« 新しいメディアの力 | トップページ | 第4回エコ甲全国大会(その15) »

2010年3月12日 (金)

第4回エコ甲全国大会(その14)

 ビデオにとったまま見ていなかった昨年9月の「世界一受けたい授業」を見ました。唾液の成分に発毛効果があるというのをやっていました。その研究のきっかけとなったのが、名古屋市立大学の教授が「探偵!ナイトスクープ」を見たら、ハゲた人が頭を牛になめてもらったら毛が生えてきたというのをやっていたからだそうです。その回のナイトスクープの映像がそのまま流れて、画面にはかなり大きく、ナイトスクープのロゴが出ています。他局の番組の成果をこんなにはっきりと言うのは(なつかしのテレビ自体を取り上げる番組を除いては)見たことがありません。ナイトスクープでいうと、針金でできたハンガーを頭にはさむと自然に首が回るという小ネタを見た人が実際に医学的な理由を研究して、それが当時の裏番組の「解体新ショー」で放送されていたことがありました。

 それではエコノミクス甲子園です。全国大会第4ラウンドの7問目、第1ヒントは「商品先物取引における主要銘柄の1つ」。愛光だけが答えて不正解。第2ヒントは「日本の主な輸入国 ブラジル、ベトナム、コロンビア、インドネシア、グアテマラ」。これで10チームが正解して終了です。ちなみにここで愛光に答えを聞いてみると「米」と言います。
 8問目、第1ヒントはグラフです。名大附属が正解です。第2ヒント、「2年ほど前から先進国で急上昇」で2チーム正解。第3ヒント、「2009年アメリカ10.2%」で10チーム正解します。ここで第4ヒントを見ると、字が間違っています。男の司会が「ここまでいかなくてよかった」。
 9問目の第1ヒント「16万店舗以上で使用可能」。ここでは動きません。第2ヒントはビットワレットの社長が映ります。ここで正解が一気に10チームになります。ちなみに第3ヒントは「シャリーン」という音を流すものでしたが、企画倒れに終わりました。
 10問目は略称で答えます。第1ヒントは、その値で世界の国を色分けした地図です。どこも動きません。第2ヒントは「TOP3はアメリカ、日本、中国」。これで一気に11チームが正解です。

 この後、なんでクイズ大会でこんなものを見せる。

|

« 新しいメディアの力 | トップページ | 第4回エコ甲全国大会(その15) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/47787865

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回エコ甲全国大会(その14):

« 新しいメディアの力 | トップページ | 第4回エコ甲全国大会(その15) »