« 第4回エコ甲全国大会(その28) | トップページ | 第3回タビキング(その2) »

2010年3月29日 (月)

第3回タビキング(その1)

 先日、このようなことを書きました。

----(ここから)----

 「秘密のケンミンSHOW」を保存しているDVDのデータが壊れて、今週を含め3回分の番組が失われました。数カ月後に読売テレビで再放送してくれるかどうか。第1回から(正確にはパイロット番組から)のケンミンSHOWで、過去に録画に失敗したのが1度だけあります。東京なのに間違って10チャンネルをセットしてしまって、「交渉人」が入っていました。その回を再放送してくれないかと思ったのですが、出てきません。その回には北海道民として鈴木宗男が出ていたので、収監されたらそれこそ再放送の可能性は完全に消えます。

----(ここまで)----

 東京で見られなくなったDVDを実家のビデオデッキ(同じメーカー)に入れたら、ちゃんと見られました。DVDよりもデッキの方が壊れていそうです。

 さて、28日に関西空港で第3回タビキングが開催されました。これまで年齢制限などがありましたが、今回は参加資格をなくして、さらにネットでの予選を自分でやって一定点数をとれば全員が出場できるようになりました。
 クイズ開始前の15時20分ごろに、会場の席を全部撤去します。舞台上のテーブルに早押し機が5台あります。

 当日の14時までにネット予選で合格した人が受付に来るわけですが、舞台の裏に並んでいます。それを見に行くと、ものすごい数です。○×クイズをやったけど3人ぐらいしか失格しなかった第1回からは想像がつきません。参加者が首にかけている札の登録番号で、私が見た最も大きい数は243です。おそらく、受付に来た順に1番から渡していっているだけだと思うので、これだけの参加者がいるのです。

 15時30分に女性の司会が出てきます。高校生クイズ関東大会で福留が出てくるときの曲です。ネット予選には、延べ3000回を超える参加があったそうです。ファーストラウンドは○×クイズで5人になります。本当のウルトラクイズ並みの競争率です。繰り返しますが、2年前は○×クイズで3人ほどしか落ちなかったんですよ。
 この後、それはさっき出たばかり。

|

« 第4回エコ甲全国大会(その28) | トップページ | 第3回タビキング(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/47937907

この記事へのトラックバック一覧です: 第3回タビキング(その1):

« 第4回エコ甲全国大会(その28) | トップページ | 第3回タビキング(その2) »