« 第4回エコ甲全国大会(その19) | トップページ | 第4回エコ甲全国大会(その21) »

2010年3月19日 (金)

第4回エコ甲全国大会(その20)

 明晩はNHKでまた「クイズでGO!」が放送されますが、調べたら一部地域ではやらないんですね。そのうち放送されると思いますが、よくわかりません。舞台が和歌山なのに関西ではやらないし、九州ではわざわざ、これをつぶして「林家三平のテツタビ」を放送します。

 それではエコノミクス甲子園です。全国大会の敗者復活ラウンドの13問目、ラ・サールがフィリップス曲線を正解します。復活チャレンジ問題は、名目都道府県民経済計算の上位10都道府県です。そんな経済指標があるのを知りませんでした。ラ・サールが「大阪」と書いて、どこともかぶらず、これで決定しました。蛍の光がかかる中、敗者インタビューです。

 10チームでの準々決勝は「以心伝心クイズ」。早押しで2ポイント取ると通過問題の一致ボードクイズです。チームの2人がそれぞれ解答して、2人とも正解なら勝ち抜け。両方不正解なら0ポイント、一方が正解なら1ポイントに戻って早押しです。早押しで誤答すると、次の一致ボードクイズが終わるまで休みになります。ここを通過できるのは6チーム。

 1問目、岡山朝日が不正解。2問目は東大寺学園が取ります。3問目、管理人を募集したオーストラリアのハミルトン島を名大附属が不正解。4問目は旭川東が正解。5問目、ラ・サールが不正解。解答権がなくなるチームが多い。
 6問目は古書店の「せどり」をスルー。7問目は私が聞いたことのない用語で開成が正解。8問目は亀井静香を金大附属が正解。9問目、灘が不正解。まだ2ポイントになるチームは出ません。
 10問目の正解は「仕分け」ですが、開成が「事業仕分け」と言って、「もう一度」でも答えられず不正解です。「複式簿記と行政刷新会議に共通する言葉」でした。11問目は旭川東が不正解。これで解答権があるのが4チームしかいません。全部休みになったらどうなるのでしょうか。

|

« 第4回エコ甲全国大会(その19) | トップページ | 第4回エコ甲全国大会(その21) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110748/47847689

この記事へのトラックバック一覧です: 第4回エコ甲全国大会(その20):

« 第4回エコ甲全国大会(その19) | トップページ | 第4回エコ甲全国大会(その21) »