« 第4回エコ甲全国大会(その22) | トップページ | 第4回エコ甲全国大会(その24) »

2010年3月22日 (月)

第4回エコ甲全国大会(その23)

 クイズマジックアカデミー7は、まだ筐体が行き渡っていないからか、対戦相手が少なくて閑散としています。一方の6をプレーしても明らかに人が減っていますが。ところで、6から7にあいさつコメントを引き継げますが、私のあいさつがデフォルトの「よろしく~」に戻っていました。買ったあいさつ単語のうち、「高校生クイズ」は6から7に引き継げないのです。今年は高校生クイズとのコラボレーションはないのか。それとも高校生クイズ自体がないのか。

 それではエコノミクス甲子園です。全国大会準々決勝の34問目を名大付属が正解します。これで3問連続で通過問題になります。今度は難しい。「ナンピン買い」を1人だけ正解して、1ポイントに戻ります。35問目は開成が不正解。
 36問目、リンデンドルという通貨が使われるのはどこという問題で、灘がセカンドライフを正解。今、セカンドライフでリンデンドルを使っている人っているのか? セカンドライフのホームページを見ると、ツイッター連携機能を入れたりして、必死で生き残りを図ろうとしているようですが。灘も2ポイントになります。通過問題のREITを2人とも正解して勝ち抜けです。「為替」の先攻を選びます。

 37問目は名大付属が正解。通過問題の番号を聞かれて「名大付属の15番」。念のために言っておくと、笑わせようとしているのです。引いた問題はかなり簡単で、勝ち抜け。「為替」の後攻を選びます。
 38問目、「札幌証券取引所が運営する」で開成が押します。そして「アンビシャス」と答えると他チームがまた「あ~」。しかし不正解です。問題は「では福岡証券取引所が運営するのは何?」でした。参加者がみんな、高校生クイズの全国大会と同じ問題だと思っていたわけです。いかにクイズマニアしか勝ち残っていないかがわかります。
 39問目は旭川東が不正解。40問目、愛光が正解して2ポイントになります。「愛光の13番」。二択が出て勝ち抜けです。「モラトリアム」の先攻を選びます。41問目、旭川東が正解して2ポイントに。「旭川東の11番」。通過問題の正解は資本論ですが、確実に抜けるために、一度書いた答えをわざわざ平仮名に書き直します。これで全チーム決定しました。最初の決定チームが出るまであれだけ盛り上がったのに、そこから一転してつまらなくなる展開でした。
 この後、あの銀行だけ特別か。

|

« 第4回エコ甲全国大会(その22) | トップページ | 第4回エコ甲全国大会(その24) »

コメント

来年度は恐らく最後の高校生クイズでしょう。キリがいいし。
そして、コラボ企画はQMAではなく今度はAnswer×Answerでやる気がします。
理由ですか?どちらも勘です。

投稿: れそと | 2010年3月22日 (月) 12時16分

アンビシャスやQ-boardは大会の性質上
全国大会出場者なら抑えていて当然でしょう。
必ずしもクイズマニアばかりではないのでは?

投稿: 3箇斜 | 2010年3月22日 (月) 13時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/47872497

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回エコ甲全国大会(その23):

« 第4回エコ甲全国大会(その22) | トップページ | 第4回エコ甲全国大会(その24) »