが1年前なら絶対にニュースにはならない)。私はこれは誤報だと考えていますが、当然リスナーは小島がこのことを語ると期待して聞きます。ところが完全に黙殺。あれだけ好きなことをしゃべっているように見えても、結局はそんなものか。「記事が出て迷惑している」ぐらい言えばいいのに。
 今回の番組で小島が語っていて知ったのですが、TBSは新社屋を中心とする地区の再開発の際、赤坂5丁目ミニマラソンをやることを想定して設計したそうです。あと、休憩時間に「サインDEビンゴ」というのがあって、カンニング竹山だけ発見することができていませんでしたが、竹山はその時間帯にTBSラジオに出て新番組の宣伝をしているのですから、いないに決まってます(ちなみに、竹山が「アクセス」の後番組に出るのは、「探偵!ナイトスクープ」の実績が買われたそうだ)。というか、そんなことがテレビとラジオで連携できていないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

最近の番組

 「総力報道!THE NEWS」の最終回の1回前で、テレビ欄に「ビラがパズルの京大生」と書いてありました。そのビデオをようやく見ました。

 この本の人か。大学院での研究がパズルと芸術で、パズル同好会も発足して、今は全国各地で自作のパズルのビラを配っているそうです。VTR自体はそれ以上のものではありませんが、その後のコメントで、鳩山さんはもっと難しいパズルに取り組まなければならないというのが、いかにもこの番組でした。

 木曜日の夜は、NHKと日本テレビが雑学づくしでした。「検索@ベストアンサー」はまだ夕方の事前番組しか見ていないのですが、ネットにすり寄った感が見え隠れしました。出演者についてネットに書かれている文章を紹介して、一般人はよくわかっていると言ったり。それは一面でしかありません。あと、後半のプロポーズの企画はいらなかったじゃないの? Yahoo!知恵袋とかだけでは視聴率が取れる自信がないから中途半端に入れた感じ。
 「クイズ本当にそれでいいんですね?」は一昨年の冬にやっていて、今さら復活するとは思いませんでした。今回も○×クイズの定番を集めまくっています。やらせのホームページをつくってなくなった「ウソバスター」のネタも多数取り入れられていました。
 昨年、「みんなでニホンGO!」はレギュラー化できるが「クエスタ」は無理と書きました。クエスタのレギュラー1回目を見ると、クイズそのものはまったくおもしろくありません。おもしろかったのは、10個の質問で当てるところを、8個目で確実にわかったので、9人目が「名倉さんは今朝、チューしてきましたか」「その相手は渡辺満里奈さんですか」と質問したところだけです(しかも画面の9番目のヒントに「名倉は朝チューをした」と表示される)。クイズの後の解説におもしろい情報があって、それを見せるがために、意味のないクイズをやっているという形です。これは「クイズモンスター」と同じです。それならクイズにする必要がないとも思うのですが、情報の部分だけだと完全にバラバラなので、番組として成立しません。

 さて、ヘキサゴンについてコメントがつきました。ツイッターを読んでいたらヘキサゴンで高校生がどうのという記述が断片的にあって、何のことかわからなかったのですが、改めて水曜日の録画を確認してみると、ヘキサゴンで高校生の出場者を募集してるんですね。こういうときにXビデオステーションが役に立ちます。7人1組だそうですが、頭の良さより明るさ重視と明言されていますね。日本テレビの高校生クイズがあっちに行ってしまったので、ここを足がかりにフジテレビが本来の高校生クイズを乗っ取ろうということか。そのうち関東の予選を西武ドームでとか。日本テレビより集まりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月 2日 (金)

第4回エコ甲全国大会(その30)

 秋葉原に行ったら、まだクイズマジックアカデミー6が稼働している店がありました。ゲームを開始しても閑古鳥です。参加者16人のうち本当の人間は2人だけ。もう1人は明治大学の近くの店らしい。当然、決勝まで行けます。決勝の最後の問題がタイピングで、答えが全然わからなかったのですが、相手が「おつかれさま」と入力してきました。

 それではエコノミクス甲子園です。全国大会決勝の20問目、名大附属のみ正解で、愛光が「協力」、ラ・サールが「裏切り」。これで名大附属が76ポイント、愛光が78ポイント、ラ・サールが85ポイントです。
 21問目、完全な学問の問題で、名大附属とラ・サールが正解。ゲーム理論チャンスです。ラ・サールは優勝まであと15点ですから、名大附属は絶対に「裏切り」を選ばなければいけません。それがこともあろうに「協力」。今年のエコノミクス甲子園は、こんなバカな結末で終わるのか。ラ・サールは敗者復活から優勝です。

 優勝インタビューで「エコノミクス甲子園はラ・サールのためにある」と言うと、女の司会が本気になって否定します。ラ・サール出身の男の司会も「そんなことはないんです」。
 17時前に終了して、表彰式です。筆記の個人1位は灘の人でした。審査委員長は、自分でも筆記をやってみて、去年はトップをとれなかったので、今年はやらなかったそうです。優勝の副賞に金5グラムがついています。プレゼン賞は原宿の4チームです。

 シティの人が英語で講評します。この間に私は抜けます。もうすぐ公開が終了するのに見ていない映画があって、今日ちょうどそれを1000円で見られる映画館を発見したのですが、今から出ないと間に合いません。野中ともよが変な話をしに来るのか確認したかったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

第3回タビキング(その3)

 今夜の「中井正広のザ・大年表3時間スペシャル!!」では、ねじれ国会の説明で、法案が衆議院で可決されるところで高校生クイズの正解音が鳴って、参議院で否決されるところで高校生クイズの不正解音が鳴りました。それだけ。当ブログは本編よりマクラのネタで苦労しています。4月1日になるとともに高校生クイズの公式サイトが更新されるかと思いましたが、依然2009のままです。

 それではタビキングです。○×クイズの6問目をやっている最中に、受付をしたのに15時半にいなかった女性2人が現れます。当然、参加できません。でっち上げ系の問題で正解は3人。ついに勝ち抜けが出ました。
 7人から通過するのは2人。7問目は「トリビアの泉」で見ました。不正解は1人。8問目、高校生クイズに出ています。全員正解です。9問目も高校生クイズです。1人失格。10問目はかなり簡単ですが、これも高校生クイズに出ています。全員正解。11問目も高校生クイズ。全員正解。ネタを高校生クイズの初期の本から拾っています。
 12問目はウルトラクイズの問題です。これは知らなければ確実に間違えます。これで2人決定しました。私は○×クイズは全問正解でした。

 残ったのは、30代と思われる男性と、かなり高齢の男性、若い女性が2人と中年の女性です。セカンドラウンドで5ポイント先取した2人がファイナルラウンドへ進むそうです。一気に5人に減らしたのにもう1段階あるのか。この後、そんなことをさせていいのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »